エクセル 行 選択。 【エクセル時短】「行全体を選択」にクリックは不要! セルの選択・操作を爆速にするショートカットキー5選

アクティブセルの行に色を付ける

注 この操作を行うときは日本語入力を「OFF」にする必要があります。 もう一度[F8]キーをクリックすると選択範囲の拡張モードは無効となります。 左右方向 キーを押して、「ホーム」タブを選択します。 [Ctrl]+['[']キー 左括弧の'[' を押した時、選択されているセルに数式が含まれていると、その数式が直接参照しているセルを全て選択します。 これで、アクティブセルの行が色付きになります。 簡単に説明すると、 「1」の場所が残しておきたい行で 「2」の場所が削除したい行という意味です。

もっと

Excel(エクセル)で一行ずつ飛ばして行を削除する方法

実際に試してみます。 それではまず範囲指定の最初のセルをクリックして選択してから選択範囲の拡張モードを有効にします。 表の下の方に記載されているデータを参照するために画面を下にスクロールすると、見出し行が表示されなくなることもあります。 列番号[A]の左、行番号[1]の上をクリックすると、Sheet全体を選択できます。 Tab キーを押して「書式」のドロップダウン ボタンを選択してEnter キーを押します。 一体、なぜなのでしょうか? 実は、この問題の原因はWindowsのIMEにあります。 Tab キーを押して「横位置」のコンボ ボックスに移動します。

もっと

VBA 行を選択する

はじめのセルをクリックします• 例えば、住所録から案内状などを作成する際、電話番号やFAX番号、メールアドレスなどの不要な列を非表示にしておき、印刷用に別シートに住所と名前などの必要項目のみをコピーしたいといった場合だ。 選択されているセルを取得する• 例えば、A列からC列、およびE列を選択する場合は『a:c,e:e』と入力します。 選択したい範囲の最後の行を、 [Shift]キーを押したままクリックで選択すると・・・ 3行目から11行目までを選択することができました! この選択方法の利点は、選択したい範囲の先頭の行( 始点)と最後の行( 終点)をクリックするだけで選択できるところ。 ちなみに、 「Ctrl」キーを押しながらオートフィル機能でコピーすると、最初から連続番号ではなく「1・2」が繰り返しコピーされます。 または、[ホーム]タブの[スタイル]グループにある[条件付き書式]をクリックして、[ルールのクリア]をポイントして表示されるサブメニューの[選択したセルからルールをクリア]や[シート全体からルールをクリア]などを選択してもいいです。

もっと

【Excel】なぜかショートカットキーで行全体を選択できない!エクセルで[Shift]+[Space]キーが効かなくなった際の対処法

月を含むセルはほかにもたくさんありますが、初めに選択した範囲だけが対象になります。 Sheet見出し上で右クリックし、メニューの【すべてのシートを選択する】をクリックします。 離れた範囲の選択• 普段、意識せずに行っているマウス操作をショートカットキーに置き換えれば、確実に時短できますよ。 4行目の行番号にマウスポインタを合わせ、マウスポインタの形が左の図のようになったら、10行目の行番号まで ドラッグします。 その他のシートに対して行うとエラーが発生します。

もっと