ネロ クラウディウス。 クラウディウス

【FGO】ネロクラウディウスの評価と再臨素材

殺される寸前、小アグリッピーナは自分の腹(もしくは股)を指して「ここからネロが生まれたのだから、ここを刺すがいい」と言ったそうです。 たとえ敗れても勝利とされでは戦車から落下して競争から脱落しながらも優勝扱いになってさえいる。 にて召喚されたの真名。

もっと

ネロ

地に花を A 同上。

もっと

クラウディウス

女系でもブリタンニクスの同母姉は62年にネロによって処刑され、異母姉クラウディア・アントニア(30年 - 66年)が66年に死去するなど、短命であった。 生前、ネロが建築し自らの公演が終わるまで観衆を閉じ込めたと言う劇場を展開する。 母の計略により、ネロはクラウディウスの継子から養子となる。

もっと

クラウディウス

今回はそんなネロ・クラウディウスが行った「ローマ版ジャイアンリサイクル」と「ネロ祭」について解説していく。 もこのときローマで殉教したとされている。 就任に際しての承認を受けたものの、実質的にはプラエトリアニの軍事力によって就任しており、軍事力がローマ皇帝を決定する最初の例となった。 元首の支持率低下を機にネロと対立していたは、ネロを「国家の敵」としを皇帝に擁立する。 母殺しやキリスト教弾圧、 等から暴君と呼ばれたが、火事対策や外交などの采配から名君の顔も持つ。 Episode 母アグリッピナとの陰惨な関係 アグリッピナ(アウグストゥスの孫娘を大アグリッピナ、その娘なので小アグリッピナとも言う)は先夫とあいだに生まれたネロを連れ子に皇帝クラウディウスの妃となった。 『』…ネロが周囲の反対者を排除して、寵愛するポッパエア・サビナを皇后とする物語。

もっと