暗い と 不平 を 言う より も。 「暗い暗いと不平を言うよりも自ら進んで明かりをつけましょう。」

暗いと不平を言うよりもすすんであかりをつけましょうとは (クライトフヘイヲイウヨリモススンデアカリヲツケマショウとは) [単語記事]

【善きサマリヤ人】の先駆者・代表者は【主イエス】自身でありますが、 今回の鉄道事故でも現場周辺の工場や事務所の人々も【善きサマリヤ人】となって 活躍したことを私たちは知っています。

もっと

マザー・テレサ

あたたかい微笑み。 以前、出張した帰り、Nさんと夕方駅の改札口で待ち合わせて一緒に飲んだことがある。 それは誰にも必要とされず、誰にも気に留めてもらえず、すべての人から見捨てられているという孤独です。 要はその出来事を、どう解釈するのか、暗いと取るのか明るいと捉えるのか、それは各人の自由な判断であり解釈の問題なのだと思われます。 「わたしの目に、あなたは価高く、貴く、わたしはあなたを愛している。

もっと

『カソリックの”心のともしび運動”』♪~不平を言うな!

カトリック教会が提供するラジオ番組『心のともしび』で知られる「暗いと不平を言うよりも、進んで灯りをつけましょう」というコピーは、この番組の創始者であるアメリカ人のジェームズ・ハヤット(James Hyatt)司祭の言葉であるようです。 でを聞きながらや勉強をしていると、が明るくなるころこのが流れてくるのでそういう 例えば にはかなり有名。 でも、渡辺和子さんはその時気づくのであります。

もっと

心のともしび

マザーテレサについて マザーテレサ(1910年8月26日〜1997年9月5日)、あるいはコルカタの聖テレサ Saint Teresa of Calcutta は、カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。 では、正のを得てからで放送開始。 レスポンスの反応が早いんですね、こっちが送って遅くても一両日中には返事をいただけます。 ハヤット神父が私財を投じ、自ら企画出演するだったが、協賛者を得て徐々にネット局を拡大。

もっと

暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい

朝からなんて暑苦しい投稿なんだ。 今日善い行いをしても、次の日には忘れられるでしょう。 その時、私はこの言葉に運命を感じ、そこから胸に刻み、今の活動をしています。 「暗いと不平を言うよりも、すすんで灯りをつけましょう」。

もっと

「暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい。」

気にすることなくし善を行い続けなさい。 汝は信仰をもって神の力を汝の力となすをうべし。 あなた方は、ごたいせつ。 私も、あの東日本大震災を目の当たりに体験し、なかなかその「トラウマ」から抜け出せません。 教皇を出迎えたハヤット神父は、抱擁され永年の功徳を讃えられる。

もっと

心のともしび|暗いと不平を言うよりも、すすんであかりをつけましょう

相手からしたらそんな事情、知りようがないのにね。 今でもよく用いられる言葉であります。 誰にも世話をされずに一人で寂しく死んでいくことなどあってはならない。 気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。

もっと

説教集

貧しい人たちに生命だってあげることはできます。 その貧しい老人くらいひどい境遇を、あなたがたはいままで見たことはないと、私は断言できます。

もっと

GLN Japanese proverb. 日本のことわざ・日本の諺/英語 English

「心構え」ことに関する名言. 待ち合わせ時間まで、その町の古本屋に入った。

もっと