トランプ バイデン 違い。 【図解・国際】米大統領選・トランプ氏とバイデン氏の比較(2020年6月):時事ドットコム

「トランプ vs. バイデン」日本経済に利するのは? 短期のトランプ、中長期のバイデンか

というのも、バイデン氏は国際協調路線に加え、アル・ゴア以来民主党が重視しているクリーンエネルギー政策を掲げ、電気自動車の普及を謳(うた)っています。 実体経済のわりに株価が維持されていて、バブル状態とでも言うべき日本の株価も大幅に下落するのは避けられません」 クリーンエネルギー政策 ならば、稀代の「寸劇王」と知りながらも、我々はトランプ大統領の2期目を期待すべきなのだろうか。 2020年10月22日、米テネシー州ナッシュビルで開かれた2回目の候補者討論会で発言するトランプ大統領(左)とバイデン前副大統領(ゲッティ=共同) 写真提供:共同通信社 菅総理、日米同盟強化へ向け次期アメリカ大統領を注視 菅総理大臣は11月4日の衆議院予算委員会でアメリカ大統領選挙に関して、「日米同盟は日本外交の基本だ。 こうした岩盤支持層は今も健在だが、無党派層の離反が顕著になっている。

もっと

どう違う? トランプ・バイデンが訴える主な政策|アメリカ大統領選挙2020|NHK NEWS WEB

社会保障 トランプ大統領は、オバマ前政権が導入した医療保険制度、いわゆるオバマケアについて、財政負担が大きく、保険加入をめぐる個人の自由も奪うなどとして、撤廃を訴えています。 次の大統領が同じかも知れないし、違うかも知れないですよね。 仮にバイデン氏が中国と上手く付き合えれば、例えばスマートフォンを作っている中国企業との取り引きが活発になるかもしれません。

もっと

メキシコの壁はカネの無駄!トランプと違いすぎるバイデンの移民政策&主張

9月30日に行われた第1回のテレビ討論会で、ふたりは「史上最低」と評される罵り合いを演じた。 一方、バイデン前副大統領は、移民はアメリカの成長の原動力で国の根幹を成すものだなどとして、適切な入国管理を行ったうえで移民を受け入れていくべきだと主張しています。 この選挙で決まった選挙人が12月14日に行われる投票で大統領を決める間接選挙となっているため、11月3日の選挙こそが大統領を決める選挙になります。 あとバイデンが述べている、新しいカテゴリのビザというのが気になりました。 30日は再び中西部のミシガン、ウィスコンシン、ミネソタの各州で遊説を予定している。 前出の山崎氏が分析する。

もっと

トランプVSバイデン、最後の討論会で政策の違いが鮮明に (1/4)

バイデン陣営の要請に従い、支持者らはマスクを着用した。 2 人種問題 バイデン氏: 人種間格差をなくすために投資することを表明。 というのも、バイデン氏は国際協調路線に加え、アル・ゴア以来民主党が重視しているクリーンエネルギー政策を掲げ、電気自動車の普及を謳(うた)っています。 とりわけ、コロナ禍の喫緊の課題である経済再生を考えると、いくら罵倒合戦であろうが寸劇であろうが、世界は11月3日に投開票日を迎える米国大統領選から目を離すわけにはいかないのだ。

もっと

トランプ氏とバイデン氏 日本経済にいい影響をもたらすのはどっちか

補佐官やホワイトハウスのスタッフに、黒人はわずかしかいません。 宮家)確定するまで時間がかかるかも知れません。 製品の省エネ化に取り組んできた家電メーカーも潤うのではないでしょうか」(同) 結局、ふたりの違いは… そう考えると、バイデン氏を歓迎すべきなのか。 バイデン氏はラストベルトのトランプ支持層を切り崩すため、ペンシルバニア州で政策発表したといってよいでしょう。 「トランプ大統領が2期目に突入すれば、遠からず米中戦争や環境破壊のリスクを抱えることになってしまい、日本経済も破滅的な打撃を受けかねません」 さらにシグマ・キャピタルのチーフエコノミストである田代秀敏氏も、 「トランプ大統領は4年前に当選した直後から、トヨタの工場を全て米国に移転させるなどと主張していました。 短期のトランプ氏か、それとも中長期のバイデン氏か しかし日本の命運の少なからぬ部分が、トランプ氏もしくはバイデン氏の影響を受けるのは抗(あらが)いようのない事実。 では、両者のどちらが勝つことが、日本の経済にとって「マシ」なのだろうか。

もっと

【図解・国際】米大統領選・トランプ氏とバイデン氏の比較(2020年6月):時事ドットコム

「トランプ氏が変わらずに中国に厳しく、強硬姿勢を貫くのは間違いない。 これは米国経済界がトランプ氏落選を恐れている証と言えます」 第一生命経済研究所首席エコノミストの永濱利廣氏も、「短期的には」としてトランプ氏のほうが米国経済、そして日本経済にとってもプラスなのではないかと解説する。 トランプ氏は「あの男に負けるなんて想像できるか?」と述べてバイデン氏をあざけり、再選すると確信していると続けた。 これに対し、バイデン前副大統領は、パリ協定からの離脱は暴挙だとして、大統領に就任すれば協定に再び参加すると表明しています。 同氏の主張によればマスク着用の効果に関する科学的な論拠はいまだ定まっていないのだが、医療に携わる専門家らは、マスクをすることでウイルスの拡散が抑えられるという見解で一致している。 さらに聞きたいことがありそうな様子を見せた男性に対し、バイデン氏が集会が終わった後で続きを話そうと提案する一幕もあった。 通商摩擦激化に加えて、格差等の問題で米国内の分断が加速することも懸念されます。

もっと