コロナ 外食。 外食で「閉店ラッシュ」、迫る経営破綻の危機

外食・中食産業の振興:農林水産省

コロナ禍が終息したら、焼き肉店以外の飲食店にもお客さまが流れるため、増え過ぎた焼き肉店の中には当然、選ばれない店も出てくるでしょう。 一番注意すべきは接触感染リスクだ。 まず「飛沫感染」の防止策としては、理想はしっかりと席間が確保されている店を利用することだが、現実問題としてそういう店ばかりがあるわけではない。

もっと

コロナで始まった「郊外型チェーン飲食店」の逆襲 はま寿司、すき家は有望

また、The National Restaurant Association(全国レストラン協会)の予測では、今後3ヶ月間の飲食業界全体の損失は、2,250億ドル(約24兆3,000万円、1ドル=約107円)にも上ると言われている。 新型コロナウイルスの感染不安が続く中、換気が十分にされていれば感染リスクは低いといわれていますので、『安心できる』イメージのある焼き肉店が話題になっており、コロナ終息まではイメージ的に有利だと思います。 前述のように、デリバリーサービスやお弁当販売、自家製パスタや手作りパンの食料品販売を行い、店内での食事以外にその店の味を楽しんでもらうことも新たな策のひとつだ。

もっと

外食・中食産業の振興:農林水産省

そのためには今一度感染症対策の基本をしっかりと理解して、それに即した行動を取る必要がある。 「実際にお店の様子を見て確認」しているのは65%で、半数以上にのぼった。 地域の実情に応じて、一人一人がしっかり考えながら選び取っていくしかないのかもしれません。 6月と8月を比較すると、 外食をしない理由として、「自粛すべきだから」という理由は減少し、一方で「感染が不安」と答えた人は増えている。 他社は、売上高がマイナス、営業利益も大幅減少か赤字転落である。 自宅でゆったりまったりしながら、生ビールさながらの味が楽しめる、新型の「プレモル 神泡サーバー」などはいい例だ。

もっと

コロナで変わる外食産業の「勝ち組」、サイゼリヤ・KFC・マクドナルドらの決算をチェック! (1/2):MONEYzine:資産運用とお金のこと、もっと身近に

マー氏は、「まず、そのバーやレストランで十分な換気が行われている必要がある」とした上で、「食べている間はどうしてもマスクを外す必要があるので、(新型コロナウイルスの流行が)終息するまでは屋内のレストランに行くのは控えている」と付け加えた。 飲食店コンサルタントの成田良爾さんに聞きました。

もっと

新型コロナウイルスが外食・娯楽・旅行関連消費に与えた影響と需要回復の展望

コロナでの外食。 そのため、焼き肉店の出店や業態転換が増えていると考えられます」 Q. ごめんね」と同じように胸を痛めている人からのコメントのほか、店舗経営者から「来てくださいとも言えない歯痒さがたまりません。 セミナーの後半では、「ホットペッパーグルメ外食総研」エヴァンジェリストの竹田クニ氏が登壇し、実際の事例を交えながらwithコロナ時代に適応する飲食店の取り組みを紹介した。 同様に、テーブルの上の調味料、醤油や七味唐辛子、爪楊枝などは、長時間置かれている状態であるため、こちらも同様のことが考えられます。 ですが、スペースが保たれていることで、お客さんたちが安心して当店を利用してくれるだろうと思います」と語った。 外食・中食・内食(小売)のボーダーレス化が進む昨今においては、メニューや接客の質だけでなく、消費者の都合に合わせた柔軟な営業スタイルが飲食店に求められているのかもしれない。 2%)」といった回答が上位にランクイン。

もっと