美しく 青き ドナウ。 ヤマハ

【聴きたい!】クラシック名盤 ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「美しく青きドナウ」 ウィーンの粋「第2の国歌」

でも、やっぱ、僕はおんなじ素材でもJ・シュトラウスの方が好きだな。 これは大変名演だと思うドヴォルザークの「新世界」の余白に入っているものであり、すでに そっちで買ってるならわざわざ「わが祖国」を別の演奏で買い直さなくてもこと足りてしまうかもしれません。 () に宛ててシュトラウス2世はこう書いている。 5月28日、パリのオーストリア大使館でのイベントでは、臨席したフランス皇帝からも賞賛を受けたという。

もっと

【聴きたい!】クラシック名盤 ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「美しく青きドナウ」 ウィーンの粋「第2の国歌」

「第二の国歌」へ [ ] (、において撮影) 1867年4月、が開催されると、シュトラウス2世は弟のとにウィーンを任せて単身パリに向かった。 そして上昇下降の同じ音型が弦に引き渡されると少し川幅が広くなって渦 巻く川面のようですが、すぐにこの曲の中心となる有名なテーマが出てきます。 そこからクレッシェンドして行ってパパパパとトランペットが夢を覚ま し、再度最初の「ラ・マントヴァーナ」の中心主題に戻って来てしばらく歌われます が、もう一度金管のパパパパという鋭い音が、今度は激しく奏されると「聖ヤン(ヨハネ)の急流」です。 農民も地主も芸術家も政治家もイヤなことはきれいさっぱり忘れ、「踊れ踊れ、そら踊れ!」とけしかける内容だったためなのか、この合唱版が1867年2月15日、ディアナザールという音楽堂で初演されたときのウィーン子たちの反応はまずまずだったものの、当のシュトラウス2世にとっては不本意な結果だったようで、「ワルツは迫力不十分だったかもしれない」と後年、手紙に書いています。 いと美しく青きドナウよ 谷を越え野をつらぬき おだやかに流れゆく われらが都ウィーンは あなたにあいさつを送ろう あなたの銀色の帯は 土地と土地を結び その美しい岸辺に立ち わが胸は歓喜に高鳴る 1899年6月3日、ヨハン・シュトラウス2世は73歳でこの世を去ります。

もっと

ヘルベルト・フォン・カラヤン/美しく青きドナウ~シュトラウス:ワルツ・ポルカ・マーチ集 [UHQCD x MQA

ドナウ川が美しい青色に見えるのはに入ってからといわれ 、ベックがハンガリー人であることからも推測できるが、この詩はそもそもハンガリー(おそらく国土の南部 )を流れるドナウ川のほとりを舞台にした恋の詩だと考えられている。 低音が出ている感じは75年盤の方があるものの、その分67年盤は中低域のやわらかさがあ る のでよりふくよかに感じます。 歌詞を付ける作業は一筋縄ではいかなかった。 この曲が美しい青い川と称えて いるのは、流 域二番目の国、オーストリアはウィーンを流れる姿なのです(ハンガリーだとする説もあります)。

もっと

J.シュトラウスⅡ世:ワルツ「美しき青きドナウ」【2枚の名盤も解説】ウィンナ・ワルツに心も踊らせよう♬

ただ、チェリビダッ ケの演奏にはやはり何かちょっと神秘的なところがあります。 ヨハン・シュトラウス(1825-1899)は数多くのワルツを作曲したが「美しく青きドナウ」は最も人気の作品と言ってもいい。 。 そしてもちろん、、ブラームス、、も作曲した。 初演は不評に終わったと言われることが多いが、実際のところ当時のウィーンの新聞の多くはこの初演の成功を報じている。

もっと

美しく青きドナウ ヨハン・シュトラウス2世

それが、 クラシック音楽の、醍醐味ですよね。 Barca pe valuri pluteste usoooooor. たくさんのアーティストのさまざまな演奏を聴くことができます。

もっと

ヤマハ

ですのでここで取り上げる のもそのウィーン・フィルとの1985年盤にします。 そうした相反する二つの面をバロックとロマン派という作品の時 期、あるいは本人の演奏時期やその時々の狙いから使い分けた才能豊かな人で、モルダウに関してはバロック作品での過激さは出さず、やさしい演奏です。 踊りの前にイントロ(序奏)があって、それが素晴らしいのです。 ヴァイルはこうした世相において、プロイセンに敗北したことはもう忘れようと明るく呼びかける内容の愉快な歌詞を付けた。 新たに付けられた歌詞は、かつてヴァイルが付けたものとはまったく異なる荘厳なであった。 因み に本物のオーストリア国歌はちょっと前まではドイツ国歌と同じメロディーだったハイドン作で、「皇帝」四重奏の第二楽章にも使われたものでしたが、現在は モーツァルトがフリーメイソンのために書いた曲(そっくりですが異説あり)を原曲にしていると言われる「山岳の国、大河の国」となっています。

もっと