週刊 文春 森友。 「なぜこのネタを出さないんですか!」森友問題“遺書”スクープ記者がNHKを見限った瞬間

森友事件で自死 財務局職員の妻がネットで再調査求める署名活動開始(相澤冬樹)

だが、今回、その路線が多くの読者の支持を得たということで、加藤氏としても面目躍如となっただろう。

もっと

「週刊文春」上半期の実売部数が前年同期比104.4%に 定期購読も急増

この方の生い立ちや、お涙頂戴の物語は事件の本質とは何の関係もない。 一方で、「やっぱりスクープが大事なんだ」という短絡的な結論だけを導く若い記者ができる限り増えないことを願いたい。 私も心から応援しております。 O氏が『ニュース7にもクロ現にも出る』と言っていたので、報道局長が『野党議員の言うままに放送できるか!』と」 私は、クロ現に新ネタを出したいという一心でここまで取材してきた。

もっと

NHK森友スクープ記者が実名証言「特ダネへの圧力」(文春オンライン) 赤かぶ

この人もNHKを辞めて、難病の子供たちのための福祉施設に転職していた。 そこで週刊文春編集部はこの記事について 毎日新聞に抗議し回答を求めました。 昭恵氏の名誉校長就任が核心なのに、それゆえに放送を躊躇(ためら)ったとしか思えない。 小誌は、今後も取材を続けてまいります」とコメントした。 掲載のタイミングも、書き手と遺族の意向を重視した自然な結果だろう。 「週刊文春では安倍政権に限らず、どこかには手を出さないといったタブーはいっさいありません。

もっと

森友裁判 赤木俊夫さん 「決死のファイル」を公開せよ(大阪日日新聞記者・相澤冬樹):週刊文春デジタル:週刊文春デジタル(週刊文春デジタル)

右が改ざん前、左が改ざん後。 大丈夫ですよ」 こういう記事が出ると、私は赤木雅子さんにチクることにしています。 「 発言のいいとこ取り」はマスコミの得意技ですが、そういうことをたしなめるのが コラムを任されるベテラン記者のはずなのに、一体どうしたことでしょう。

もっと

自殺した財務省職員・赤木俊夫氏が遺した「手記」全文【森友スクープ全文公開#4】

「悪魔の照明」をしろなんて言うのは、自分が馬鹿ですと言ってるに等しい。 確かにウェブ版の記事を見ると、「一連の裁判手続きのなかで詳しい発言が明らかになるのは初めて」と、前にはなかった言葉が付け加わっています。 香港や、ウイグル、モンゴル、チベットの人権問題を何故に追及しないのか。

もっと

「すべて佐川局長の指示です」――森友問題で自殺した財務省職員が遺した改ざんの経緯【森友スクープ全文公開#1】

また、奥様の勇気には本当に敬服いたします。 大阪放送局最上階にある局長応接室。 以後、河村氏からは連絡がなかったものの、9月14日の発表数日前に「あくまでフィクション」のため、タイトルも「新聞記者」のまま、制作する旨が雅子さんに通告されたのだった。 今回、大阪日日新聞記者・相澤冬樹氏が昌子さんから詳細な記録の提供を受け、新たな重要証言を把握した。

もっと

「すべて佐川局長の指示です」――森友問題で自殺した財務省職員が遺した改ざんの経緯【森友スクープ全文公開#1】

大陸や半島の人もそう。 発売中のメイン記事を無料で全文公開するのは、初めてのことです。 NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』の著者である相澤冬樹さんのスクープです。 桜の事だって鳩山や民主党ののやっていたことを安倍首相はまねしただけだろ。 新聞を購読している読者にそのことは伝わりません。 非科学的な行動に対して、「意味はない、間違っている」と言い続けているのが専門家集団であるカのCDCだ。

もっと

「今後もそのような記事を期待しております」……小泉今日子から「週刊文春」への長文メール

要約すると、以下のような内容だった。 野田中央公園の事や、加戸前知事の事は全く報道せず、関生と政治家との関係なども全く報道しないマスコミに人の事をあれこれ言う資格など全くない。 ひろゆきはなぜ「日本の未来」を憂うのか?• 大阪・梅田の喫茶店。 実は今まで報じられていないが、この日の夕方に呼び出された一人がBさんだった。 あまり書きすぎると個別に叱られそうなので詳細は控えておくが、 廃刊、謹慎、クーデターなどの挫折から這い上がってきた人たち、つまりは彼らも「みんな」だ。

もっと