喫緊 の 課題 意味。 「喫緊(きっきん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

喫緊の意味・読み方とは?喫急・近々との違い・類語・英語の紹介も

もともと喫緊という字は、「吃緊」と表記していました。 「喫緊」という言葉は、日常生活やビジネスではそう頻繁に使われる言葉ではありません。 しかし、「吃」という字は差別用語として昔の常用漢字内に登録されておらず、苦肉の策で「吃」の字を「喫」の字に置き換えたという背景を持っています。 まとめ 「喫緊」という言葉は一般的な生活の中では、なかなか使う機会が無い言葉です。 「急いで解決する必要がある切迫した問題」という意味です。

もっと

「喫緊」の意味とは?「喫緊の課題」など使い方や類語も例文紹介!

子育て世代の労働力の確保は喫緊の課題だという使い方は国などの政策が議論される場でも使われますし、企業などでも使われます。 「近々伺います」「近々決定する予定です」など「そう遠くない、比較的近いうちに」という意味を持っています。 喫緊の対応• ところが、現状では処方された薬はすべて適切に服用されず、大量に飲み残され薬が日本の財政を圧迫しています。

もっと

「喫緊の課題」の「喫緊」の意味と使い方!緊急・直近・近々との違いは?

やはり難しい言葉を使うと、真面目な雰囲気が出てとても重要なことを話していることが相手にも伝わります。 それに対し、「緊急」の方は「緊急事態」「緊急手術」などという言葉を思い浮かべるとわかりやすいと思います。 国や大会社の将来に関わる大きな問題や課題について、急いで取り掛からなければいけない状況にある場合に喫緊という言葉が使われます。 人手不足の介護業界の 喫緊の課題は、どう職員の待遇を改善していくかであろう。 「喫緊」は、 「差し迫っていて大切なこと」 「直近」は、 「当該事項に最も近いこと、すぐそば」 違いは一目瞭然ですね。

もっと

「喫緊」という言葉、正しく使えてる? 間違えていると社会人は恥ずかしすぎる

緊急とはとても急いで重大なことに取り掛からなければならない状況を意味します。

もっと