彼 を 知り 己 を 知れ ば 百 戦 殆 うから ず。 孫子の名言 「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」

「彼を知り己を知れば百戦殆からず:かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず」(戦が入る熟語)読み

普段から軍律の徹底を図っていれば、兵士は喜んで命令に従う。 原典では「殆うからず」だが、「危うからず」と書いても誤りではない。 上下の人々が心を一つに合わせていれば勝つ。 その意味では、「常に勝つ」のではなく「常に負けない」ことが重要で、「常に負けない」ための準備が必要です。 その人はどのようなスキルをもっているか• 衆寡の用を識(し)る者は勝つ。

もっと

「自他の比較を怠らない」知彼知己、百戦不殆

将は部下が有能なら、全てまかせて口を挟まない。 此の五者は勝を知るの道なり。 が「彼を知り己を知れば百戦危うからず」のくだりですが、現代語訳にすると、 勝利を知るための条件が五つある。 数々の失策により、国民から支持を失っていても、「まだ、いける」、「まだ、やれる」みたいなことを続けて選挙に突入すれば、与党ならば野党へ転落、野党ならば解党へ進むことにもなるかもしれません。

もっと

【最高の戦略教科書孫子・読書要約】彼を知り、己を知れば、百戦殆うからずです。

自分を知る、というのは単純なようで、なかなか実現できないことですよね。 また、先の大戦時に大敗北したミッドウェイ海戦、ガダルカナルの戦い、インパール作戦を特集したテレビ、新聞、雑誌などでも今回の言葉は、多く用いられ語られているようです。 1巻13編。 「呉子」とともに孫呉と並称される。 一例をご紹介します。 敵の実情を知らず、味方のことだけを知っている状態では、勝つこともあるが負けることもある。

もっと

【最高の戦略教科書孫子・読書要約】彼を知り、己を知れば、百戦殆うからずです。

まとめ 「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」は、公平な立場から冷静に勝算を分析することの大切さや、前準備の必要性を教える古い兵法のひとつです。

もっと