山井 完全 試合。 山井―岩瀬の完全試合 落合采配支持した者に生じる疑心:朝日新聞デジタル

山井大介

[ ] 日本野球機構 2012年12月4日 2015年4月3日閲覧• でも、なぜか、みんな負けたとは思えないくらいにどんちゃん騒ぎできたんです》 アイスボックスに、ビールもワインも焼酎も、あるだけの酒をすべて注いで仲間たちと回し飲んだ。 現実的に右打者の自分が打席に立つことは想像できなかった。 しかし、中日監督の落合は山井を降板させ、抑え投手の岩瀬を登板させた。 それがプロたるゆえんでしょう。 いや交代です…。

もっと

松本秀夫アナが伝えた日本シリーズ名勝負 「山井を代えた落合監督の決断力に脱帽」

だけど、後から、そうだ相手は落合さんなんだ、と思いました》 「ホームランバッターが先頭にいたら、相手は嫌だろう?」 田中は日本ハムにおいて落合の野球観に触れた数少ない1人だった。 「ホームランを打てるバッターが先頭にいたら、相手は嫌だろう?」 落合は、田中に言った。 シーズン終盤の8月31日に初めて一軍に登録されたが、その時点での二軍成績は13試合登板、0勝5敗、防御率7. 38 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 42 8. 右手の指のマメの状態がよくないのに引っ張るのは、投手コーチとしていい状況ではない」と、山井のケガを心配してかけた言葉が「どうする?」だったと証言。 だからこそ、落合さんなんです》 つまり落合の決断は落合だけのものだった。 いつものようにイニングの合間にスイングをして、体は温めていたものの、最終回を迎える頃には心のスイッチを切りかけていた。 金子は、自分が限られた選択肢の中に、閉じ込められてしまったような気がした。 そういう選択しかありませんでした》 落合が決断した投手交代により、曲者であるはずの金子は動かぬ石仏にされ、時限爆弾はそのカウントダウンを断ち切られた。

もっと

憲伸が見た真実!2007年日本S完全試合交代劇!

なお、永井の後に登板した篠原が安打を許している。 はやの故障によりシーズン前は候補と言われたが、右肘の違和感で開幕一軍を逃し、その後は左足首の骨折もありシーズン終盤まで一軍に定着できなかった。 このことについて落合監督は、「そんなに簡単には記録ってのは出させてくれないもんだ」と語り、「あの時(2007年の日本シリーズ)とは訳が違う。

もっと

2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

落合は著書『采配』で、山井を交代させた理由は右手中指のマメ()をつぶして出血していたことをあげた。 昨年4月に東海テレビで放送されたドラゴンズ応援番組の中でOBの山本昌氏が「山井が6回に(ベンチ裏に)着替えに来たときに指を見せてもらったんですが、ベロッとめくれていたんです。 ヒルマン監督の最後の試合だったので勝ちたかったです。 そういう選択しかありませんでした》 落合が決断した投手交代により、曲者であるはずの金子は動かぬ石仏にされ、時限爆弾はそのカウントダウンを断ち切られた。 スライダーが右打者の顔の前から外角いっぱいに落ちていく。

もっと

山井選手の完全試合???

あの時はギブアップだった。 で、このまま終わってしまうのか、というところで岩瀬が出てきて、更に異様なムードになったのに、さっさと三人で抑えちゃうという。 中立的意見 [ ]• プロ22年目、39歳、ミスター日ハムと言われる男は、代打屋としてベンチにいた。 いちばん間違いがないでしょ?」 もしこれが点差の開いたゲームであれば、落合監督は山井を続投させ、記録が途切れたら岩瀬投入……という策を採ったかもしれません。

もっと

山井大介

《パーフェクトの投手を代えるなんて考えもしませんでした。

もっと