造血 器 腫瘍 ガイドライン。 NCCNガイドライン日本語版 造血器腫瘍ガイドラインを新規公開:がんナビ

血液のがん(造血器腫瘍)とは? 貧血・出血などの症状がでる難治性の病気

CRAB症状とは、C:カルシウム(calcium)値の上昇によるカルシウム血症、R:腎臓(renal)の障害、A:貧血(anemia)、B:骨(bone)の病変をあらわします。 限局期結節性リンパ球優位型ホジキンリンパ腫では、放射線治療(領域照射)30Gyのみで治療を行います。 この例のように、すべての項目に対して情報が埋まっている遺伝子は、現時点ではきわめて少ない。

もっと

急性骨髄性白血病 基礎知識:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

Report on a workshop convened to discuss the pathological and staging classifications of gastrointestinal tract lymphoma. クリニカルクエスチョン 推奨グレード どのようなCLL 患者を治療すべきか 1, 2A 初発進行期CLL の最適な治療は何が勧められるか 2A, 2A 再発・難治性CLL の治療は何が勧められるか 2A, 2A, 1 CLL に対する造血幹細胞移植は勧められるか 4, 2B 6.骨髄異形成症候群(MDS) No. )において本サービスに関連して生じる一切の問題について日本血液学会およびゲノム医療部会は一切の責任を負わないものとする。 65歳以下でこの救援化学療法の効果がみられる場合は、自家造血幹細胞移植(大量の抗がん剤を投与したあと、骨髄機能を回復させるために保存しておいた患者さん自身の造血幹細胞を移植する)を行う場合もあります。 クリニカルクエスチョン 推奨グレード AML の診断時に必要な遺伝子検査は何が勧められるか 2A 若年者 de novo AML に対する標準的寛解導入療法としてどのレジメンが勧められるか 1 若年者 de novo AML の寛解導入療法(アントラサイクリン+標準量シタラビン)に他の薬剤の追加やシタラビン大量療法の組み込みは有効か 3 高齢者AML に対して推奨される寛解導入療法は何か 2A 1 回の寛解導入療法で完全寛解が得られない場合,どのような治療法を選択すべきか 2B シタラビン大量療法はすべてのAML の寛解後療法として行うべきか 2A 寛解後療法としてのシタラビン大量療法の投与量,標準的回数および期間は何が勧められるか 3 シタラビン大量療法以外のAML 地固め療法は何が勧められるか 2B 若年者AML の第一寛解期に同種造血幹細胞移植の適応はどのように決定すべきか 1 移植適応のない高齢者AML に寛解後療法を施行するメリットはあるか 2B 非寛解期AML に対する同種造血幹細胞移植の適応に関する指標はあるか 3 AML において治療後の好中球減少期にG-CSF を使用するのは有用か 2B, 2A AML の化学療法において,どのような場合に腫瘍崩壊症候群の予防を実施すべきか 2A AML において中枢神経系白血病の予防は勧められるか 2A 腫瘤形成性AML に対して通常の寛解導入療法を行うのは妥当か 2B 2.急性前骨髄球性白血病(APL) No. なかでも造血器腫瘍(血液がん)は、種類が非常に多く多岐にわたる疾患で、確定診断のために以前からさまざまな遺伝子異常を突き止めて治療につなげるという点で、他の固形がんよりも進んでいるがん種だった(図1)。

もっと

がん診療ガイドライン│造血器腫瘍│造血器腫瘍診療ガイドライン作成委員会

(それぞれの根拠となる論文、学会指針、臨床試験が示されている。 2)寝汗:寝具(マットレス以外の掛け布団,シーツなどを含む,寝間着は含まない)を変えなければならない程のずぶ濡れになる汗。 利用者の利用責任 利用者は、自らの判断及び責任に基づき、本サービスを利用することができる。

もっと

がん診療ガイドライン│造血器腫瘍│Clinical Question 一覧

Follicular lymphoma international prognostic index 2 : a new prognostic index for follicular lymphoma developed by the international follicular lymphoma prognostic factor project. これらにより利用者その他第三者に損害が生じた場合でも、日本血液学会は、その理由の如何を問わず一切の責任を負わないものとする。 進行期古典的ホジキンリンパ腫の初回の標準治療は、化学療法です。

もっと

がん診療ガイドライン│造血器腫瘍│造血器腫瘍診療ガイドライン作成委員会

本ガイドラインは造血器腫瘍診療の「均てん化」と「標準的治療」の促進という社会的要求に応えるため作成されました。

もっと

がん診療ガイドライン│造血器腫瘍│Clinical Question 一覧

遺伝子パネル検査は、遺伝カウンセリング等の体制が整った施設でのみ行われるべきであり、検査を施行する際には、その内容、結果の返却方法、2次的所見への対処法等に関して、患者に十分な説明と検査に対する理解・同意を得る必要がある。 今では、あらゆるがんの標準治療にもなってきた分子標的薬についても、固形がんに先んじてさまざまな研究がなされ、グリベック(一般名イマチニブ)が2000年に登場し大成功を収めた。 著作権および出版権その他知的財産権 本サービスにより提供される画像、データ、見解その他情報(以下、総称して「本情報」という。 そして、情報が埋まっていくことによって、診断、治療、予後予測が徐々に解明され、治療が進化していくことは間違いないだろう(図2)。 慢性便秘症治療薬に関しては、上市や適応拡大で使用できる薬剤が増えています。 利用規約 日本血液学会「造血器腫瘍ゲノム検査ガイドライン」のweb公開(以下、「本サービス」という。 急性胆管炎は、中等症で総胆管結石によるものは軽症例同様に胆管ドレナージと同時に成因(結石)に対する治療を検討することになりました。

もっと