這い 上 が ろう 負け た こと が ある という の が いつか 大きな 財産 に なる。 吉川英治 新書太閤記 第二分冊

気になるニュース!|なんでも雑談@口コミ掲示板・評判(レスNo.7001

藤吉郎は、 刎 ( は )ね起きて、 「ごんぞ。 また、 秀麗 ( しゅうれい )な 眉目 ( びもく )や、 明晰 ( めいせき )な言語や、お小姓組に育って、行儀の上品なすがたが、その敵対感の中に、往来しだした。 藤吉郎は 濠 ( ほり )を覗きながら歩いていたので気づかなかった。 わたくしのようなふつつか者でも、木下様が妻にお望み下さるならば、どうぞ、木下様へおつかわし下さいませ」 「な、なに?」 又右衛門は、舌ももつれるほどな狼狽につつまれた。 「 寧子 ( ねね )どのを、おやりなされるつもりなのですか」 思わず、話の先を越して、こう訊いてしまってから、彼も、ちょっと面目を 顧 ( かえり )みた。 愛嬌があっていい」 「武士だ。

もっと

生井氏郷(うじさと)

しかし、考えが甘いところがあったり、気分屋だったりするため空回りすることも。 「中村からお便りが来ておりまする」 と、彼の召使は、彼が坐るとさっそく、一袋の 黍 ( きび )の 粉 ( こ )と、一通のてがみを前へ持って来た。 日本人は、そう思っていた。 7050さん 健康保険は市役所ですよ 健康保険が問題になったニュースは聞いた事がありませんが、、 7050さんは市町村の仕事が解っていませんね? 私は転勤で、全国各地15箇所の市町村役場のお世話になりました。 それのみか、 恬 ( てん )として、 「藤吉郎、嘘を申すのではありません。

もっと

吉川英治 新書太閤記 第二分冊

好きな女性の父親から、心の憂いを打ち明けられたということは、たとえそれが荷になる憂いでも、光栄に思う心理は青年にある。 偽らない言葉だった。 城内の柴田、林などの、 手強 ( てごわ )い重臣たちからは、ひどく押し太い、厚顔な男と睨まれている彼も、ここでは甚だ 羞恥 ( はにかみ )がちな、一箇の好青年でしかなかった。 「台所へ持ってゆけ」 「はい」 「何をわしの顔を見るか。

もっと

生井氏郷(うじさと)

……横顔もいい。 市職員の検査官の建築士の優秀さに感心し、過労死を心配していました。 周囲の人にも愛情深く接し、いつも細かな心配りを忘れることがありません。 はやく曳いて行かれい」 素直に、口輪を渡してくれた。 又右衛門の憂いを、半分背負って帰っただけであった。 黙って、うなずいていてもよいのに、何か、相づちを打たなければすまない気がして、時々、いわずもがなのことをいった。

もっと

吉川英治 新書太閤記 第二分冊

素人どもが見てるからわからない。 家名にもかかわる。 地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。 県警は、さらにイランなどに流出し、ウラン濃縮に用いる高性能遠心分離機の部品に使用された可能性もあるとみて 販売ルートなどを調べる。 「はあ。 艱苦 ( かんく )にも闘えるだろう。 まだまだ、一身一家の小さい欲望を考える場合ではない」 母の手紙を巻きながら、彼は独り言に、大きく 呟 ( つぶや )いた。

もっと

吉川英治 新書太閤記 第二分冊

敏感な藤吉郎の眼や 嗅覚 ( きゅうかく )がしきりとそれに触れるのであった。

もっと