N ー box。 グレード一覧|N BOX(ホンダ)の総合情報

Honda|クルマ|N

「G特別仕様車 SSパッケージ」には、クロームメッキ(アウタードアハンドル/セレクトレバーボタン/エアコンアウトレットノブ/リング)、シルバーリング塗装ドリンクホルダー(運転席/助手席)、シルバー塗装メーターリングなどを特別装備し、「G特別仕様車 ターボSSパッケージ」には、クロームメッキ・アウタードアハンドル、運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)を装備した。 なお、ボディカラーについては、「クリスタルブラック・パール」「モーニングミストブルー・メタリック」「ルナシルバー・メタリック」「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」などのバリエーションが用意されています。 車体は、コンパクトカーの「フィット」に採用されていた助手席下に燃料タンクを配置し室内空間効率をあげる「センタータンクレイアウト」を採用することにより、後部座席やラゲッジスペースを拡大したことで人気モデルになっています。 コントローラーのトランス内にヒューズの設置。

もっと

【オーナーレポート】実際に購入して感じた新型N

また、「G」以外のグレードに「2トーンカラースタイル」を用意。 加えて、2015年2月のマイナーチェンジで「チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート」のオプション設定が可能となり、低いフロアと相まって使い勝手の良さが向上しています。 高い静粛性を実現するために、振動や騒音を発生源により近い位置で抑えること、防音材の配置により室内に侵入するノイズを抑えるこの2点を新型N-BOX開発時に徹底的に追求したそうです。 発進から停止まで滑らかなCVTの制御にも感心した。 注目は先進安全装備がセットになったホンダセンシングを全車に標準装備していること。

もっと

タイプ一覧|タイプ・価格・装備|N

また、エンジンの高効率化により、「G」、「G・Lパッケージ」(FF車)の燃費を24. また、専用のインパネ、本革巻のステアリングホイールやセレクトレバーにより、さらに上質なインテリア空間を演出。 ベースとなるN-BOXのフロントは、グリルデザインを変更しながら、丸形のフルLEDや親しみやすいデザインを維持。 どちらも「G」、「G・Lパッケージ」ではアイドリングストップ機構を搭載。 車種専用設計で簡単装着• 今後マイナーチェンジ等で搭載される可能はあるかもしれませんが、現時点では、市街地メインでは実質ACCが利用機会がないので残念に感じます。 ほんの少しだけ切り始めが軽く感じるステアリングも、それ以外はおおむね自然なフィールを実現している。 専用の15インチアルミホイールやレッド塗装のブレーキディスクローターを装着することにより、足元をドレスアップ。 運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

もっと

【オーナーレポート】実際に購入して感じた新型N

0 2,026,080 G・EX ホンダセンシング FF 27. まずは静寂性です。 グレードから探す クルマ情報(中古車両)をグレードから簡単に車両検索できます。 より太く薄いタイヤを履くターボモデルは、ややザラザラ・ドタバタした印象が強まるが、全体的な足回りのしなやかさは同じだ。 その結果としてたいていの場面ではせいぜい2500rpmくらいで変速を重ねるCVTに嫌な感じはほぼない。 安全装備もデュアルセンサーブレーキサポートを搭載し、サポカーワイドSに該当。

もっと

グレード一覧|N BOX(ホンダ)の総合情報

ちなみにN-VANも同様にガソリンタンク容量が少ないので毎日のる距離を走る商用車としてはもう少しタンク容量には気を配ってほしかったところです。

もっと