日 英 貿易 交渉。 日英FTA交渉開始、デジタル貿易などEU上回る協定目指す(日本、EU、英国)

貿易交渉、重大局面 英EU首脳が再会談へ:時事ドットコム

それまでに交渉に妥結し合意案を首脳会議で承認できるかが今後の焦点だ。

もっと

英・EU貿易交渉が再開 11月15日までの妥結目指す

3日には、仏最大の漁港がある北部ブーローニュシュルメールをカステックス首相が訪問。 交渉で最大の懸案は、離脱後の英海域でのEU加盟国の漁業権。 「今週、大きな進展を遂げる必要がある」とした上で「非常に困難だが、同時に実現の余地は大きい」と語った。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。

もっと

英・アイルランドの閣僚、貿易交渉は今週に打開する必要があるとの見解

「われわれの長期的な利益を考慮しない合意は受け入れられない」と強調し、合意内容に不満があれば承認を拒否する構えだ。 しかし、主要懸案で「大きな違い」が残り、まだ「合意をまとめられる状況にない」との認識で一致。 行き詰まり打開へ、両首脳は数日中にブリュッセルで対面での直接協議を行うことを決めた。 合意できなければ直ちに緊急時対応策を打ち出す考えも示した。

もっと

イギリスとEU 自由貿易協定などの交渉再開も厳しい局面に

【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)と1月末にEUを離脱した英国は7日、ブリュッセルで自由貿易協定(FTA)締結に向け首席交渉官による協議を続けた。 英国のユースティス環境相はスカイニュースに対し「今週は難しい問題の幾つかで打開し、合意に関して少なくとも何らかのニュースをもたらす必要がある」と述べた。 その後、11月中の決着を目指したがかなわず、師走に入っても折衝を続けている。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 ポンド円は139円台後半から足元では138. 双方の交渉官は現状を首脳に報告して判断を仰ぐ必要性で一致した。 英ロンドンの金融街シティーの街並み=2016年5月(AFP時事) 【ロンドン時事】英政府は12日、近く日本との自由貿易協定(FTA)交渉を開始すると発表した。

もっと

英EU首脳、直接協議へ 「大きな違い」残る―貿易交渉:時事ドットコム

通商協定が締結されない場合、年明け後は世界貿易機関(WTO)の条件に基づくEUとの貿易に自動的に移行する. 英国のフロスト首席交渉官らがEU本部があるブリュッセルに移り、EU側のバルニエ首席交渉官らと合意に向けて残る課題について協議した。 英国のEU離脱後の移行期間は12月31日に終了する。

もっと

欧州株 総じて下落、英欧貿易交渉が破綻するリスクで

自由貿易協定(FTA)の年末発効という目標の達成に残された時間は一段と少なくなってきた。 EUを離脱した英国の「移行期間」が終わる月末まで残り時間は少なく、FTAを発効できずに年明けを迎え、経済、社会に大きな混乱が生じる懸念は一段と高まっている。 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長と英国のジョンソン首相は7日、自由貿易協定(FTA)締結交渉をめぐって電話会談した。 一方、ジョンソン英首相は懸案の漁業問題や企業補助金規制をめぐる「(EUとの)大きな溝を埋める必要がある」と強調。 他方、物品貿易では交渉目的の中で、農産品や繊維製品などで対日輸出拡大を目指す考えを表明。

もっと

英EU首脳、直接協議へ=「大きな違い」残る―貿易交渉

英BBCによると、フロスト氏は6日、ブリュッセル到着後に記者団に「合意できるよう懸命に取り組んでいる。 拒否権を発動して反対する」(ボーヌ欧州問題担当相)と強くけん制。 日本企業が英国で投資を継続するには、英国とEUとの間で関税・非関税障壁のない通商協定を締結する必要があると述べ、目立った進展がない英EU間の将来関係交渉()を早期にまとめるよう、英国政府に注文を付けた。 11月16日月曜 ブリュッセルで協議が再開された 11月19日木曜 EU首脳会議をバーチャル形式で開催 11月20日金曜 EU加盟27カ国の大使級会合で、バルニエ首席交渉官が協議の進ちょく状況を説明。 フォンデアライエン欧州委員長とジョンソン英首相は進展状況を踏まえ、同日午後5時(日本時間8日午前1時)に改めて電話会談。

もっと

日英、貿易交渉開始へ 金融など争点、近く初会合:時事ドットコム

【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長とジョンソン英首相は5日、英EU間の自由貿易協定(FTA)締結交渉をめぐり電話会談した。 他方、英国の労働組合会議(TUC)と日本の連合も同日、TUCのウェブサイトで両組織代表のを発表。 EUは英国に無関税貿易を認める引き換えに、水産資源の豊富な英漁場へのこれまで通りのアクセスを要求。 英国が今年1月末にEUを離脱したことに伴う貿易交渉は、英国が加盟時と同じ扱いを受ける期限である年末を前に行き詰まっている。 仮に合意できても、議会承認に要する時間を踏まえれば一刻の猶予もない状況。 合意の成否は引き続き予断を許さないが、トップ同士が本格的な折衝に乗り出すことで交渉は正念場を迎えることになる。 英EUは新型コロナウイルスの影響で中断した対面での交渉を11月28日に再開した。

もっと

欧州株 総じて下落、英欧貿易交渉が破綻するリスクで

【ロンドン時事】難航している英国と欧州連合(EU)の自由貿易協定(FTA)交渉に時間切れが迫ってきた。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. しかし、主要懸案で「大きな違い」が残り、まだ「合意をまとめられる状況にない」との認識で一致。 双方とも11月15日までの妥結を目指しており、ジョンソン首相は「あとは手を打つだけ」との見方を示しているものの、交渉では依然として平等な競争条件(レベル・プレイング・フィールド)や漁業権が争点となっている。 合意案がまとまれば、EUは10、11両日の首脳会議で承認することを想定しているが、交渉には手詰まり感も出ており先行きは一段と不透明になった。 一部報道によると、ジョンソン英首相はEU側からの要求を受けて、交渉から撤退する用意もあるという。

もっと