ゲッター ビーム。 ゲッタービーム (げったーびーむ)とは【ピクシブ百科事典】

ブラックゲッター

対する「 ゲッタービーム」はブレイク状態の敵に対する照準UPからの超火力、カウンターでの被弾回数軽減が魅力です。 破界篇では竜馬、隼人、武蔵の元祖ゲッターチームの愛機として参戦。 連載開始。 こちらは早乙女博士が作った純粋な地上人のゲッターで、デザインも違う。 格闘の技として ゲッターキック、ダブルキックなどもある。

もっと

ゲッターロボ(機体)

シャインスパークが追加されて以降は、以前にも増して「トドメ役」としての地位が確立された感が有り、エネルギー切れや着弾寸前での回避を除けばが最後まで打開策を見出せなかった事も相俟って、最終的にゲッターGの「切り札」的存在にまで昇り詰めたと言える。 形態では最強の90万馬力を誇り両手を振り回して怪力を活かした ゲッタースマッシュなどもある。 5年前に突然失踪していたが、その正体は恐竜帝国の帝王ゴールの娘・王女ゴーラで、恐竜帝国のスパイとして人間の姿に変えられた上で早乙女家に送り込まれ、ゲッターQの設計図ができあがった所でそれを盗み出して帝国に戻っていた。

もっと

ブラックゲッター

序盤の貴重な宇宙Aのスーパー系。 地球はゲッター線で汚染され、周囲一帯は壊滅。 恐竜帝国による早乙女研究所への大規模な侵攻が迫る中、竜馬が負傷と記憶喪失のためゲットマシンに搭乗できない状況下で完成間近の新型ゲッターロボの存在を早乙女博士から内密に知らされ、その完成と反攻作戦成功を図るべく単身で出撃。 プラズマ駆動の為にエネルギーが有限という弱点があるが、恐竜帝国の新型とも十二分に渡り合える性能を有している。 強制出撃の機会が多く、他のスーパーロボットと比べても打たれ弱い傾向は相変わらずなのでやの改造や、雑魚戦はに任せる、もしくはに逃げるなどの必要がある。 今回使用する武器は 威力 205% 命中 +25% 射程 2 アクション 3 回数 4 メインスロット ・ゲッタートマホークの必殺技威力が20%UP ・戦闘回数に応じて攻撃力が5. 今際の際に「地球侵略のためには、まずゲッターロボを倒すこと」とゴールに進言し、潔く自決する。

もっと

ゲッタービーム (げったーびーむ)とは【ピクシブ百科事典】

パイロットの地形適応がちゃんと表示されるようになったので、ムサシを乗せようとするプレイヤーは減ったと思われる。 キャプテン メカザウルスを操縦する、恐竜帝国の上級士官。 リアル系でもスーパー系でも1話で仲間になり、防御力はともかくボスキラーとして活躍する。 遠近バランスよく武装が揃っているが、ゲッタービームは硬直が長いので乱戦で使用するのは控えたい。

もっと