野口 竜司。 「AIは作るから使う時代へ」──ZOZOテクノロジーズ野口氏:日経クロストレンド

野口竜司とは

AIとお共働きスキルを身につけよう。 開始1年くらいたった時に、この講座の延長の内容で本を出してみませんか?という話しで盛り上がりまして、本書を書くことがその場できまりました 笑)。 さすがラグビーの聖地といわれる「花園」がある大阪ですね。 田端 結果として、ですよね。 ZOZOテクノロジーズ(東京・渋谷)のVP of AI driven business, イノベーション推進部部長の野口氏はそこに参加して驚いた。

もっと

文系AI人材になる / 野口 竜司【著】

学業やラグビーで困ったことがあれば相談しあえる兄弟っていいですね^^ 前回のワールドカップ日本代表のフルバックといえば五郎丸選手でしたが、野口選手はまた違うタイプのフルバックのようです。 事の真相はというと、、、 2018年6月に行われたジョージアと日本代表の対戦。 2019年6月初旬に米ラスベガスで開催されたカンファレンス「Amazon re:MARS 2019」。

もっと

野口竜司「達人に学ぶGoogleアナリティクス実践講座 売上に貢献するデータ分析がわかる7つのレッスン」発売直前インタビュー。│株式会社イー・エージェンシー

同社のVP of AI driven business /イノベーション推進部 部長に就任し、ZOZOTOWNにおけるAIとデータを活用したビジネス推進を担う。 Web黎明期のプロジェクトでは、フロントエンド、バックエンド、ディレクター、デザイナーというような分け方はしなかったと聞く。 - 高校・大学時代の同級生。 道具としてAIを使えるところは、フルで使っていかなくてはいけないと感じました。

もっと

野口竜司

ベストフィフティーンに選ばれたことがある。 ー なぜこのタイミングでAI活用を本格化しようと思ったのでしょうか? 金山:このタイミングではなく、ずっと前からしなくてはいけないと思っていたことです。 そうですね。 Ledge. ・専門用語は必要最低限に ・豊富な業種別事例は「自社での活用」を考えるヒントに。

もっと

ZOZOを日本一、AIを活用している会社にする【野口竜司・田端信太郎 対談】

そのために転職市場でもAIエンジニアやデータサイエンティストの募集は多いが、AIディレクターやコンサルタントなどの募集はほとんど見かけない。 野口 はい、ZOZOテクノロジーズの代表である金山(代表取締役CINO金山裕樹)が大学時代の後輩で、彼から「ZOZOを日本一、AIを活用した会社にしたい」と誘われ、そのビジョンに強烈に共感して、入社を決意しました。

もっと