リーン バーン。 リーンバーンとは?希薄な混合気を使って燃費向上を図る燃焼手法【自動車用語辞典:エンジン燃焼編】

リーンバーンエンジンとは|希薄燃焼|メリット・デメリット

希薄燃焼エンジンは一般に、排ガス後処理装置に安価な三元触媒を使えず、高価なリーンNO x触媒や尿素SCR(選択触媒還元)が要る。 そのため、圧縮するのは空気のみ。 朝の冷えた空気に包まれた万平ホテルを出て、浅間山を間近に望む鬼押出し園に向かう。

もっと

トヨタがマツダ猛追、過給リーンバーンで世界最高熱効率・超低NOx両立狙う

ところが、大量の空気中で少量のガソリンを燃焼させると、大量のNOxを生成してしまいます。

もっと

スバルの1.8ℓリーンバーンターボ「CB18型」とはどんなエンジンか? 新型レヴォーグ搭載の新エンジンは最新技術が詰まった完全新規開発だ(前編)|ワゴン|Motor

冷却損失は、それは最大のムダ。 (Mr. 地球温暖化対策や燃料の枯渇への対策として取り組まれ、誕生した技術である。 • そのため通常よりも「スロットルバルブ」が大きく開かれ、通気の抵抗を少なくしてより多くの空気を燃焼室へ取り込む。 触媒装置を使わずにクリーンな排出ガスをつくる燃焼システムは、現在、大きく分けて2つのシステムが開発されています。 しかし大量EGRよりリーンバーンの方が優れています。 例えば、一般消費者の関心が強い商品やサービスの場合、初期段階で消費者の評判が一気に拡散してしまい、初期プロダクトが不評だった場合は学習の機会すら与えられないことがある。 燃焼を終えた排気ガスは、酸素含有量が当然少なくなっています。

もっと

リーンバーンエンジンとは|希薄燃焼|メリット・デメリット

例えば以下の様な分野だ。 そのため、スロットル開度が大きくなるため、ポンプ損失が低減します。 1980年代にからアメリカに大量の自動車が輸出されるようになると、アメリカの自動車産業業界は日本車の価格の安さをであると非難した。 そして「贅肉のとれた」の意である英単語の (リーン)を用いてリーン生産方式と命名された。 空燃比は30:1という、とんでもない超希薄燃焼エンジンです。 ところが、酸素過多の状態で燃焼させるため、ディーゼルエンジンと同様にの発生が問題となった。 「設計と言うより、製造の面でこれ以上薄くは造れない。

もっと