魂 を 抱い て くれ 歌詞。 氷室京介「魂を抱いてくれ」の楽曲(シングル)・歌詞ページ|21904780|レコチョク

魂を抱いてくれ 歌詞「氷室京介」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

歌手: 作詞: 作曲: 雨粒の中 街翳が回る 微睡む君の睫毛を朝が 綺麗に縁取る 柔な生き方笑ってた俺が 優しい鼓動 時計代わりに こうして生きてる シーツの波間へと俺たち漂う小舟 裸のままカップに 珈琲注いだ 魂を抱いてくれ 都会で色褪せた 胸の汚点その爪で そっとこすり落して 魂を抱いてくれ 自分だけを愛して 生きてきたわがままな俺の 背中を抱いて 原色の夏 砂まみれのキス 熱さが消えて透明な秋 愛だけ残った 打ちのめされたとき隣にいるだけでいい 痛みをわけあえたら それでいいから 魂を抱いてくれ むき出しの両手で かっこなどつけてない 真実のこの俺を 魂を抱いてくれ 心を読んでくれ 話せない大切な言葉 瞳を覗いて 静かにこのまま. 1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 実際の商品の音質とは異なります。 詳しくは をご確認ください。 。

もっと

氷室京介 魂を抱いてくれ 歌詞

0kHz 量子化ビット数:24bit• 氷室京介さん『魂を抱いてくれ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 雨粒の中 街翳が回る 微睡む君の睫毛を朝が 綺麗に縁取る 柔な生き方笑ってた俺が 優しい鼓動 時計代わりに こうして生きてる シーツの波間へと俺たち漂う小舟 裸のままカップに 珈琲 注いだ 魂を抱いてくれ 都会で色褪せた 胸の汚点その爪で そっとこすり落して 魂を抱いてくれ 自分だけを愛して 生きてきたわがままな俺の 背中を抱いて 原色の夏 砂まみれのキス 熱さが消えて透明な秋 愛だけ残った 打ちのめされたとき 隣にいるだけでいい 痛みをわけあえたら それでいいから 魂を抱いてくれ むき出しの両手で かっこなどつけてない 真実のこの俺を 魂を抱いてくれ 心を読んでくれ 話せない大切な言葉 瞳を覗いて 静かにこのまま. 雨粒の中 街翳が回る 微睡む君の睫毛を朝が 綺麗に縁取る 柔な生き方笑ってた俺が 優しい鼓動 時計代わりに こうして生きてる シーツの波間へと俺たち漂う小舟 裸のままカップに 珈琲注いだ 魂を抱いてくれ 都会で色纈せた 胸の汚点その爪で そっとこすり落して 魂を抱いてくれ 自分だけを愛して 生きてきたわがままな俺の 背中を抱いて 原色の夏 砂まみれのキス 熱さが消えて透明な秋 愛だけ残った 打ちのめされたとき隣にいるだけでいい 痛みをわけあえたら それでいいから 魂を抱いてくれ むき出しの両手で かっこなどつけてない 真実のこの俺を 魂を抱いてくれ 心を読んでくれ 話せない大切な言葉 瞳を覗いて 静かにこのまま. ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 雨粒の中 街翳が回る 微睡む君の睫毛を朝が 綺麗に縁取る 柔な生き方笑ってた俺が 優しい鼓動 時計代わりに こうして生きてる シーツの波間へと俺たち漂う小舟 裸のままカップに 珈琲注いだ 魂を抱いてくれ 都会で色褪せた 胸の汚点その爪で そっとこすり落して 魂を抱いてくれ 自分だけを愛して 生きてきたわがままな俺の 背中を抱いて 原色の夏 砂まみれのキス 熱さが消えて透明な秋 愛だけ残った 打ちのめされたとき隣にいるだけでいい 痛みをわけあえたら それでいいから 魂を抱いてくれ むき出しの両手で かっこなどつけてない 真実のこの俺を 魂を抱いてくれ 心を読んでくれ 話せない大切な言葉 瞳を覗いて 静かにこのまま Powered by この曲を購入する. 雨粒の中 街翳が回る 微睡む君の睫毛を朝が 綺麗に縁取る 柔な生き方笑ってた俺が 優しい鼓動 時計代わりに こうして生きてる シーツの波間へと 俺たち漂う小舟 裸のままカップに 珈琲注いだ 魂を抱いてくれ 都会で色褪せた 胸の汚点その爪で そっとこすり落して 魂を抱いてくれ 自分だけを愛して 生きてきたわがままな俺の 背中を抱いて 原色の夏 砂まみれのキス 熱さが消えて透明な秋 愛だけ残った 打ちのめされたとき隣にいるだけでいい 痛みをわけあえたら それでいいから 魂を抱いてくれ むき出しの両手で かっこなどつけてない 真実のこの俺を 魂を抱いてくれ 心を読んでくれ 話せない大切な言葉 瞳を覗いて 静かにこのまま. 氷室京介 魂を抱いてくれ 作詞:松本隆 作曲:氷室京介 雨粒の中 街翳が回る 微睡む君の睫毛を朝が 綺麗に縁取る 柔な生き方笑ってた俺が 優しい鼓動 時計代わりに こうして生きてる シーツの波間へと 俺たち漂う小舟 裸のままカップに 珈琲注いだ 魂を抱いてくれ 都会で色褪せた 胸の汚点その爪で そっとこすり落して 魂を抱いてくれ 自分だけを愛して もっと沢山の歌詞は 生きてきたわがままな俺の 背中を抱いて 原色の夏 砂まみれのキス 熱さが消えて透明な秋 愛だけ残った 打ちのめされたとき隣にいるだけでいい 痛みをわけあえたら それでいいから 魂を抱いてくれ むき出しの両手で かっこなどつけてない 真実のこの俺を 魂を抱いてくれ 心を読んでくれ 話せない大切な言葉 瞳を覗いて 静かにこのまま. ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 雨粒の中 街翳が回る 微睡む君の睫毛を朝が 綺麗に縁取る 柔な生き方笑ってた俺が 優しい鼓動 時計代わりに こうして生きてる シーツの波間へと俺たち漂う小舟 裸のままカップに 珈琲注いだ 魂を抱いてくれ 都会で色褪せた 胸の汚点その爪で そっとこすり落して 魂を抱いてくれ 自分だけを愛して 生きてきたわがままな俺の 背中を抱いて 原色の夏 砂まみれのキス 熱さが消えて透明な秋 愛だけ残った 打ちのめされたとき隣にいるだけでいい 痛みをわけあえたら それでいいから 魂を抱いてくれ むき出しの両手で かっこなどつけてない 真実のこの俺を 魂を抱いてくれ 心を読んでくれ 話せない大切な言葉 瞳を覗いて 静かにこのまま. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 氷室京介さん『魂を抱いてくれ』の歌詞 タマシイヲダイテクレ words by マツモトタカシ music by ヒムロキョウスケ Performed by ヒムロキョウスケ. <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

もっと

魂を抱いてくれ 氷室京介 歌詞情報

。 。 。 。

もっと

歌詞 「魂を抱いてくれ」氷室京介 (無料)

。 。 。 。 。 。

もっと

魂を抱いてくれの歌詞

もっと

魂を抱いてくれ 歌詞 氷室京介 ※ predina.com

。 。 。 。 。 。 。

もっと