Lyrics アゲイン wanima。 アゲインの歌詞

WANIMA アゲイン 歌詞

懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 曇った夜を照らす 青臭くて頼りない開きかけのツボミが 塞いだままのココロにきっかけをくれて ごく普通のどこにでもある繰り返す景色が 忘れられない舞台になる 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて声が重なる 何度目の挑戦? 誰かが台無しにした日も 誰もが大事に想う日も 優しさだけじゃ癒えない 理屈や理由なら要らない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 濁ったホシを探す 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて胸が高鳴る 何度目の失敗? 僕が台無しにした日は 僕が大事に想う日は 空しさだけじゃ届かない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れないんだ 正しさだけじゃ見えない 理屈や理由なら要らない 曇った夜 抜け出すから くたびれた顔に陽が射す おいてゆく身体が覚えてる そうさ まだこれからだ. 小さな部屋の端っこの隅机の上は散らかったまま開いたままの白いノートに破り損ねたページに気付くただ今日も今を急ぐ終点まで 駅のホーム風のない道を歩く花びら舞う 蕾膨らませ春を待った 震えながら太陽が沈んだ後 夜の間咲き乱れ 舞って散って枯れた時もずっと変わらず側にいたからどんな時も悪くないと思えたんだよただ今日も今を急ぐ終点まで 駅のホーム風のない道を歩く花びら舞う 蕾膨らませ春が舞った 夏になった 秋も冬も過ぎていった春を待った 震えながら太陽が沈んだ後 夜の間長く暗いトンネルの向こう側でずっと変わらず待っていたからどんな時も悪くないと思えたんだよどんな時も悪くないと春を待って春ウララHey Hey 何かも捨ててHey Hey Hey 空っぽになってHey Hey 暖かくなって春を嫌ってそれも一興で雪どけ 鳴り響く鐘の音春一番 迷いを飛ばしてHey Hey わだかまりだって 遥か彼方へ春を待って 春になって. — Taka WANIMA🐊 taka1106WANIMA. 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 曇った夜を照らす 青臭くて頼りない開きかけのツボミが 塞いだままのココロにきっかけをくれて ごく普通のどこにでもある繰り返す景色が 忘れられない舞台になる 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて声が重なる 何度目の挑戦?。 dareka ga dainashi ni shita hi mo daremo ga daiji ni omou hi mo yasashisa dake ja ienai rikutsu ya riyuu nara iranai kono mama ja owaritakunai kara natsukashikute mou ichido yakitsuite hanarenai kutabireta kao de me ga sameru oite yuku karada ga nozonderu nigotta hoshi wo sagasu shiritakunai koto mo shitte kikitakunai oto mo kiita zen mo aku mo mune no naka shimae fuujikometa kioku ni hi wo tsukete mune ga takanaru nandome no shippai? この歌は君がこんな僕にくれた 言葉や想いが全部 間違わずに 残りますように 届けたい歌がある 何も癒えなくて あまりに無力で 聴こえてるかい? こっちへおいで ここには居なくて 陰に陽が射して 笑えてるかい? 空の向こうで 魔法が今解けてゆく シガラミは捨てて生きていこう 胸が弾けて 透き通る青空 ココロの地図広げ やりきろうぜっ、ジブンらしく。 僕が台無しにした日は 僕が大事に想う日は 空しさだけじゃ届かない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れないんだ 正しさだけじゃ見えない 理屈や理由ならいらない 曇った夜 抜け出すから くたびれた顔に陽が射す おいてゆく身体が覚えてる そうさ まだこれからだ Find more lyrics at myjpop. 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 懐かしくてもう一度焼き付いて 不安で胸一杯で狂うくらい 夜明けを待たないで旗を掲げ 息が切れるまで走り続け いいから気持ち良くするから 拝啓新しい生活に慣れてきた 眠らない身体今宵今からだ LaLaLaLa LaLaLaLa 星に願いを 風に紛れて記憶をさらって 涙見せず何も言わず どう足掻いても揺らぐ本能 誰かもそうやったんだ君なら オーレ踊り出す世界中 泡のように消える面影に 冴えない顔で通勤ラッシュ Last song Life goes on はじまるここから旅立ちに 止まらない思い抱いて これだけは忘れないで 止まった続きは今も 広い海を今日も進む 沈んだソラ黄ばんだドア ありがとうを込めて歌った あの娘とトリップサンセット 手を離さずにいた頃に 不確かなままはじまる今日は Hey Hey Ho シャララ スカスカのフロア 日々を脱走吹っ飛ばす苦労 これまで何度も何度も 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し ひそやかに息を引き取った 早起きしてまずは向かう町環七 思いにまかせて感じるまま Cheddar Flavor I know you know 憧れぶら下げて走り続けて 冷静と沈着のぼせのぼせ もう何年経った笑ったり 去りゆく後ろ姿を引き止める どれだけ過去が辛くて暗くても 誰にも言えず傷は増えて 光る星を繋ぎ合わせ 上目遣いでおねだり 夏の面影辛い思いだけ 迷いを束ねて夏の幕開け あぁ空に舞った何度も何度でも 小さな部屋の端っこの隅 ドゥットゥトゥルルル なぁ何処で間違えたんだろう 踊れ踊れ夢中で群がる 本当の本音は誰にも言えず 遠い空を見上げて長い夢の続き 疲れてしまって消えて腐って Hey yo この声さえこの声さえ Hey Lady 飛びっきりの笑みで Oh Baby Sniper 狙われたら 傷は覚えた痛みを消しては 何かあったらいつでも待ってる LaLaLaLaLaLa 忘れず待って 野に咲いた花は風に揺れて あたりまえであたりまえで 正しいより楽しい Like a Fire メラメラ ただのLIFEただのLIFE 切り開く時代の音色音色 まずは皆手を叩け 流れる時の早さに 気になるあの子欲張りなBitch. u anzya55 アゲイン!!!! — ゆうじ 大学生 jrNWVVYplOZRKux アゲインの歌詞まとめてみた 発売まで見たくない人は見ないようにしてください。

もっと

WANIMAの歌詞一覧リスト

。 WANIMA アゲイン 作词:KENTA 作曲:KENTA 懐かしくて もう一度 焼き付いて离れない くたびれた颜で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 昙った夜を照らす 青臭くて頼りない开きかけのツボミが 塞いだままのココロにきっかけをくれて ごく普通のどこにでもある缲り返す景色が 忘れられない舞台になる 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた记忆に火を着けて声が重なる 何度目の挑戦? 谁かが台无しにした日も 谁もが大事に想う日も 优しさだけじゃ愈えない 理屈や理由ならいらない このままじゃ终わりたくないから 懐かしくて もう一度 更多更详尽歌词 在 焼き付いて离れない くたびれた颜で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 浊ったホシを探す 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた记忆に火を着けて胸が高鸣る 何度目の失败? 仆が台无しにした日は 仆が大事に想う日は 空しさだけじゃ届かない 理屈や理由ならいらない このままじゃ终わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて离れないんだ 正しさだけじゃ见えない 理屈や理由ならいらない 昙った夜 抜け出すから くたびれた颜に阳が射す おいてゆく身体が覚えてる そうさ まだこれからだ. 作詞:KENTA 作曲:KENTA 広い海を今日も進む 信じた思いが旗を掲げて まだ知らない世界の先に きっと繋がる未来を描いて 近道なんてもったいない これからも冒険は続くのでしょう いつも胸の中で笑う声が 迷う心をとばして 振り返れば近くにいる どんな時も恐れず舵を切って 他の誰かには譲れない これからも挑戦は続くのでしょう 嵐の夜に弱さを知れば 一人じゃ何も出来なかった 言葉はいらない 疑いもしない 涙一つ見せない あの日を超えるまで 誰にも奪えない真っ赤な炎 命ある限り 生き抜いた先に 見つけ 手に入れたいもの 出逢えた喜びが気付けば 誇りになっていたこと それぞれの夢が一つに繋がる 旅はまだ途中だろう 募る想い強く動く鼓動 生まれてきたこと 恨んでいた時も あったけれど 沈んだ毎日温もりをくれた今でも忘れない 強くなって守りたい仲間がいるから 狙い定め ためらうことなく ただド真ん中を 運命のイタズラ 激しい渦の中 受け継ぐ意志が遠退いていく ギリギリでひたすら 本気以外中途半端だ 重ねた日々が繋がっている 決意の朝に覚悟を決めた 涙一つ見せない あの日を超えるまで 誰にも奪えない真っ赤な炎 約束の場所で待っている頃 命ある限り 生き抜いた先に 見つけ 手に入れたもの 出逢えた喜びが気付けば 誇りになっていたこと それぞれの夢が一つに繋がる 旅はまだ途中だろう 募る想い強く動く鼓動 生まれてきたこと 恨んでいた時も あったけれど 例えば世界を敵に回してもかまわない 守り抜くんだよ 自由だって 見てみたい明日があるから 狙い定め ためらうことなく ただド真ん中へ 見に行こう Hey!! まだ知らぬ町へ 見に行こう Hey!! 仲間を増やして 見に行こう Hey!! もっともっと 逢いに行こう Hey!! 生まれた町まで 逢いに行こう Hey!! 久々宴だって 逢いに行こう Hey!! 地図にもない場所まで hiro i umi wo kyou mo susu mu sin zi ta omo i ga hata wo kaka ge te mada si ra nai sekai no saki ni kitto tuna garu mirai wo ega i te tikamiti nante mottainai korekara mo bouken ha tuzu ku no desyo u itumo mune no naka de wara u koe ga mayo u kokoro wo tobasi te hu ri kae re ba tika ku ni iru donna toki mo oso re zu kazi wo ki xtu te hoka no dare ka ni ha yuzu re nai korekara mo tyousen ha tuzu ku no desyo u arasi no yoru ni yowa sa wo si re ba hitori zya nani mo deki nakaxtu ta kotoba haira nai utaga i mo si nai namida hito tu mi se nai ano hi wo ko eru made dare ni mo uba e nai ma xtu ka na honoo inoti aru kagi ri i ki nu i ta saki ni mi tuke te ni i reta imo no dea e ta yoroko bi ga kizu ke ba hoko ri ni naxtu te i ta koto sorezore no yume ga hito tu ni tuna garu tabi ha mada totyuu daro u tuno ru omo i tuyo ku ugo ku kodou u marete ki ta koto ura n de i ta toki mo axtu ta keredo sizu n da mainiti nuku mori wo kure ta ima demo wasu renai tuyo ku naxtu te mamo ri tai nakama ga iru kara nera i sada me tamerau koto naku tada do ma n naka wo unmei no itazura hage sii uzu no naka u ke tu gu isi ga toono i te iku girigiri de hitasura honki igai tyuutohanpa da kasa ne ta hibi ga tuna gaxtu te iru ketui no asa ni kakugo wo ki me ta namida hito tu mi se nai ano hi wo ko eru made dare ni mo uba e nai ma xtu ka na honoo yakusoku no basyo de ma xtu te iru koro inoti aru kagi ri i ki nu i ta saki ni mi tuke te ni i reta mono dea e ta yoroko bi ga kizu ke ba hoko ri ni naxtu te i ta koto sorezore no yume ga hito tu ni tuna garu tabi ha mada totyuu daro u tuno ru omo i tuyo ku ugo ku kodou u marete ki ta koto ura n de i ta toki mo axtu ta keredo tato eba sekai wo teki ni mawa si te mo kamawa nai mamo ri nu ku n da yo ziyuu datte mi te mi tai asita ga aru kara nera i sada me tamerau koto naku tada do ma n naka he mi ni i ko u Hey ! ! mada si ra nu mati he mi ni i ko u Hey ! ! nakama wo hu yasi te mi ni i ko u Hey ! ! motto motto a i ni i ko u Hey ! ! u mare ta mati made a i ni i ko u Hey ! ! hisabisa utage datte a i ni i ko u Hey ! ! tizu ni mo nai basyo made. 誰かが台無しにした日も 誰もが大事に想う日も 優しさだけじゃ癒えない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 濁ったホシを探す 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて胸が高鳴る 何度目の失敗? net Lyrics ワニマ WANIMA — アゲイン 歌詞 Kindly like and share our content. 爽やかなキラーチューンで今回もヒットしそうな予感満載です。

もっと

アゲイン 歌詞『WANIMA』

。 Preview Open KKBOX アゲイン Lyricist: KENTA Composer: KENTA 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 曇った夜を照らす 青臭くて頼りない開きかけのツボミが 塞いだままのココロにきっかけをくれて ごく普通のどこにでもある繰り返す景色が 忘れられない舞台になる 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて声が重なる 何度目の挑戦? 誰かが台無しにした日も 誰もが大事に想う日も 優しさだけじゃ癒えない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 濁ったホシを探す 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて胸が高鳴る 何度目の失敗? 僕が台無しにした日は 僕が大事に想う日は 空しさだけじゃ届かない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れないんだ 正しさだけじゃ見えない 理屈や理由ならいらない 曇った夜 抜け出すから くたびれた顔に陽が射す おいてゆく身体が覚えてる そうさ まだこれからだ. 懐 なつかしくて もう 一度 いちど 焼 やき 付 ついて 離 はなれない くたびれた 顔 かおで 目 めが 覚 さめる おいてゆく 身体 からだが 望 のぞんでる 曇 くもった 夜 よるを 照 てらす 青臭 あおくさくて 頼 たよりない 開 ひらきかけのツボミが 塞 ふさいだままのココロにきっかけをくれて ごく 普通 ふつうのどこにでもある 繰 くり 返 かえす 景色 けしきが 忘 わすれられない 舞台 ぶたいになる 知 しりたくないことも 知 しって 聴 ききたくない 音 おとも 聴 きいた 善 ぜんも 悪 あくも 胸 むねの 中 なかしまえ 封 ふうじ 込 こめた 記憶 きおくに 火 ひを 着 つけて 声 こえが 重 かさなる 何度目 なんどめの 挑戦 ちょうせん? 誰 だれかが 台無 だいなしにした 日 ひも 誰 だれもが 大事 だいじに 想 おもう 日 ひも 優 やさしさだけじゃ 癒 いえない 理屈 りくつや 理由 りゆうならいらない このままじゃ 終 おわりたくないから 懐 なつかしくて もう 一度 いちど 焼 やき 付 ついて 離 はなれない くたびれた 顔 かおで 目 めが 覚 さめる おいてゆく 身体 からだが 望 のぞんでる 濁 にごったホシを 探 さがす 知 しりたくないことも 知 しって 聴 ききたくない 音 おとも 聴 きいた 善 ぜんも 悪 あくも 胸 むねの 中 なかしまえ 封 ふうじ 込 こめた 記憶 きおくに 火 ひを 着 つけて 胸 むねが 高鳴 たかなる 何度目 なんどめの 失敗 しっぱい? 僕 ぼくが 台無 だいなしにした 日 ひは 僕 ぼくが 大事 だいじに 想 おもう 日 ひは 空 むなしさだけじゃ 届 とどかない 理屈 りくつや 理由 りゆうならいらない このままじゃ 終 おわりたくないから 懐 なつかしくて もう 一度 いちど 焼 やき 付 ついて 離 はなれないんだ 正 ただしさだけじゃ 見 みえない 理屈 りくつや 理由 りゆうならいらない 曇 くもった 夜 よる 抜 ぬけ 出 だすから くたびれた 顔 かおに 陽 ひが 射 さす おいてゆく 身体 からだが 覚 おぼえてる そうさ まだこれからだ 懐 natsu かしくて kashikute もう mou 一度 ichido 焼 ya き ki 付 tsu いて ite 離 hana れない renai くたびれた kutabireta 顔 kao で de 目 me が ga 覚 sa める meru おいてゆく oiteyuku 身体 karada が ga 望 nozo んでる nderu 曇 kumo った tta 夜 yoru を wo 照 te らす rasu 青臭 aokusa くて kute 頼 tayo りない rinai 開 hira きかけの kikakeno ツボミ tsubomi が ga 塞 fusa いだままの idamamano ココロ kokoro にきっかけをくれて nikikkakewokurete ごく goku 普通 futsuu のどこにでもある nodokonidemoaru 繰 ku り ri 返 kae す su 景色 keshiki が ga 忘 wasu れられない rerarenai 舞台 butai になる ninaru 知 shi りたくないことも ritakunaikotomo 知 shi って tte 聴 ki きたくない kitakunai 音 oto も mo 聴 ki いた ita 善 zen も mo 悪 aku も mo 胸 mune の no 中 naka しまえ shimae 封 fuu じ ji 込 ko めた meta 記憶 kioku に ni 火 hi を wo 着 tsu けて kete 声 koe が ga 重 kasa なる naru 何度目 nandome の no 挑戦 chousen? 誰 dare かが kaga 台無 daina しにした shinishita 日 hi も mo 誰 dare もが moga 大事 daiji に ni 想 omo う u 日 hi も mo 優 yasa しさだけじゃ shisadakeja 癒 i えない enai 理屈 rikutsu や ya 理由 riyuu ならいらない narairanai このままじゃ konomamaja 終 o わりたくないから waritakunaikara 懐 natsu かしくて kashikute もう mou 一度 ichido 焼 ya き ki 付 tsu いて ite 離 hana れない renai くたびれた kutabireta 顔 kao で de 目 me が ga 覚 sa める meru おいてゆく oiteyuku 身体 karada が ga 望 nozo んでる nderu 濁 nigo った tta ホシ hoshi を wo 探 saga す su 知 shi りたくないことも ritakunaikotomo 知 shi って tte 聴 ki きたくない kitakunai 音 oto も mo 聴 ki いた ita 善 zen も mo 悪 aku も mo 胸 mune の no 中 naka しまえ shimae 封 fuu じ ji 込 ko めた meta 記憶 kioku に ni 火 hi を wo 着 tsu けて kete 胸 mune が ga 高鳴 takana る ru 何度目 nandome の no 失敗 shippai? 僕 boku が ga 台無 daina しにした shinishita 日 hi は ha 僕 boku が ga 大事 daiji に ni 想 omo う u 日 hi は ha 空 muna しさだけじゃ shisadakeja 届 todo かない kanai 理屈 rikutsu や ya 理由 riyuu ならいらない narairanai このままじゃ konomamaja 終 o わりたくないから waritakunaikara 懐 natsu かしくて kashikute もう mou 一度 ichido 焼 ya き ki 付 tsu いて ite 離 hana れないんだ renainda 正 tada しさだけじゃ shisadakeja 見 mi えない enai 理屈 rikutsu や ya 理由 riyuu ならいらない narairanai 曇 kumo った tta 夜 yoru 抜 nu け ke 出 da すから sukara くたびれた kutabireta 顔 kao に ni 陽 hi が ga 射 sa す su おいてゆく oiteyuku 身体 karada が ga 覚 obo えてる eteru そうさ sousa まだこれからだ madakorekarada. 誰かが台無しにした日も 誰もが大事に想う日も 優しさだけじゃ癒えない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 濁ったホシを探す 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて胸が高鳴る 何度目の失敗? 僕が台無しにした日は 僕が大事に想う日は 空しさだけじゃ届かない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れないんだ 正しさだけじゃ見えない 理屈や理由ならいらない 曇った夜 抜け出すから くたびれた顔に陽が射す おいてゆく身体が覚えてる そうさ まだこれからだ. Lyrics WANIMA — アゲイン 歌詞 Singer: WANIMA Title: アゲイン 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 曇った夜を照らす 青臭くて頼りない開きかけのツボミが 塞いだままのココロにきっかけをくれて ごく普通のどこにでもある繰り返す景色が 忘れられない舞台になる 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて声が重なる 何度目の挑戦? boku ga dainashi ni shita hi wa boku ga daiji ni omou hi wa munashisa dake ja todokanai rikutsu ya riyuu nara iranai kono mama ja owaritakunai kara natsukashikute mou ichido yakitsuite hanarenain da tadashisa dake ja mienai rikutsu ya riyuu nara iranai kumotta yoru nukedasu kara kutabireta kao ni hi ga sasu oite yuku karada ga oboeteru sou sa mada kore kara da. WANIMA アゲイン 作詞:KENTA 作曲:KENTA 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 曇った夜を照らす 青臭くて頼りない開きかけのツボミが 塞いだままのココロにきっかけをくれて ごく普通のどこにでもある繰り返す景色が 忘れられない舞台になる 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて声が重なる 何度目の挑戦? 誰かが台無しにした日も 誰もが大事に想う日も 優しさだけじゃ癒えない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 もっと沢山の歌詞は 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 濁ったホシを探す 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて胸が高鳴る 何度目の失敗? 僕が台無しにした日は 僕が大事に想う日は 空しさだけじゃ届かない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れないんだ 正しさだけじゃ見えない 理屈や理由ならいらない 曇った夜 抜け出すから くたびれた顔に陽が射す おいてゆく身体が覚えてる そうさ まだこれからだ. 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れないんだ 正しさだけじゃ見えない 理屈や理由ならいらない 曇った夜 抜け出すから くたびれた顔に陽が射す おいてゆく身体が覚えてる そうさ まだこれからだ natsukashikute mou ichido yakitsuite hanarenai kutabireta kao de me ga sameru oite yuku karada ga nozonderu kumotta yoru wo terasu aokusakute tayorinai hirakikake no tsubomi ga fusaida mama no kokoro ni kikkake wo kurete goku futsuu no doko ni demo aru kurikaesu keshiki ga wasurerarenai butai ni naru shiritakunai koto mo shitte kikitakunai oto mo kiita zen mo aku mo mune no naka shimae fuujikometa kioku ni hi wo tsukete koe ga kasanaru nandome no chousen? この歌は君がこんな僕にくれた 言葉や想いが全部 忘れずに 間違わずに届きますように Letra lyrics lyric letras versuri musiek lirieke tekstet paroles. 僕が台無しにした日は 僕が大事に想う日は 空しさだけじゃ届かない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れないんだ 正しさだけじゃ見えない 理屈や理由ならいらない 曇った夜 抜け出すから くたびれた顔に陽が射す おいてゆく身体が覚えてる そうさ まだこれからだ. And please follow our blogs for the latest and best Japanese JPOP music, songs, pops and ballads. WANIMA アゲイン Lyricist:KENTA Composer:KENTA 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 曇った夜を照らす 青臭くて頼りない開きかけのツボミが 塞いだままのココロにきっかけをくれて ごく普通のどこにでもある繰り返す景色が 忘れられない舞台になる 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて声が重なる 何度目の挑戦? 誰かが台無しにした日も 誰もが大事に想う日も 優しさだけじゃ癒えない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 Find more lyrics at 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 濁ったホシを探す 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて胸が高鳴る 何度目の失敗? 僕が台無しにした日は 僕が大事に想う日は 空しさだけじゃ届かない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れないんだ 正しさだけじゃ見えない 理屈や理由ならいらない 曇った夜 抜け出すから くたびれた顔に陽が射す おいてゆく身体が覚えてる そうさ まだこれからだ. KENTAの野太い高音にメロディックなサウンド。 メゾン・ド・ポリスの為に描き下ろしたというアゲインですが、ドラマの雰囲気に非常にマッチしていました。 WANIMAの新曲『 アゲイン』カッコよすぎぃ — しょーや shoya1028 藤くんのドラムで鳥肌 刑事ゆがみ以来のこの感覚 やっぱりテレビでWANIMA聴けるっていいな〜🥴 — a. 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 曇った夜を照らす 青臭くて頼りない開きかけのツボミが 塞いだままのココロにきっかけをくれて ごく普通のどこにでもある繰り返す景色が 忘れられない舞台になる 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて声が重なる 何度目の挑戦? 誰かが台無しにした日も 誰もが大事に想う日も 優しさだけじゃ癒えない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れない くたびれた顔で目が覚める おいてゆく身体が望んでる 濁ったホシを探す 知りたくないことも知って 聴きたくない音も聴いた 善も悪も胸の中しまえ 封じ込めた記憶に火を着けて胸が高鳴る 何度目の失敗? 僕が台無しにした日は 僕が大事に想う日は 空しさだけじゃ届かない 理屈や理由ならいらない このままじゃ終わりたくないから 懐かしくて もう一度 焼き付いて離れないんだ 正しさだけじゃ見えない 理屈や理由ならいらない 曇った夜 抜け出すから くたびれた顔に陽が射す おいてゆく身体が覚えてる そうさ まだこれからだ. oh~痛みを知らない アイツに手を振って oh~魔法が今解けてゆく 楽しみは後にとっておこう 胸が弾けて 透き通る青空 ココロの地図広げ やりきろうぜっ、ジブンらしく。

もっと

アゲインの歌詞

。 。 。 。 。 。

もっと

WANIMA GONG

もっと