ジョニー トー。 映画「映画監督 ジョニー・トー 香港ノワールに生きて」公式サイト

『七人楽隊』 Septet: The Story of Hong Kong

香港映画ファンにとっても貴重な作品となっている。 『』 Johnnie Got His Gun! アンディ・ラウの麻雀大将 - 嚦咕嚦咕新年財 2002• エレクション 死の報復 - 黒社會2以和為貴 2006• アンディ・ラウの逃避行 - 天若有情 1990、製作 (監督:)• 香港人であるテンミンの生への執着、男同士の「情」を省いた物語に見る、香港と中国の関係性 今までジョニー・トーの映画に政治性と結びつけて見ることはあまりなかったが、ドキュメンタリー『あくなき挑戦 ジョニー・トーが見た映画の世界』(2013年)の中で彼は、犯罪組織の会長選挙を巡る抗争を描いた映画『エレクション』(2005年)を撮ったのは、「黒社会にすら直接選挙制があるのに、香港にはそれすらないからだ」ということを言っていてハッとした。 足が着きそうになったら組織を組み直すために、関係者を皆殺しにする。

もっと

『七人楽隊』 Septet: The Story of Hong Kong

パラダイス! とにかくトー監督の魅力に触れる唯一無二の一本だ。 DVD発売中 価格4,179円(税込み) 販売元キングレコード株式会社 娘一家を犯罪組織に殺された元殺し屋の男の復讐(ふくしゅう)を描くハードボイルド・アクション。 特に、私が「ジョニー・トーの銃撃戦」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、銃弾の残響である。

もっと

『七人楽隊』 Septet: The Story of Hong Kong

一個字頭的誕生 1997• 題名は、小説及び映画『』 Johnny Got His Gun から。 - 赤脚小子 1993• やがて哀しき復讐者 - 報應 2011、製作 (監督:ロー・ウィンチョウ)• 2009年5月にはフランスから「Commander on the order of the Arts and Letters」(芸術文化勲章)を授与される。 1979 映画 [編集 ]• 『ザ・ミッション 非情の掟』 99 、『PTU』 03 、『エレクション』 05 で香港電影金像奨最優秀監督賞受賞。 ジョニー・トー自身、そして彼の映画には欠かせない存在であるリッチー・レン、サイモン・ヤム、アンソニー・ウォン、レオン・カーフェイ、ルイス・クーといった俳優陣、スタッフ陣らへのインタビューとともに、彼の代表的作品群の名シーンの裏側、最新作『奪命金』を含むメイキング映像が紡がれる。 トー監督が愛する香港の街並みと共に、あらゆる側面からその魅力を探る。

もっと

ジョニー トーとは

「カンヌ2020」選出作品。

もっと

ジョニー・トーとは

少年往事 2003• ) 狂気宿る、ジョニー・トー監督のオリジナル版『ドラッグ・ウォー 毒戦』 10月4日から韓国映画『毒戦 BELIEVER』が公開となる。 - 痩身男女 2001• 每當變幻時 2007• ちなみに日本公での予告編でも「中国公安警察の実態を描いた禁断の野心作!」と、宣伝文句が麻薬組織より公安側のヤバさに傾いていた。 ジョニー・トー監督 C crescendo films 2010『映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて』より そんなトー監督の評価を不動のものにしたのは、1996年に映像製作会社「銀河映像(香港)有限公司」を設立してからだろう。 - 全職殺手 2001• その執念と執念がぶつかり、最後の路上での銃撃戦に至るのだが、見返して改めて狂気の宿る作品であるとの感想を持った。

もっと

『七人楽隊』 Septet: The Story of Hong Kong

- 龍鳳鬥 2004• しかし、そんな彼を嘲笑うかのように、組織は麻薬工場を丸ごと爆破。 ソフト化作品も、再販がされずプレミア価格になっていることも非常に多く、レンタル店で見掛けた際には忘れずにチェックして、魅惑のノワール世界に浸ってほしい。 また、では2000年に『ザ・ミッション 非情の掟』で、2004年に『』で最優秀監督賞を受賞している。 マッド・モンク 魔界ドラゴンファイター - 濟公 1993• チャン警部役にトー監督作10本目の出演となるルイス・クー。 死の報復』(06)『 強奪のトライアングル』(07)等に出演。 - 盲探 2013• トー監督はここでも、食事を通じて男同士の友情が結ばれていくさまをシンプルに演出。

もっと