仙台 市 飛行 物体。 【仙台市上空】UFOのような白い物体の正体は何?ラジオゾンデが有力!?【宮城県・福島県】

仙台上空に未確認飛行物体、宮城県警や自衛隊が調査…実態や発生元が不明で謎深まる

物体は、仙台平野と仙台湾をカバーしている「進入管制区」の上空にあるとみられる。 自衛隊も「何か分からない」と言っているのだとか。 謎は深まるばかりですね。 同社の屋上から撮影したという物体の写真を見ると、白い風船が十字状のものをぶら下げて空を飛んでいる様子がわかる。 あれが直径20m以上とすると、これでも無い。

もっと

日本の上空に謎の物体、中国専門家が「正体」を分析―中国メディア|レコードチャイナ

国土交通省仙台空港事務所によると、航空法に基づく許可の申請はないという。

もっと

2020年6月17日に確認された白い飛行物体

長年イメージしていたUFOにしてはダサい…大福みたいやん。 これはなんでしょうか? 仙台市天文台からも見えているようですが、蔵王町からも見えています。 気球の直径が20mだったすると、太陽電池シート? Twitter見ると観測用のバルーンというツイート発見。 正直、全くもって何なのか分からない状況です」とコメント。 河北新報社に寄せられた情報によると、気球のような物体は同日午前4時ごろから目撃された。 プロペラが回転して進行方向を決められる。 もし仙台上空で目撃された白い気球が、高高度気象観測などで使われる最大の3000g気球とすると、破裂時の直径が13m強。

もっと

日本の上空に謎の物体、中国専門家が「正体」を分析―中国メディア|レコードチャイナ

うーん、これも違うような気がします。

もっと