恐悦 至極 意味。 「至極」とは?意味や使い方を解説します!

「恐悦至極」とは?意味や使い方を解説

この2つの漢字が組み合わさり、喜びながらもつつしんでいる状態を表しているのです。 主に別の言葉の前に引っ付いて使われることが多いのですが、後ろに引っ付く場合もああります。 祝いごと 『謹む』(つつしむ)は 1.あやまちや軽はずみなことがないように気をつける 2.度をすごさないようにする 3.うやうやしくかしこまる 『恭しい』(うやうやしい)は 相手を敬って、礼儀正しく丁寧である といった意味になります。 意味は 「思う」または 「知る」の謙譲語であり、それに丁寧の 「ます」がついた形です。 「このような貴重な機会をいただけて恐悦至極にございます」• 恐惶謹言(きょうこうきんげん)• 「恐惶嘆願」とは「おそれかしこまりながら、心からお願いすること」という意味です。 それぞれ単独でも用いられます。

もっと

「恐悦至極」の意味とは?英語表現や類語、使い方の例文をご紹介!

実際に使う場合、ビジネスシーンで使うことから、敬語での表現をすることになります。 「このたびは、大変なお心遣いをいただき恐縮至極でございます」 など。 。 「恐縮至極」の意味 「恐縮」と「至極」の意味についてそれぞれ確認しましたが、それぞれの単語の意味を合わせると、「恐縮至極」の意味はわかりやすくなります。 」と表現できます。 ・温かいお心遣いをいただき、恐縮至極に存じます。 つまり 「思います」という意味になります。

もっと

「至極(しごく)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

その様な時にこの例文の様な言葉がスムーズに出れば、社会人として一人前と言えます。

もっと

「至極」とは?意味や使い方を解説します!

・本日は日和も悪いなか、ご足労いただきまして、恐縮至極に存じます。 「ご臨席賜りましたことは、この上ない喜びに存じます」「お褒めの言葉をいただき、無上の喜びをかみしめております」「ご丁寧なご祝辞をいただき有難き幸せに存じます」などと用います。 至極という言葉には、大きく分けて5つの言葉があります。 この「恐縮至極」という言葉を使った例文で使い方を見てみましょう。 「存じます」という言葉は、よく使われる敬語なのであらゆるシチュエーションに出てくる言葉になるでしょう。 「恐悦」は 「恭悦」とも書く場合がありますが、どちらにしても難しい漢字であり、普段日常では頻繁に使わない言葉なため、読み間違いや漢字には注意が必要です。

もっと

恐悦至極の意味,使い方,例文,類義語,同義語とは?

」という意味になります。 ですからこのような場合は、 「〜と思いましたので」に変えて文末だけ 「? 「至極」とは この至極は、「これ以上の程度はありえないさま」という意味を持った言葉です。 恐惶嘆願(きょうこうたんがん)• 恐々謹言(きょうきょうきんげん)• それでは、「恐縮至極」の意味を見て行く前に、まずは「恐縮」という言葉と「至極」という言葉について意味を見てみましょう。 この漢字を含む単語には、「極限」「極秘」等があります。 「恐悦至極」の使い方と例文 「恐悦至極に存じます」「恐悦至極にございます」など敬語と使う 「恐悦至極」の語は目上の人に対して謝意を伝える言葉であるため、「存じます」「ございます」などの敬語とともに次のように用います。 「恐悦に存じます」といったように単独でも使われます。 ・このたびはたいそうなお品をいただきまして、恐縮至極に存じます。

もっと

「恐悦至極」の意味とは?使い方や返し方を例文で解説

この「至極」という言葉は、単独で使うよりも他の言葉にひっついて使う場合が多い言葉です。 再拝稽首(さいはいけいしゅ)• 相手に対し敬意や感謝の意を述べる際などに用いられる。 【例文】• 「きょうえつしきょく」と読まない様に注意しましょう。 ビジネスにおける改まった席や、目上の人への手紙などに用いることが多く、日常会話ではあまり使う機会はないかもしれませんが、いざという時のために知っておきたい言葉です。

もっと