小山内 美智子。 あなたは私の手になれますか 心地よいケアを受けるためにの通販/小山内 美智子

小山内美智子(札幌いちご会)さんのブログ

足だけで運転できるすばらしい電動車椅子もある。

もっと

バリアフリーのハロウィン・パーティー|小山内美智子|note

読まれないつもりで書いたのでヤベえ(笑)どうしよう。

もっと

あなたは私の手になれますか

町にはまだその頃、電気も水道も学校もなかった。

もっと

小山内美智子のプロフィール

私は論文を読み、どうしてもこのすばらしい世界を自分の目で確かめたいと思っていた。 ただ、障害者の方が、社会の障害と闘ってきた経験が濃くて、 それが「人生の軸」になり、個性として移りやすいのだと思います。

もっと

「あまりにひきょう」障害者の介護死亡事件、職員を起訴:朝日新聞デジタル

コロナが消えるようカボチャに祈る。 著者は、生きている限り介護を受け続けなければいけない立場にあり、介護者や行政の行きとどかないところに日々憤りを感��、溜まりに溜まった不満が爆発し、もっと質の良い介護を!と望み、一人先陣を切り活動している様が文中からありありと見てとれます。 初出/現代性教育研究月報. しかし、間違いなく言えることは、私を目醒めさせてくれたあの言葉、「自分で判断し、決定し、行動する」という一言で示されるように、私たち自らが責任を持って生活できる人間でなければ、ケアー付き住宅には住めないだろうということだ。 生まれつき障害を持った私が健康な人びとと同じ立場でこれまで社会参加してきたかどうかは疑問である。 私たちにとっての「完全なる社会参加」とは、どんなところにいても人びとの視線が痛くない社会になることだと思う。

もっと

小山内美智子のプロフィール

私はハロウィンの意味があまりよく分からなかった。 彼女たちの活動の少し前には、という団体が活動していて、多分私は、北海道支部の総会に参加したような気がする。 そんな時、ケアー制度があれば、住み慣れた家を離れて老人ホームに行かなくても暮らせます。 すいません。

もっと

小山内美智子のプロフィール

一人で長くいる日はなるべくお茶を控えている。

もっと

バリアフリーのハロウィン・パーティー|小山内美智子|note

度胸のあるボランティアがたくさんいたからこそ、彼女の人生は楽しく、悔やむことなく生きられたのです。 1985年、長男出産。 これは思っていた以上に大変です。 とはいうものの、P131に著者である小山内美智子さんが車いすに乗り店内で買い物をしている写真が載っています。 トイレでカーテン一枚の仕切りのなかで用を足すことでプライバシーが保てないと書いてある(P195)。 しかし、福祉村ができて一年、福祉村に見学者に行くと、村の関係者は必ず個室の自慢から話し始める。 しかし、この研究生活で私たちが成功しようと失敗しようと、ケアー付き住宅は必ず誰かが自分の手足を使い、つくらなければならない、障害者にとって大切な仕事だと思っている。

もっと