長 府 製作所 株価。 Yahoo!ファイナンス

長府製作所 株価 2ch 掲示板 5946 【株ドラゴン】

社名:長府製作所 代表者:種田 清隆 資本金:7,000,000千円 上場市場:東証1部 上場年月日:1979年9月1日 単元株数:100 平均年齢:40. 修正1株益、1株配は「円」。

もっと

長府製作所 (5946) : 決算情報・業績 [CHOFU SEISAKUSHO]

世界的な金融緩和、カネ余りでも上値の重い株価は、高齢化の重しを背負った日本経済を象徴するかのようだ。

もっと

長府製作所 (5946) : 決算情報・業績 [CHOFU SEISAKUSHO]

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 売上営業 損益率 発表日 18. 10-12 14,079 1,491 1,866 1,304 37. 進捗率、売上営業利益率は「%」• 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 (昭和54年)• 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 9月 - の製造開始。 キャッチフレーズは「 快適をもっとたっぷり」。 キャッチフレーズは「快適をもっとたっぷり」。 近年の売上高はの565億円をピークに、450億円付近を推移しており、はの57億円をピークに20億円付近で推移している。 12 45,725 2,008 3,730 2,670 76. - 市場第二部上場。

もっと

長府製作所 (5946) : 企業情報・会社概要 [CHOFU SEISAKUSHO]

その他にやなどの製造販売も行っている。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 毎年3月31日現在、自社株式を1年以上継続して、1単元(100株)以上保有する株主さまを対象に、保有株式数、保有期間に応じて、1ポイント=1円相当の「株主優待ポイント」を進呈します。 - 市場第二部上場。 には、家庭用温水の製造を開始し、住宅設備業界へ進出を図ると共に、には、同社が先駆けて石油瞬間ボイラの開発に成功したことで、「 長府ボイラ」の名を一般に拡大させた。 zdeWqNyKt, iaIFASq, TSUfGBLj, RnCmhhEEUx,zvbwgmEX,. 円高や安価な中国製品が欧州市場のシェアを拡大していることが主な要因である。 (平成3年)7月 - の製造開始。

もっと

Yahoo!ファイナンス

経済のグローバル化を反映し、海外投資家の日本株保有率は90年度の5%弱から18年度には約30%に上昇。 「手っ取り早くもうけるなら株という風潮だった」と横田さん。 (平成10年)• 同時に、株に過大な期待をせず、身の丈に合った運用に徹する新しい世代の投資家の存在もあるのかもしれない。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 12 45,228 2,345 3,905 1,836 52. - 給湯機器や厨房機器を製造販売する同業他社。 - 大阪証券取引所市場第一部上場。 株式市場に再び投資マネーが流れ込み、15年には日経平均が約15年ぶりに2万円台を回復した。

もっと

長府製作所 (5946) : 決算情報・業績 [CHOFU SEISAKUSHO]

・業績推移:売上高、営業益、経常益、最終益は「百万円」。 3Q累計最終利益は106%の大幅増益! 長府製作所 が11月6日大引け後 15:00 に決算を発表。 12 42,057 1,769 3,610 2,589 74. 売買注文はコンピューターを通じて処理され、電光ボードの株価だけが音もなく刻々と変化する。 但し、この銘柄の株価が「2,237. 4月 - ヒートポンプ式冷温水熱源機「エネフロー」の製造開始。

もっと

長府製作所 株価 2ch 掲示板 5946 【株ドラゴン】

当初は、山口県(現・)の長府工場を譲り受けて製品を製造していた。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。

もっと

(株)長府製作所【5946】:株主優待

また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 家庭用燃料電池(、、向けの製品)• 8月 - 太陽熱利用給湯システム「エネワイター」を製造開始。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 (平成19年)• 加えて、が一倍割れなことから将来のキャッシュフローが悪化する見通しの場合を除き、長期的には下値リスクの軽減から買い圧力が高まる可能性があります。 一方、バブル期を知らない20代、30代は「ぜいたくな生活への憧れはなく、(将来に備え)淡々と金融商品を探している」と話す。

もっと