原油 先物 マイナス。 原油先物価格が暴落、ついに史上初のマイナス

原油先物価格が暴落、ついに史上初のマイナス

つまり、 コロナ感染により、世界中で原油が不足どころか余ってしまうことになったのです。 そうしたなか、今回は過剰供給と新型コロナウイルスの感染拡大による需要急減によって、その貯蔵キャパシティが5月半ばまでに限界に達する可能性が高くなっていました。 現物を持っている商社が、価格リスクをヘッジするために先物をショートしたりします。 したがって、5月限月の取引は今回、4月21日が最終取引日でした。

もっと

原油価格がマイナス40ドルに!マイナスってどういうことなの?

いずれにしても買い方が原油在庫を抱えるリスクを嫌がり、取引最終日が迫り、保管費用などを考慮するとマイナスの価格でも売却を急がざるを得なくなったというのが、今回の原油先物価格がマイナスとなった原因である。 そんな高品質な原油が歴史的安値で取引されている異常さですね。

もっと

原油価格がマイナスってどういうこと?~過度の悲観は不要か

また、北海ブレント原油、中東産ドバイ原油など他の油種では、期近物でも「マイナス原油価格」は実現していない。 各社で大きく分かれる新型コロナ対策。

もっと

WTI原油先物価格下落止まらず、史上初のマイナス値をつける(米国)

6円の値下がり OPECプラスで減産が合意されたが原油先物取引価格は史上初のマイナス価格 出典:Chicago Mercantile Exchange group なぜ、ガソリン価格が13週連続で値下がりという状況になったのだろうか? 直近のWTI原油先物相場を見ておきましょう。 WTIとは、米南部のテキサス州とニューメキシコ州を中心に産出される原油の総称であり、WTIの先物は、米ニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)で取引されている。

もっと

中国の銀行「原油先物マイナス」でカモられた訳

これは火力発電で使われている石炭や天然ガスについても同様である。 ただマイナスは最終取引の迫った5月限月で、6月限月以降はプラスの価格、マイナスは一時的か なお、WTI原油先物は4月21日にもマイナス価格をつけています。 しかしながら急激な経済の縮小で、5月という時期に限って言えば、原油を調達しようという人がいないので保有者はもてあましてしまったという図式である。 すでにレギュラーガソリンの最安値は100円を切った! 市場関係者の間では、産油国による追加減産は避けられないという見方が多いです。 原油先物がマイナスの価格になるという歴史的瞬間を垣間見たことはずっと記憶に残るでしょう。 そこには米国独特のルールが関係しています。

もっと

「原油先物価格初のマイナス」が暗示――“コロナ後”に価値が消滅する意外な業界とは (1/3)

これに過剰在庫に困って原油を売りたい供給元が応戦することで、原油価格は暴落したのである。 不透明なのでマイナスでも売ってしまえという売り手が現れたのかと思います。 マイナス価格は、原油を買う側ではなく、売る側がお金を払って買い取ってもらうことになるというもので、過去に例のない異常事態です。 このことから、この4月が最悪期であり、5月には経済が持ち直し、あるいは1年後には原油の需要がそれなりに出てくるという投資家、トレーダーが少なくないと見て取ることもできます。

もっと

【米国市況】WTI原油先物が初のマイナス-株反落、ドル上昇

4月23日午前9時前から始まった東京原油市場でも、取り引きの中心となる9月限の原油の先物価格が1キロリットル当たり2万270円で、22日の終値より4030円、およそ24%上昇して取り引きが始まっている。

もっと

NY原油先物、0ドル割れで初の「マイナス価格」に

なので維持費が払えない売り手はいくらでも安く手放そうとするのですね。 NY原油先物5月限5分足 (画像出所:CMEウェブサイト) 原油には価格が付いており、通常であれば買い手が売り手に対して代金を支払うことで、原油を確保することが可能になる。 マイクロプラスチックによる海洋汚染など環境問題の影響で、世界的に石油製品の使用が見直されていることもあり、石油の消費量はこれから伸びる要素は少ない。 将来的には、石油産業に対する投資の減少、人材確保難など大きな問題が生じる可能性があるものの、当面のシェールオイルの減産は緩やかなペースでしか進まないことになる。 もしガソリン価格がマイナスになったら、ガソリンスタンドで給油した分だけお金がもらえるようなことになる。 貯蔵庫の容量が限界を迎えたために、原油先物の売りが相次ぎ、遂にはマイナスを記録したのです。 世界中で1日に3000万バレル近くの需要減が予想されており、原油があり余るかつてない事態が原油価格を暴落させています。

もっと

WTI原油先物価格下落止まらず、史上初のマイナス値をつける(米国)

そのため、どれだけOPECが生産量を調整しようとしても、価格が上がりづらい、という状況が続いていたのです。 つまり、買い手は、オプション価格で原油を必ず引き取らなければなりません。 中略 日本の主な輸入原油(中東産)はアラブ首長国連邦 ドバイ産の原油(こちらは重質油)価格に左右されるが、このドバイ産原油価格自体もWTI価格に大きく左右される。 先物価格が15ドル以上であれば、企業は先物を買う必要がありませんし、15ドル以下であれば、現物よりも先物を買った方が、経済合理性があると言えます。 これを現物(Spot 受け渡し決済と呼びます。 しかし、取引最終日に反対売買を行わなければ、買いと売りの建玉が残る。

もっと