具現 化 意味。 「具現化」の意味と使い方・対義語・類義語|実体化/実写化

「具現化」の意味とは?「具体化」との違いや類語・対義語・英語も紹介

「具現化」と 「具体化」の違いは、 「具現化」は 「目に見えないものを形にすること」に意味の重点があり、 「具体化」は 「計画・アイデア・ビジョンに実際に着手できるように、詳細で具体的な内容を示すこと」に意味の重点があるという違いになります。 一つのサーバーで、複数のサーバーをまとめるので、コストや負担を減らすことができます。 ・異世界の状況を具現化させて、SF映画が作られます。 ・実現• 目標がやっと具現化に至ったというように眼の前に実際に現れるということを意味しています。 ただ、使い方は少し違います。 現実世界では表現しがたいものや、データ化されたものをリアルなものとして表現するという時に、具現化という言葉を使います。

もっと

「具現化」の意味と使い方・類語・「具体化」との違い・例文

「具現化」の英語とビジネス英文 最後に「具体化」の英語表現を紹介します。 「具現化」の意味と使い方 皆さんは「具現化(ぐげんか)」という言葉をご存知でしょうか。 具体化の意味 具体化とは 具体化とは、 抽象的な事柄を実際に形にして表すことを意味しています。 頭で考えていたものが、そのままスムーズに形にならないことも多いのです。

もっと

【具現化】と【具体化】と【具象化】の意味の違いと使い方の例文

美術の分野では「具象画」という画法がありますが、反対の意味をもつのがズバリ「抽象画」になります。 特に、会議などの場で使われることも多いです。 これは、作品という空想の世界や掴みどころのない、表現しがたいものを形にしたという場合に使う表現です。 物事の共通しているところに着目して、平均を取ることで扱いやすくすることを表します。 • 体現して表現したという場合には具現化よりも具象化に近いかもしれません。

もっと

【具現化】と【具体化】と【具象化】の意味の違いと使い方の例文

・予告ホームラン• 具現化の類語とは?使い方と具現化との違いは? 具現化の類語「体現」「実現」「具象」の他 具現化の類語として次のようなものが挙げられます。 自分の理想を具現化できれば良いが、そんな簡単にはいかないものだ。 「具現化」と「具体化」の違い 「具現化 ぐげんか 」という言葉は、 「目標・理想・理念を自分の行動で具体的に実現すること」や 「目に見えないアイデア・ビジョンを具体的な目に見える形にすること」を意味しています。 そのため、具現化には具体化の意味が含まれることが多く、計画を一から具体的に作り上げる場合には具現化を、すでにある計画などを実行に移すなどの場合には具体化を使います。 具現化英文「ビジネス英語の例文」• 現実化は、対策や方策、施策、手順、計画などの具体的なことはあまり気にしていなくて、結果としてものや制度、現象などが世の中に実際に現れること自体を思い描いているときに使います。 「具現化」というのは、 「頭の中で考えているアイデアを実現化すること」や 「具体的に実際の形あるものを作ること」といった意味合いもあります。

もっと

「具現化」の意味と使い方・類語・「具体化」との違い・例文

開発者が考える理想的な商品と、消費者が考える理想的な商品は、必ずしもイコールであるとは限りません。 具象化の意味 具象化とは 具象化とは、 形をはっきりとさせることを意味しています。 例えば、 「自分のアイデアを具現化することができれば、大きなビジネスになる可能性が十分にあります」といった文章において、 「具現化」の典型的な意味を示すことができます。 「まちづくりの具現化に向けて動き出す」「新製品の具現化」などというようにビジネスの場で使われるような表現が多数考えられます。

もっと

具現化の意味とは?使い方と類語や対義語|体現/実現/具象

「具現化」「具体化」は商品にしたり、作品にしたりと目に見えるものや手で触ることができるものを指す場合に使うという点で、同じように使うことができます。 「実体化・有形化」 「具現化」の類似表現・言い換えとして、 「実体化 じったいか ・有形化 ゆうけいか 」があります。

もっと