パチスロ ヤッターマン。 パチスロヤッターマン

ヤッターマン 絶対正義 スロット 新台 スペック 天井 期待値 解析 評価

。 2020年9月7日• 設定5・6は設定4以下と比べ20〜24pt、40〜44ptの振り分けが多いため、比較的早い段階でライブステージに当選しやすい。 最大7G継続。 ドクロベエが居れば復活濃厚だ。

もっと

パチスロヤッターマン

【チャンスゾーン】「ボカンゾーン」「ライブステージ」突入で、AT「ヤッターチャンス」のチャンス。 10G以内にYB抽選が当選しなかった場合は10G消化後にYCへ突入する。 勝てば枚数上乗せor特化ゾーン(絶対正義か仕置の刻)が確定する。 [OLYMPIA(オリンピア)] 2021年1月12日(火)導入開始• 当選すれば絶対正義・真以上からスタートする。 400〜500pt付近がCZ「ボカンゾーン」突入のチャンス• の1回の上乗せは最低40枚、最大400枚(25枚、50枚はナシ) 狙えカットインは失敗してもゲーム数が減算されないうえ、成功時(7揃い)は3桁枚数上乗せが確定する。 [SANYO(三洋物産)]• バトル勝利で枚数上乗せや上乗せ特化ゾーンを獲得! 上位の上乗せ特化ゾーン「絶対正義・真」「絶対正義・極」も搭載している。

もっと

Sヤッターマン絶対正義 パチスロ:【スロット新台】設定判別/立ち回りポイント。設定判別や立ち回りポイント。高設定狙いを行い期待値を稼ぐ立ち回り。高設定確定演出。ヤメ時や狙い目。知っ得

AT期待度は50%以上。 真なら平均上乗せ約380枚。 【チャンスゾーン】「ヤッターブースト」突入でヤッターチャンス確定。 2020年4月20日• メーカー タイプ AT,BR非搭載,チャンスゾーン,コイン持ち良し,天井,1Gあたり約2. 期待度は約50%。 毎G全役で枚数上乗せ抽選。 2020年9月28日• 天井について 有利区間移行後から799ゲーム 前兆込み 消化で、ヤッターチャンス当選濃厚。 7枚での1500G制限もありますからね。

もっと

パチスロ ヤッターマン 天井恩恵・期待値・狙い目・ヤメ時・解析

0 成功率(設定1) 約40% 対戦相手はダイドコロンとビジンダーの2パターン。 有利区間移行時、ボカンゾーン(CZ)失敗時に設定に応じてBZモードが抽選される。 ヤッターチャンスorAT終了後(非有利区間から有利区間へ移行時) の2種類となっていて、ヤッターチャンス当選まで転落しません。 突入した時点でYC(ヤッターチャンス)以上は確定していて、滞在中にレア役か、7揃いorBAR揃いリプレイを引けばYB(ヤッターバトルRUSH)確定。 今回は ヤッターマン絶対正義のポイント状況別の天井期待値です。

もっと

Sヤッターマン絶対正義(パチスロ)設定判別・天井・ゾーン・解析・打ち方・ヤメ時|DMMぱちタウン

9k件のビュー• [newgin(ニューギン)]• では、早速どうぞ。 ちなみに、本機はATのみで出玉を増やすタイプとなっているので、目押しが出来なくても遊技上は問題ありません。 『押忍!サラリーマン番長2』 (2020年4月20日導入開始) タイプ:【6号機】【ATタイプ】【天井搭載】. [ヤッターチャンス性能] 継続ゲーム数…30G 1Gあたりの純増…約2. 1~50Gで当選する確率が3. [バトル告知] ヤッターワンが勝利すればYB確定! [チャンス告知] 実写のコスプレイヤーたちが登場。 [KITA DENSHI(北電子)] 2020年11月16日(月)導入開始• ヤッターボタンのフラッシュ速度 有利区間移行時やCZ【ボカンゾーン】失敗時の1G目に筐体右側にあるヤッターボタンの「Y」の部分がフラッシュする。 ヤッターバトルRUSH RUSHレベル4• 極なら平均上乗せ約1590枚。

もっと

Sヤッターマン絶対正義

天井行ってもラッシュには入らんが、天井までにczで入ることばかり。 7 [カウンターの文字色とエフェクト] 稲妻エフェクト発生や赤文字に変化すれば規定数到達のチャンスだ。 バトルは内部的に2種類 AT中は成立役に応じて勝利バトル or 敗北バトルを抽選。 【AT】上位の上乗せ特化ゾーン「絶対正義・真」「絶対正義・極」も搭載。 128pt以内にCZ「ボカンゾーン」突入• そのフラッシュパターンでモードの示唆が行われている。 安定はしないがラッシュの期待値は高い. 400~500pt 付近がボカンゾーン当選のチャンス。 なお、 今回のヤッターマン期待値は完全無料とさせていただきます。

もっと

ヤッターマン 絶対正義 天井恩恵・スペック解析【スロット・パチスロ】

ロングフリーズはヤッターボーナス(金同色ボーナス)成立を契機として発生、成立確率は非常に重めとなっていますが恩恵は中々強力なものとなっています。

もっと