スズキ 400cc。 買うの注意!400ccバイクおすすめできない14選【2018年最新版】

スズキの中型バイク(〜400cc)のレビューや新車・中古バイク一覧|ウェビック バイク選び

そのためあなたが本当に乗りたいと思ったバイク、乗っていて楽しいバイクに乗るのがオススメです。 シート高:785mm• 山道やサーキットなどで走ればTMAX530の圧倒的な走行性能についていけないかもしれませんが、街中ではバーグマン400の方が圧倒的に扱いやすい印象でした。 ゆとりあるパワーで攻めの走りも、余裕のある姿勢でツーリングまでこなす、 400ccらしいバランスの取れた良マシンに仕上がっています。 キャブ車に不安などが無い方はバイク選びの候補にいれておいても良いかもしれません。 パワーのあるバイクに乗りたい• 前回も言いましたけど『マルチ・ツーリング・スクーター』なんです。

もっと

ラインアップ

リアタイヤもクラス最大の160サイズを履く。 80年台、90年台レプリカスポーツ• 個性的なバイクに乗りたい• 【おすすめできない400cc】ツアラー ツアラータイプでおすすめできないバイクを見ていきます。 アイキャッチ画像引用元:• クリック出来る目次• デスペラード400 1996年5月登場 当時価格63万9000円 上級モデルのデスペラード800と同様のスタイルで登場したドラッグクルーザー。 乗り易いバイクに乗りたい• 7㎏-mが出ています。 ここまで見てこられて「おいっ!アイツがいねぇじゃねぇかよ!」と激おこなあなた、大変お待たせしました。 オンロードを十分に楽しめるバイクに乗りたい• has-pale-cyan-blue-color,:root. 400ccネイキッドと言えば、教習車としても多く採用されている「CB400SF」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 フレームも独特の形成を成すアルミトラスフレームとしている。

もっと

スズキ・GSX400S KATANA 400で乗れる本格カタナの性能はどうだ

スロットルを回している手首の位置があまり変わっていないのがわかりますか? スピードの加減速がわずかな操作で済むので、長時間スロットルを回していても手首が全く疲れません。 被りにくいバイクに乗りたい• 限定生産300台ながら販売価格は据え置きで66万450円。

もっと

製品概要

4スト直列4気筒エンジンを搭載した400ccクラスのネイキッドとしては、ほぼ同時期にバンディット400と、それに続くGSX400インパルスが発売されていたが、イナズマの特徴は、なんといってもエンジン冷却が油冷式だったこと。 タンクからサイドカバー、テールカウルまで統一された次世代のコンセプトだ。 400ccの買取相場・リセールバリュー 400ccの リセールバリューは平均33%、低いものは20%を切る 400ccクラスの利点は、 250cc以下のバイクと比べると極端に低いリセールバリューの車種が存在しないことです。 400ccのアメリカンを新車で購入する事が可能なのか などの点が気になる方も多いのではないでしょうか? 走行スペックが高いバイクに乗りたい• アンダースポイラー付きのビキニカウルが大きな特徴で、同時に青と白がメインのクーリーカラーもラインナップされていた。 翌に角パイプ製フレームにを搭載したGSX400FWが登場して、GSX400FSインパルスの販売は終了した。 しかし実は400ccものあおりを受け、2020年現在はお世辞にもラインナップ (選択肢)が豊富とは言えません。

もっと

ブルバード400/スズキのクチコミ・レビュー・評価・評判・足つき情報|バイク中古車なら【Webikeバイク選び】

400ccアメリカンの魅力やメリットとは? リセールバリューが低い要因 ロングセラーモデルということで中古車市場での在庫数が多く、低年式車両になると状態の悪い個体も多いので、リセールバリューの低さに影響を及ぼしているものと思われます。 国産初の水冷400ccトレールバイクです。 個性的なデザインの代表格と言えるこのカタナは 一度見たら知らなくてもあのバイクなに!?と名前と形を一瞬で覚えてしまう様なインパクトをもっています。 足つきの良いフルカウルを探している• キャブ車に乗りたい 軽くて扱い易いバイクです。 2代目インパルス販売終了後は400ccクラスのネイキッド車種としてが販売されていたが、GSX-R400 GK73A 譲りのエンジンを搭載するなど スポーツ路線で、といった他社の競合車種よりもやや高めの販売価格だったことなどもあり、バンディットよりも手軽な価格設定の正統的 [ ]ネイキッドとして発売された。 7 最大トルク回転数(rpm) 9500 燃料供給方式 キャブレター 燃料タンク容量 L 18 燃料(種類) レギュラーガソリン 満タン時航続距離(概算・参考値) 657. ところが、 400ccになると高速道路で追い越し車線を走ってもあまり怖くありません。 航続距離が長いバイク• 高速道路OK• よりアップライトなハンドルによって余裕のあるライディングポジションを実現しています。

もっと

スズキ・GSX400S KATANA 400で乗れる本格カタナの性能はどうだ

競技用車両はクローズドコースでのレース用に製造されたもので、道路その他一般交通の用に供する場所では一切走行できません。 排気量:124cm 3• 性能は当時のどの市販マフラーよりも優れていたというから驚きだ。 GSX400E 1980年1月登場 当時価格34万5000円 GS400の性能と爆発的人気で、「4ストは2気筒で十分」というコンセプトで登場した。

もっと

ブルバード400/スズキのクチコミ・レビュー・評価・評判・足つき情報|バイク中古車なら【Webikeバイク選び】

短所 ブルバードミーティングはまず無理っぽい(笑) カスタムパーツ探しは苦労すると思います。 もちろん必要十分のパワーはあるので、高速道路でも不自由なく走ることは可能です。 価格(消費税込み):225,500円• グラディウスも現行スーパースポーツよりも高いパワーを持っており、日本人に優しいシート高で重量もほどほどで扱い易いバイクとなっています。 もちろん 楽な乗車姿勢は長距離ツーリングでも有利。 - 2004年 4代目インパルス GK7CA 発売時の広報資料• ぼってりとした見た目と、可愛いフロントフェイスとは裏腹に軽くパワーもある優秀なバイクです。 を手がけたハンス・ムートによりデザインされた。 生産終了モデルについては、スズキ二輪販売店に流通在庫として残っている場合があります。

もっと

スズキの中型バイク(〜400cc)のレビューや新車・中古バイク一覧|ウェビック バイク選び

逆にコーナーは練習しないとちょっと大変かもしれませんが、シート高も低く重量もそこそこでとても乗り易いバイクです。 価格(消費税込み):613,800円• シート高:790mm• 1996年12月には、カラーリングにヨシムラカラーを採用した。 このS専用として、標準でゴールドチェーンを採用しているのも特徴だ。

もっと