日経 新聞 私 の 履歴 書。 桁外れにつまらない「私の履歴書」の凄み 東京海上・石原元社長のプロ意識

私の履歴書: 日本経済新聞

岸信介・河野一郎・福田赳夫・後藤田正晴・田中角栄・中曽根康弘『私の履歴書 保守政権の担い手』(日本経済新聞出版社、2007年)• 坂田藤十郎・扇千景『坂田藤十郎・扇千景 夫婦の履歴書』(日本経済新聞出版社) 坂田、扇2人分の「私の履歴書」を収録• 連載されたのはずいぶん昔(1995年)だが、今でも細部まで覚えている。 中村真一郎『私の履歴書』(ふらんす堂)• nui-aspect-container--4-3 picture,. 岡村正・東芝相談役、豊田章一郎・トヨタ自動車名誉会長、福地茂雄・アサヒグループホールディングス相談役、坂根正弘・コマツ相談役、重久吉弘・日揮グループ代表、似鳥昭雄・ニトリホールディングス社長、川村隆・日立製作所相談役、荒蒔康一郎・キリンビール元社長。 ・カートがない商品のご注文などご購入に関する件は、日経BPマーケティングのページからご相談ください。 江夏豊『燃えよ左腕 江夏豊という人生』(日本経済新聞出版社) 2019年• 』 cat :• って つぶやきながらね。 大橋洋治『大空に夢を求めて 私の履歴書』(日本経済新聞出版社)• 長谷川如是閑・石橋湛山・小汀利得・小林勇『私の履歴書 反骨の言論人』(日本経済新聞出版社、2007年)• (昭和61年)• 9月17日付産経新聞の一風変わった以下記事が、話題を読んでいる。

もっと

今月、日経新聞の「私の履歴書」は「ミスター・インターネット」鈴木幸一さん (IIJ創業者)。絶対読むべしだね。

大学卒業後上京し、 株 NTTデータ入社。 日経新聞「私の履歴書」で今年の5月に連載した自伝が大反響、書籍化決定! NHKBSで「おしん」も再放送され、当時を知らない若い世代からも話題に。 ある人にはあるけれどない人にはない、としか言いようがないものだ。 【書籍概要】 書名 :人生ムダなことはひとつもなかった 私の履歴書 著者 : 橋田壽賀子 発売日 : 2019年11月7日 価格 : 本体1000円+税 ページ数 : 168ページ ISBN : 978-4-479-01222-1 販売元 : 書房 URL : 【について】 本社 :〒112-0014 代表者 :代表取締役社長 佐藤 靖 創業 :1961年7月 電話番号:03-3203-4511(代表) URL :. 1.大物の政治家や経済人や官僚が、思索の深さと経験の豊富さに裏付けられた話を書く 2.たたき上げの政治家や経済人が、人間くささを前面に出しつつ、いかに勝ってきたかを書く 3.学者、俳優、スポーツ選手など、特異な体験や独特の個性を有する人が、その人ならではの話を書く 一カ月間の連載なので、どうしても執筆者のレベルが出てしまう。 ジャック・ニクラウス『帝王 ジャック・ニクラウス』(春原剛訳、日本経済新聞社) 2007年• 私自身、ニトリの成功は、自分の力で成し遂げたとは思っていない。 大村智『ストックホルムへの廻り道 私の履歴書』(日本経済新聞出版社)• そんなことをしても、必ずボロが出るからだ。

もっと

私の履歴書 日本画の巨匠

長嶋茂雄『野球は人生そのものだ』(日本経済新聞出版社)• コンサルタントの国家資格である「中小企業診断士」は約26,000名の登録があるようですが、その中でクリエイター出身は数十人程度しか存在しないようで、まだまだ日本においてはクリエイティブと経営戦略はまだ少し距離があるように感じます。 大山健太郎『アイリスオーヤマの経営理念 大山健太郎 私の履歴書』(日本経済新聞出版社) 2017年• 世の中を見渡すと、私以上に頭がよくて、まじめなのに、伸び悩んだり、くすぶっている人がいくらでもいる。 ここまでいってはじめてプロといえる。

もっと

ニトリ会長が日経「私の履歴書」ウラ話を全告白!

nui-icon--isekm-reason-industry,. (名誉顧問)• ドラマと時代、そして自身の人生を振り返る1冊。

もっと

私の履歴書 保守政権の担い手

白川静・中村元・梅棹忠夫・梅原猛『私の履歴書 知の越境者』(日本経済新聞出版社、2007年)• 竹鶴政孝『ウイスキーと私』(NHK出版、ニッカウヰスキー株式会社発行『ウイスキーと私』(非売品)を寄稿追加の上改訂復刻、1973年) 2015年• そういったエピソードの数々は、ニトリの社員たちにとってみれば、耳にタコができるほどに聞かされた話だが、世間の「成功した経営者像」とはかけ離れている。 」と題し、2014年度に放送されたシリーズから渡と宮内の経営者2人(登場順)のエピソードを、1話完結読み切り形式のオムニバスで再構成して紹介した。 茂木友三郎『国境は越えるためにある 「亀甲萬」から「KIKKOMAN」へ』(日本経済新聞出版社)• 時津風定次・二子山勝治・大鵬幸喜『私の履歴書 最強の横綱』(日本経済新聞社、2006年)• 父親の会社で働くのが嫌で家を飛び出したし、起業してからも、さぼってパチンコに精を出すこともあった。 当日は土曜日21:00 - 22:54の2時間スペシャルで放送。 意見の一つとして、編集に伝えてくださいとお願いして、電話を切った。 (元会長) 2020年代 [ ] 2020年• (会長)• はいつも目に付くし、なんだか気になる。

もっと

私の履歴書

キリンも同様で、東南アジアで最後のフロンティアと呼ばれるミャンマーの最大手ビール会社ミャンマーブルワリーを700億円で買収する。 原作・企画協力• 稲尾和久『私の履歴書 神様、仏様、稲尾様』(日本経済新聞社、のち日経ビジネス人文庫、2004年)• カルロス・ゴーン『カルロス・ゴーン 国境、組織、すべての枠を超える生き方』(日本経済新聞出版社)• nui-icon--chevron-double-left,. 三浦雄一郎『75歳のエベレスト』(日本経済新聞出版社、日経プレミアシリーズ)• 日立はインフラ部門重視の戦略に転換し、海外でM&Aを加速させている。 日野原重明『人生、これからが本番』(日本経済新聞社)• 2010年、バックパッカーで26ヵ国の世界一周。 2s;transition:border-bottom-color. 今西錦司・福井謙一・河合雅雄・西澤潤一・小柴昌俊『私の履歴書 科学の求道者』(日本経済新聞出版社、2007年)• 三浦雄一郎のように新書版で刊行したり吉田義男のように最初から文庫本として出版することもある。

もっと