やぐら ナルト。 【ナルコレ】乱舞・やぐら

【ナルコレ】やぐら[海鳴の嶺獣]の評価とスキル・ステータスの詳細

自身を殺したサソリを相当恨んでおり、蘇生された際には恨み言を述べていた。 九尾を体に封じられた人柱力である。

もっと

【NARUTO】三代目水影がやぐらってどういうこと?人物像や経歴を徹底解説!

十尾の復活後は十尾から自分達を庇ったネジの死に動揺するナルトの下へ駆けつけ、ナルトの頬を叩いてネジの死を無駄にしないように激励して立ち直らせた。 マダラの完全復活後にはマダラによって牛鬼を抜かれるが、切り離された牛鬼のタコ足に触れていたため生き残っていた。

もっと

逆行したナルトの物語 完結

第四次忍界大戦では第1部隊に配属され、雲隠れの金角・銀角との戦闘では金角が落とした六道仙人の宝具・芭蕉扇を拾い善戦するが、芭蕉扇に多量のチャクラを吸収されたため夜にはダウンした。 カカシの素顔を暴こうとするナルト・サスケ・サクラに協力するが、ことごとく失敗に終わりナルトたちと別れ去っていった。 幼少期の頃より、忍としての才能が5歳下の妹ハナビに劣っていたことから、父のヒアシには後継者として認められず、加えて分家の叔父ヒザシの遠因を作ったことで従兄のネジに憎まれるなど、孤独に苛まれる幼少期を過ごしてきた。

もっと

霧隠れの六尾・人柱力 ウタカタ・・・泡沫の人生 (NARUTO登場人物考察)

さらには尾獣の一つである三尾の人柱力でもあり、三尾を完全に制御できていた人物でもあります。 第四次忍界大戦終結の約10年後には精悍な青年へと成長し、最終話ではかつてのイルカやナルトのように悪戯をするボルトを叱るなど、精神的にも成長している。 太い眉毛に黒髪のおかっぱ頭で、自家製の緑色のボディスーツに脚絆を装着している。 第四次忍界大戦では第5部隊に配属されて敵として蘇生されたアスマと再会、自分を倒すよう促すアスマを攻撃することができず苦しむも、シカマルやいの、チョウザの言葉で吹っ切れ、秘伝の丸薬を使わずに「蝶チョウジモード」を発動させ、猪鹿蝶のコンビネーションでアスマを倒した。 木ノ葉崩しの際はカンクロウと共に我愛羅を連れて逃走するが、サスケと戦おうとする我愛羅に木に叩きつけられ戦いを見守った。 第四次忍界大戦では第3部隊に配属され、穢土転生で蘇った血継限界の忍や忍刀七人衆達と交戦、敵を全滅させる。

もっと

枸橘やぐら(ナルト)のwikiや強さを調査!4代目水影だが操られていた?

髪色は金髪でに小さな青いの(これは後述する額に溜め込んだチャクラである)がある。 加藤ダン(かとう ダン) 声 - 綱手の最愛の恋人にしてシズネの叔父。 しかし、その真意は、時に非情な決断を迫られる当主の役目を果たすには彼女の性格が優しすぎる点を案じていたためであり、内心は複雑な感情を抱いていた。 兄の死後はその意志を継いで火影に就任、忍者学校や木ノ葉警務部隊などの組織を設立し、里の基盤を築きあげた。 主に水遁系の術を使用する。

もっと

NARUTOの四代目水影やぐらが出てくるのはアニメの何話ですか?...

第一部の中忍試験では、ペーパーテストでは奇壊蟲を使ってカンニングに成功。

もっと