修辞 学 と は。 修辞学

「レトリック」の意味と使い方・語源・具体例|修辞法

静かなレトリック もちろん建築の修辞学を詭弁だと退けても構わない。 0,asNavFor:null,prevArrow:' Previous',nextArrow:' Next',autoplay:! 行為的直観の論理は構想力の論理であるであろう。 (3)トポスの発見 (「トポス」とは、観葉植物ではない(それはポトス)。

もっと

図書カード:解釈学と修辞学

「魂が語るや、すでにもはや魂は語らない」(Spricht die Seele, so spricht, ach, schon die Seele nicht mehr. 修辞学の論理は根本において構想力の論理でなければならぬ。

もっと

図書カード:解釈学と修辞学

複数のトピックが登場する文章を整理してわかりやすく伝えたい時に活用できます。 そのため、レートリケーを生業にするという職業、あるいは雄弁家という肩書きが存在した。 この記事では「レトリック」の持つ意味やその成り立ち、使い方について紹介します。 【用例】 通常:「このスマートフォンの性能は良い」 緩叙法:「このスマートフォンの性能は悪くない」. 彼らの作品は一般的に、光の濃淡、プロポーション、素材、色彩、スケールなどの「建築の美術的な側面」を論点として語られる。 『弁論術』は期に度々・され、のに注目されたりした。

もっと

三木清 解釈学と修辞学

この場合、解釈学が哲学的方法としては言葉の解釈から現実の存在の解釈にまで転化発展させられたように、修辞学も哲学的論理としては単に言葉のみでなく現実の存在そのものに関係づけられることが必要である。 階段が突如階段であることを放棄し、ただのコンクリートに成り代わる、その一瞬。 それだけではない。

もっと

レトリックとは

ミースは自らの構法的な感性にしたがって、素材独特の特性を生かして物質性を豊かに表現しようとした。 また、現代言語学においては、の観点から「 ()」として研究されたり 、の観点から「 ()」として研究されたりしている。 理解の概念は体験の概念と、したがってまた経験の概念と結びつく、故に客観である表現と主観に属する理解ないし体験との間には真の意味における関係が存しない。 「ひとつの理由はしばしば論理的なものとしてでなくむしろ劇的なものとして、言い換えれば、それが主張する者の性格を有するという故で、それが彼自身の奥底から生まれたという故で、好いということがある。 知的能力や才能はすべてそうではないか。

もっと

MAB音楽資料室:音楽修辞学:修辞学(レトリック)と音楽

しかし、それはありえない。 言い換えれば、修辞学がギリシア文化の開花期の産物であるに反して、解釈学はギリシア文化の発展が一応終結した後その 黄昏 ( たそがれ )にいわゆるミネルヴァの 梟 ( ふくろう )として現われたのである。 」この発言を、建築家が無色透明な美術空間の創出を望んだと解釈する向きもあるが、もっと深い部分では、物質性から非物質性への転換という手法に根ざしているのである。

もっと