水戸 黄門 第 23 部。 水戸黄門(第23部)

水戸黄門 (第31

製作:、、(第1話~第28話)、(第29話~第37話)• 美術:• 佐々木助三郎:• 音羽の小弥太:(第1話~第10話)• 記録:内藤幸子• 録音助手:田代博司、細井嘉雄• キャスト メインレギュラー• 第1部から「三つ葉葵の印籠」の登場シーンについては試行錯誤の繰返しだったが、この第3部で定着し、以降恒例となる。

もっと

水戸黄門(第26部)

庄屋が何者かに斬りつけられたのだ。

もっと

水戸黄門 (第39

従来の『』同様、藩主や城代家老などが「梅里」と記された短歌を見て、光圀が御出でになっていたことを悟るという例もあった。 第27話では当時未成年の女性タレントが出演する予定だったが、本人のトラブルの影響で降板したため、急遽に変更して撮影し、放送日に間に合わせた。

もっと

水戸黄門・第29部

2代目光圀役の西村晃と3代目光圀役の佐野浅夫は、いずれも正式な起用前に偽黄門役としてゲスト出演している(ともに次期黄門役起用のためのテスト出演であった)。 登場人物の初登場など [ ]• 題字:• 製作総指揮:• 製作は。 記録:、、、、• 出羽松山藩が松嶺藩と改称するのはである。 女将は若様と共に敵討ちを誓い、黄門様はニ人を助け、はびこる悪の一掃を図る。 光圀役はになる。 製作は。 光久はに隠居している。

もっと

水戸黄門 (第29

お娟:(第1話、第22話)• 装飾:、、• 有力者が引き上げた後、事態に窮した被害者や近親者は光圀に詳しい事情を明かし、光圀が問題の解決を約束する。 企画:• 詳細は「」を参照 各部の概要 [ ] 放送日はおよび同時ネット局を基準とし、レギュラー・準レギュラーの経験があるゲストは 太字で表記する。

もっと

水戸黄門 (第1

2014年2月から、再び放送が開始された。 第1話に第41部までレギュラーを務めていたお娟()が再登場し、翁屋与右衛門()と結婚した。 水戸光圀:• プロデューサー:、、• 呉屋の羅刹: (第1話~第4話、第6話~第8話、第11話、第13話、第14話)• が光圀役になって初めて、このパターンは崩れた。

もっと

水戸黄門 (第22

スチール:• 阿修羅の玄鬼: (第1話~第2話、第8話、第13話、第14話)• 録音:、、、、•。 本多家の危機を知り、黄門さまは忠国を助けようとするが、人質の安全を考えると迂闊には動けない。

もっと

水戸黄門 (第22

第18話には里見の息子であるがゲスト出演している。

もっと

水戸黄門 (第14

製作代表:、• 音楽:• だが、領内ではとんでもない事件が起こっていた。 光圀が自ら旅先の有名な職人を訪れ、その職人が被害者となるパターンもある。 しかし、この両藩の争いには、モデルとなった事件が存在する。 与市を捕らえようとする役人に、与市は吉良の藩士であることを明かし、侍として接するように要求するが、定九郎は聞く耳を持たない。 煙の又平:(第1話〜第5話、第7話、第9話〜第10話、第14話〜第24話、第28話〜第31話、第33話〜第35話、第37話、第39話)• 全20話(通算1083回)。

もっと