春 が 二階 から 落ち てき た。 小説読書感想『重力ピエロ』シビれる冒頭!春が二階から落ちてきた。

春が二階から落ちてきた・・・

「重力ピエロ」のここが面白い 泉水と春の兄弟 弟が生まれた時、私ははしゃいでいた。 とにかく何か、二階っていうのがどうも引っかかるんですよね・・・。 私の生涯において特別な作品となるほど深く感銘の受けたお話でした。 覚えているわけがないが、そのはずだ。

もっと

春が二階から落ちてきたのは、十七年後、彼が高校生の時のことになる『重力ピエロ』【小説感想】

以上、分かりにくく意味不明な分ですいませんでした・・・. 放火現場の近くには必ずグラフィティアートがあり、このグラフィティアートには謎が隠されている。 昔、家族でサーカスに行ったときの会話で 「楽しそうに生きていれば、地球の重力なんてなくなる」 「その通り、わたしやあなたは、そのうち宙に浮かぶ」 というのがありました。 連続放火事件は想像を超えた、思わぬ方向へと転がっていく。 逆に邪魔になってるというかーー; 春は重力を忘れる事が出来ずに落ちた、とかの方が分かりやすくていいかな・・・と(私ごときがすみません)。 まあ、これは参考程度に見てください・・・ 自分はあまり考えませんでしたが、改めて考えてみると・・・ 彼ら二人にはもう、重力は感じていなかったのだと思います。

もっと

小説読書感想『重力ピエロ』シビれる冒頭!春が二階から落ちてきた。

それを、猫のようなしなやかな着地と見る「私」の感情がここに見事に集約されている。

もっと

春が二階から落ちてきた。

今日、伊坂幸太郎さん原作の『重力ピエロ』という映画を見ました。 仲も全然悪くはない。 印象に残った台詞もなければ、シーンもなく。 まだ伊坂さんの作品の中では初期の方でしたので、 もっと最近の作品の方がお話の方が組み立て方などが上手いのかもしれませんが、全ての作家さんの中でも登場人物達にこれほどまで惹かれた小説はありません。

もっと

春が二階から落ちてきた

だが、春の出生には秘密があった。 そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。 その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。

もっと

春が二階から落ちてきたのは、十七年後、彼が高校生の時のことになる『重力ピエロ』【小説感想】

理屈なくあの兄弟が好きであり、この作品に惹かれております。

もっと

小説読書感想『重力ピエロ』シビれる冒頭!春が二階から落ちてきた。

なんだか1週間に2回くらい「春だなぁ~」ってツイッターでつぶやいてるけど、実のところあんまり春を実感していなかった僕は、今日これから電車で少しする場所に桜を観に行く予定に、今すごく春を感じている。 伊坂幸太郎ファンの方にお伺いしたいです。 少なくとも、親の苦悩や、周囲の人間の冷ややかな目の理由に気づいてはいなかった。 幸せな家族には、過去に辛い出来事があった。 春が三階から落ちてきたじゃ語呂が悪いですし。

もっと