ライ麦 畑 で つかまえ て あらすじ。 ライ麦畑でつかまえて あらすじ

外国文学レビュー:ライ麦畑でつかまえて 登場人物

「俺はライ麦畑を思い浮かべる。 16歳のホールデン少年が高校を飛び出して(というか退学して)大都会を彷徨いながらぐるぐる悩み続ける話。 読み比べるのも一興だと思います 話は逸れますが、源氏物語の英訳なんかも興味深いですよ。 しかも、日常会話で語るように。

もっと

『ライ麦畑でつかまえて』ネタバレ感想

まず、これはユダヤ人の物語であるということをおさえるべきです。

もっと

外国文学レビュー:サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」あらすじ

但し、ちょっと禅問答みたいですが、「ストーリーを要約する」、「作者の意図」というようなことを意識的に考えると、読み誤っちゃう気がします。

もっと

ライ麦畑でつかまえて 感想

フィービーの兄です。 別れの挨拶にスペンサー先生の自宅を訪れるが、ひどい嫌味を言われ、寮に帰ってくる。 ホールデンはこれも最後の機会だと、ルームメイトと会話し、頼まれた作文の代筆に取り組みます。

もっと

外国文学レビュー:サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」あらすじ

まちがいなく100%不良であり、やっていることも言っていることも完全にヤンキーなのであるが、この作品が名作でありえるのは、そこに多感な思春期の純粋さと憧憬があるからではないだろうか。

もっと

引用されるけど話は知らない…『ライ麦畑でつかまえて』/J.D.サリンジャー

ホテルへ戻ると、 エレベーターボーイに売春婦を買わないかと持ち掛けられ 承諾する。 それから日曜の夜になるまで、友人やガールフレンドたちに会ったり、電話をしたり、女の子たちとダンスを踊ったり、ホテルで売春婦を斡旋する男に金を巻き上げられたり、酒を飲んで酔っぱらったりと、さまざまな経験をします。 僕も前半はイマイチでした。 。

もっと