富山 干し柿。 富山干柿・三社柿

vol.1 柿・干柿vsさといも|越中とやま食の王国 富山県の食文化を伝える公式サイト

大切な方へ贈るお祝いやプレゼントに最適なギフト対応を承ります。 。 お歳暮やお年始などの贈答品、正月の鏡餅の飾り物として人気があります。 柿の状態を見極めながら、乾燥時間や手揉み具合を調整することに、長年の経験が活かされるのは言うまでもありません。 もし、ラッキーにも、どこかのお店で見かけたら、即ゲットしたいですね。 富山干柿 三社柿 さんじゃかき お届け期間は12月中旬頃より お歳暮干し柿に喜ばれる大粒系の干し柿! 深みのある自然の甘さが感じられます。 誠に申し訳ございませんが、年末年始休業中(12月29日~1月4日)のネットで ご注文いただきました商品の発送は1月5日以降となります。

もっと

富山干柿|富山の食材 検索|越中とやま食の王国 富山県の食文化を伝える公式サイト

富山干柿に使われるのは、福光地域原産の三社柿(さんじゃがき)と呼ばれる渋柿です。 ご迷惑をおかけしておりますが、それまでの期間は電話・FAXでお申し込み下さいますようよろしくお願いいたします。

もっと

vol.1 柿・干柿vsさといも|越中とやま食の王国 富山県の食文化を伝える公式サイト

硬すぎずやわらかすぎず適度な歯ごたえで、深みのある天然の甘さが引き出された「富山干柿」。 当出荷組合連合会の事務所は10月中旬から1月中旬までの約3カ月間は、組合理事が 常勤し事務対応しておりますが、1月中旬以降3月中旬までは臨時職員が事務対応し、 それ以降は閉鎖しております期間限定の事務所となっております。 原産地は中国ですが、奈良時代にはすでに日本に伝わっており、『古事記』や『日本書紀』に登場するなど、古来より日本人に馴染みが深い果実です。 この地方特有の医王山から吹き下ろす風に晒されながら、ゆっくりと自然乾燥されていきます。

もっと

【富山県推奨とやまブランド】富山干柿・あんぽ柿|富山干柿(富山干柿出荷組合連合会)

収穫された三社柿は機械で皮をむいた後、糸でへたの部分をしばり竹の棒に吊るされます。 この度、「富山干柿」が全国で98番目に登録されました。 富山あんぽ柿の受付は11月中旬以降。 今年度も多数のお客様にご愛顧賜りまして心から感謝申し上げます。

もっと

富山干柿・三社柿

定休日はお電話 メール返信がお休みです。 お店では、 1袋150g入りで1,000円ぐらいで販売されているようですよ。 ビタミンAは粘膜を強くし、カロテンは抗酸化作用で活性酸素を取り除き、カリウムは血圧の上昇を抑えるなどの効果が期待できます。 明治時代の歌人・正岡子規の有名な俳句に「柿食えば鐘がなるなり法隆寺」があります。 従いまして、HPのお問い合わせ対応につきましては、本日以降は、お返事に少々 お時間を要します。

もっと

栄養成分表 / 富山干柿(富山干柿出荷組合連合会)

皆様ありがとうございました。 11月頃、熟した柿を収穫し、皮むきした後、紐に付けて吊るしていきます。 渋が大変強く、生食用ではなく、干し柿に 使われる事が多い渋柿なんですが、干し柿 は渋が強いほど甘くなると言われています ので、まさに干し柿に適した柿なんです。 なお、当組合の直売所は12月29日、30日は営業しております。 電話・FAXでの受付もしております。

もっと