夜明け と 蛍 歌詞。 piapro(ピアプロ)

夜明けと蛍

" カム ドゥリーミング ウィズ メイ Come dreaming with me プロフェィン アス イン ディス リフレイン Profane us in this refrain カム ワッ メイ Come what may セイ グッバイ トゥー フライアワークス オブ イエスタデイ Say goodbye to fireworks of yesterday ライク ペダウ ドゥリフティング ダウン トゥー ダ レイク アゲンストゥ ダ グレイン デイ ゴーン ナストゥロー Like petals drifting down into the lake, against the grain, they gone astray ライク ムーンライ シャイニン ダウン オン ダ レイク ライク ダ ペイン ゼイ フェイ トゥー グレイ Like moonlight shining down on the lake, like the paint, they fade to grey アイ プライ I pray. 淡 あわい 月 つきに 見 みとれてしまうから 暗 くらい 足元 あしもとも 見 みえずに 転 ころんだことに 気 きがつけないまま 遠 とおい 夜 よるの 星 ほしが 滲 にじむ したいことが 見 みつけられないから 急 いそいだ 振 ふり 俯 うつむくまま 転 ころんだ 後 あとに 笑 わらわれてるのも 気 きづかない 振 ふりをするのだ 形 かたちのない 歌 うたで 朝 あさを 描 えがいたまま 浅 あさい 浅 あさい 夏 なつの 向 むこうに 冷 つめたくない 君 きみの 手 てのひらが 見 みえた 淡 あわい 空 そら 明 あけの 蛍 ほたる 自分 じぶんがただの 染 しみに 見 みえるほど 嫌 きらいなものが 増 ふえたので 地球 ちきゅうの 裏側 うらがわへ 飛 とびたいのだ 無人 むじんの 駅 えきに 届 とどくまで 昨日 きのうの 僕 ぼくに 出会 であうまで 胸 むねが 痛 いたいから 下 したを 向 むくたびに 君 きみがまた 遠 とおくを 征 いくんだ 夢 ゆめを 見 みたい 僕 ぼくらを 汚 よごせ さらば 昨日夜 きのうよるに 咲 さく 火 ひの 花 はな 水 みずに 映 うつる 花 はなを 見 みていた 水 みずに 霞 かすむ 月 つきを 見 みていたから 夏 なつが 来 こないままの 空 そらを 描 えがいたなら 君 きみは 僕 ぼくを 笑 わらうだろうか 明 あけ 方 がたの 夢 ゆめ 浮 うかぶ 月 つきが 見 みえた 空 そら 朝 あさが 来 こないままで 息 いきが 出来 できたなら 遠 とおい 遠 とおい 夏 なつの 向 むこうへ 冷 つめたくない 君 きみの 手 てのひらが 見 みえた 淡 あわい 朝焼 あさやけの 夜空 よぞら 夏 なつがこないままの 街 まちを 今 いま あぁ 藍 あいの 色 いろ 夜明 よあけと 蛍 ほたる 淡 awa い i 月 tsuki に ni 見 mi とれてしまうから toreteshimaukara 暗 kura い i 足元 ashimoto も mo 見 mi えずに ezuni 転 koro んだことに ndakotoni 気 ki がつけないまま gatsukenaimama 遠 too い i 夜 yoru の no 星 hoshi が ga 滲 niji む mu したいことが shitaikotoga 見 mi つけられないから tsukerarenaikara 急 iso いだ ida 振 fu り ri 俯 utsumu くまま kumama 転 koro んだ nda 後 ato に ni 笑 wara われてるのも wareterunomo 気 ki づかない dukanai 振 fu りをするのだ riwosurunoda 形 katachi のない nonai 歌 uta で de 朝 asa を wo 描 ega いたまま itamama 浅 asa い i 浅 asa い i 夏 natsu の no 向 mu こうに kouni 冷 tsume たくない takunai 君 kimi の no 手 te のひらが nohiraga 見 mi えた eta 淡 awa い i 空 sora 明 a けの keno 蛍 hotaru 自分 jibun がただの gatadano 染 shi みに mini 見 mi えるほど eruhodo 嫌 kira いなものが inamonoga 増 fu えたので etanode 地球 chikyuu の no 裏側 uragawa へ he 飛 to びたいのだ bitainoda 無人 mujin の no 駅 eki に ni 届 todo くまで kumade 昨日 kinou の no 僕 boku に ni 出会 dea うまで umade 胸 mune が ga 痛 ita いから ikara 下 shita を wo 向 mu くたびに kutabini 君 kimi がまた gamata 遠 too くを kuwo 征 i くんだ kunda 夢 yume を wo 見 mi たい tai 僕 boku らを rawo 汚 yogo せ se さらば saraba 昨日夜 kinouyoru に ni 咲 sa く ku 火 hi の no 花 hana 水 mizu に ni 映 utsu る ru 花 hana を wo 見 mi ていた teita 水 mizu に ni 霞 kasu む mu 月 tsuki を wo 見 mi ていたから teitakara 夏 natsu が ga 来 ko ないままの naimamano 空 sora を wo 描 ega いたなら itanara 君 kimi は ha 僕 boku を wo 笑 wara うだろうか udarouka 明 a け ke 方 gata の no 夢 yume 浮 u かぶ kabu 月 tsuki が ga 見 mi えた eta 空 sora 朝 asa が ga 来 ko ないままで naimamade 息 iki が ga 出来 deki たなら tanara 遠 too い i 遠 too い i 夏 natsu の no 向 mu こうへ kouhe 冷 tsume たくない takunai 君 kimi の no 手 te のひらが nohiraga 見 mi えた eta 淡 awa い i 朝焼 asaya けの keno 夜空 yozora 夏 natsu がこないままの gakonaimamano 街 machi を wo 今 ima あぁ aa 藍 ai の no 色 iro 夜明 yoa けと keto 蛍 hotaru. ラプンツェル 2mix inst by n-bunaさん• 右に曲ガール off vocal by はるふりさん• 曖昧劣情Lover off vocal by koyoriさん• 96猫さん『夜明けと蛍』の歌詞 ヨアケトホタル words by ナブナ music by ナブナ Performed by クロネコ. 淡い月に見とれてしまうから 暗い足元も見えずに 転んだことに気がつけないまま 遠い夜の星が滲む したいことが見つけられないから 急いだ振り 俯くまま 転んだ後に笑われてるのも 気づかない振りをするのだ 形のない歌で朝を描いたまま 浅い浅い夏の向こうに 冷たくない君の手のひらが見えた 淡い空 明けの蛍 自分がただの染みに見えるほど 嫌いなものが増えたので 地球の裏側へ飛びたいのだ 無人の駅に届くまで 昨日の僕に出会うまで 胸が痛いから下を向くたびに 君がまた遠くを征くんだ 夢を見たい僕らを汚せ さらば 昨日夜に咲く火の花 水に映る花を見ていた 水に霞む月を見ていたから 夏が来ないままの空を描いたなら 君は僕を笑うだろうか 明け方の夢 浮かぶ月が見えた空 朝が来ないままで息が出来たなら 遠い遠い夏の向こうへ 冷たくない君の手のひらが見えた 淡い朝焼けの夜空 夏がこないままの街を今 あぁ 藍の色 夜明けと蛍. オレンジ-Inst by トーマさん• 夜明けと蛍 by n-bunaさん•。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 ワンルーム・オール・ザット・ジャズ instrumental by DATEKENさん. 試聴する KKBOXを起動 夜明けと蛍 作詞:ナブナ 作曲:ナブナ 淡い月に見とれてしまうから 暗い足元も見えずに 転んだことに気がつけないまま 遠い夜の星が滲む したいことが見つけられないから 急いだ振り 俯くまま 転んだ後に笑われてるのも 気づかない振りをするのだ 形のない歌で朝を描いたまま 浅い浅い夏の向こうに 冷たくない君の手のひらが見えた 淡い空 明けの蛍 自分がただの染みに見えるほど 嫌いなものが増えたので 地球の裏側へ飛びたいのだ 無人の駅に届くまで 昨日の僕に出会うまで 胸が痛いから下を向くたびに 君がまた遠くを征くんだ 夢を見たい僕らを汚せ さらば 昨日夜に咲く火の花 水に映る花を見ていた 水に霞む月を見ていたから 夏が来ないままの空を描いたなら 君は僕を笑うだろうか 明け方の夢 浮かぶ月が見えた空 朝が来ないままで息が出来たなら 遠い遠い夏の向こうへ 冷たくない君の手のひらが見えた 淡い朝焼けの夜空 夏がこないままの街を今 あぁ 藍の色 夜明けと蛍. メリュー inst by n-bunaさん• ウミユリ海底譚 inst by n-bunaさん• 96猫 夜明けと蛍 黎明與螢光 作詞:ナブナ 作曲:ナブナ 編曲:ナブナ 淡い月に見とれてしまうから 暗い足元も見えずに 転んだことに気がつけないまま 遠い夜の星が滲む したいことが見つけられないから 急いだ振り 俯くまま 転んだ後に笑われてるのも 気づかない振りをするのだ 形のない歌で朝を描いたまま 浅い浅い夏の向こうに 冷たくない君の手のひらが見えた 淡い空 明けの蛍 自分がただの染みに見えるほど 嫌いなものが増えたので 地球の裏側へ飛びたいのだ 無人の駅に届くまで 昨日の僕に出会うまで 胸が痛いから下を向くたびに 君がまた遠くを征くんだ 夢を見たい僕らを汚せ さらば 昨日夜に咲く火の花 水に映る花を見ていた 水に霞む月を見ていたから 夏が来ないままの空を描いたなら 君は僕を笑うだろうか 明け方の夢 浮かぶ月が見えた空 朝が来ないままで息が出来たなら 遠い遠い夏の向こうへ 冷たくない君の手のひらが見えた 淡い朝焼けの夜空 夏がこないままの街を今 あぁ 藍の色 夜明けと蛍 --------------------------------------------- 夜明けと蛍 黎明與螢光 作詞:ナブナ 作曲:ナブナ 編曲:ナブナ 歌:花たん 淡い月に見とれてしまうから awai tsuki ni mitore te shi ma u ka ra 注視淺淺月色 不覺恍惚入迷 暗い足元も見えずに kurai ashimoto mo mie zu ni 前路幽暗 無法瞧清 転んだことに気がつけないまま koronda ko to ni ki ga tsu ke na i ma ma 亦尚未發覺 自己跌跤了 遠い夜の星が滲む tooi yoru no hoshi ga nijimu 遙遙夜空 星光隱晦 したいことが見つけられないから shi ta i ko to ga mitsuke ra re na i ka ra 尋不見己之所欲 急いだ振り 俯くまま isoida furi utsumuku ma ma 唯有垂首趕路 転んだ後に笑われてるのも koronda ato ni waraware te ru no mo 連在摔倒以後 人們的嗤笑聲 気づかない振りをするのだ ki zu ka na i furi wo su ru no da 亦佯裝未曾察覺 更多更詳盡歌詞 在 形のない歌で朝を描いたまま katachi no na i uta de asa wo egaita ma ma 以無形歌聲 細細刻繪晨時 淺い淺い夏の向こうに asai asai natsu no mukou ni 於那尚淺的 尚淺的 夏之彼端 冷たくない君の手のひらが見えた tsumetaku na i kimi no te no hi ra ga mie ta 只望見你的手心 寒意便緩緩褪去 淡い空 明けの蛍 awai sora ake no hotaru 薄色天空 黎明螢光 自分がただの染みに見えるほど jibun ga ta da no shimi ni mie ru ho do 自己瞧上去 便仿似一痕污漬 嫌いなものが増えたので kirai na mo no ga fue ta no de 嫌惡的事物 亦逐漸增多 地球の裏側へ飛びたいのだ chikyuu no uragawa he tobi ta i no da 如此便想飛向 地球的另一端 無人の駅に屆くまで mujin no eki ni todoku ma de 直至人跡渺茫的車站 昨日の僕に出會うまで kinou no boku ni deau ma de 直至與昨日的我相會 胸が痛いから下を向くたびに mune ga itai ka ra a wo muku ta bi ni 每每心痛難熬 便俯首望去 君がまた遠くを征くんだ kimi ga ma ta tooku wo yuku n da 卻見你的身影 又再遠離 夢を見たい僕らを汚せ yume wo mitai boku ra wo yogose 將醉於夢中的我們 玷染汙穢 さらば 昨日夜に咲く火の花 sa ra ba kinou yo ni saku hi no hana 再會了 於昨夜盛綻的煙花 水に映る花を見ていた mizu ni utsuru hana wo mite i ta 凝望倒映水面的花朵 水に霞む月を見ていたから mizu ni kasumu tsuki wo mite i ta ka ra 凝望水中的朦朧月影 夏が來ないままの空を描いたなら natsu ga konai ma ma no sora wo egaita na ra 若隨想像去描摹 夏季未訪的穹蒼 君は僕を笑うだろうか kimi wa boku wo warau da ro u ka 或許你會取笑我呢 明け方の夢 浮かぶ月が見えた空 ake gata no yume ukabu tsuki ga mie ta sora 拂曉將至之夢 天邊明月晃蕩 朝が來ないままで息が出來たなら asa ga konai ma ma de iki ga deki ta na ra 縱使早晨不來 呼吸亦不曾停止 遠い遠い夏の向こうへ dooi dooi natsu no mukou he 便向那悠遠的 悠遠的 夏之彼端 冷たくない君の手のひらが見えた tsumetaku na i kimi no te no hi ra ga mie ta 只望見你的手心 寒意便緩緩褪去 淡い朝焼けの夜空 awai asayake no yozora 微染朝曦的夜空 夏がこないままの街を今 natsu ga ko na i ma ma no machi wo ima 夏日未至的街道上 此刻 あぁ 藍の色 夜明けと蛍 aa ai no iro yoake to hotaru 啊啊 湛藍為 黎明與螢光. 96猫さん『夜明けと蛍』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 。 。 。

もっと

夜明けと蛍(黎明與螢光) 歌詞 96猫 ※ predina.com

。 。 。

もっと

piapro(ピアプロ)

。 。 。

もっと

夜明けと蛍(黎明與螢光) 歌詞 96猫 ※ predina.com

。 。

もっと

夜明けと蛍

。 。

もっと

ボカロの夜明けの蛍のEnglishVer.歌詞をカタカナ表記で教えてください ...

。 。 。 。 。

もっと

夜明けと蛍の歌詞

。 。 。 。 。 。

もっと