コロナ ウイルス 中小 企業。 新型コロナウイルス感染症の中小・小規模企業影響調査(2020年7月度)|中小機構のプレスリリース

新型コロナウイルス感染症に係るセーフティネット保証4号の指定期間を延長します

0%)」など、資金補助に関するニーズが多く見られます。 なお、このような労使の話し合いによって、事業場で有給の特別休暇制度を設ける場合の手続については、問11「特別休暇の導入の手続」をご覧ください。 そのため、 申請時は虚偽のない内容で正しく申請することと、税理士・社会保険労務士・行政書士など、各助成金・給付金・補助金で提出代行が許可されている専門家に依頼することが重要と言えます。

もっと

新型コロナウイルス感染症特別利子補給事業

(売り手)専門家への報酬+既存事業の廃業費用 上限650万円 給付時期は申請後、申請期間の定めはなく、今後より詳細な方法が提示される予定ですので、中小企業庁のホームページを確認することをおすすめします。

もっと

新型コロナウイルス感染症の中小・小規模企業影響調査(2020年7月)|中小機構

9%の金利引き下げの措置がとられます。

もっと

中小企業庁:新型コロナウイルス感染症の影響で事業収入が減少している中小企業者・小規模事業者に対して固定資産税・都市計画税の減免を行います

文京区では、新型コロナウイルスの感染拡大により大きな影響を受けている区内中小企業を支援するとともに、区内での感染拡大の防止を図るため、人件費、土地・建物の賃借料、新型コロナウイルス感染防止の取組みに係る費用等、 事業継続に必要な幅広い経費を対象とした補助を行います。 こちらに関しても、一部制度に関しては、別記事で詳細を解説しております。

もっと

コロナ禍と中小企業…変化=承継チャンスと捉える経営者の決断

また、室内の家具・備品の消毒及び十分な換気を行う必要があること。

もっと

新型コロナウイルス感染症特別利子補給事業

ぜひ専門家に相談した上で、制度を積極的に活用することを検討してはいかがでしょうか。 調査結果• 雇用の維持は労使双方にとって、また社会的にも極めて重要であり、政府としては、需要の急減による経営不振等の場合であっても、事業主の雇用継続のための努力を全力で支える方針です。 <発熱などがある方の自主休業> 問4 労働者が発熱などの症状があるため自主的に休んでいます。 そのため、概要部分である「支給対象となる要件・助成(融資)内容・給付時期・申請期間・申請方法・問い合わせ先」の6点に整理し、簡潔に説明します。

もっと

コロナ禍と中小企業…変化=承継チャンスと捉える経営者の決断

財政制度等審議会は25日、国の来年度予算案の編成に向けた提言を財務省に提出しました。 貸付利率 当初3年間は一律ですが、4年目以降は直近決算の業績に応じて変動します。 しかしながら、今回の新型コロナウイルス感染症への対策による影響にかんがみれば、当初の予定どおりに1年単位の変形労働時間制を実施することが企業の経営上著しく不適当と認められる場合には、特例的に労使でよく話し合った上で、1年単位の変形労働時間制の労使協定について、労使で合意解約をしたり、あるいは協定中の破棄条項に従って解約し、改めて協定し直すことも可能と考えられます。 本件のお問い合わせ先. <労働者派遣契約の中途解除等について> 問1 (派遣先の方)新型コロナウイルス感染症の影響により事業が立ちゆかないので、労働者派遣契約を解除したいのですが、労働者派遣法上問題がありますか。 図表3 現在と今後のコロナ禍対策(複数回答)• 限度額は中小事業6億円、国民生活事業8,000万円となっており、金利は当初3年間、基準金利よりマイナス0. その上で次の(1)または(2)のいずれかに該当する必要があります。 中小企業者等(上記1、2を除く事業者) 貸付の申込を行った際の最近1か月、その翌月又はその翌々月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して20%以上減少している方。 7月上旬時点の新しい情報も含め、中小企業・零細企業向けの支援策をまとめました。

もっと