日本 語 教育 振興 協会。 仏検のAPEF

全外協とは

全外協は国と時代の要請に応えながら、民間外国語教育施設が培ったノウハウを活かし、創意工夫を凝らした学習環境を整備することによって、日本の外国語教育のさらなる充実と発展に貢献してまいります。 平成3年9月に発足した「全国外国語教育振興協会」。 月別イベント一覧• 学校教育が担う言語教育(国語教育・外国語教育)は、全ての教科教育・人間教育の基礎・基本でありますが、その改善も求められています。 ICTの活用により日本語教育機関及び日本語教育に関する最新情報を協会ホームページ及び「日振協ニュース」(電子版)の配信により情報提供の充実を図る。 平成15年10月、文部科学省生涯学習政策局生涯学習推進課所管の社団法人として認可されました。 平成初頭よりパソコンは急速に普及し、学生、一般社会人向けの検定試験は存在したが、児童や高齢者、障害者などのハンディキャップを持つ人たちを包容できるパソコン検定試験はなかった。

もっと

公益社団法人日本理科教育振興協会 入会のご案内 « 科学を伝えていく 公益社団法人日本理科教育振興協会

) 〔設置目的〕 我が国における日本語教育機関の質的向上を図るため,必要な事業を実施し,もって主として外国人に対する日本語教育を振興し,国際間の相互理解の促進に寄与することを目的とする。 日本における外国語教育施設の相互の交流と協力によって、外国語教育事業の健全な発展向上を図るとともに、外国語教育・文化の発展に貢献することを目的として、「全国生涯学習フェスティバル 主催:文部省ほか 」への参加をはじめ、各種講演会、意見交換会などを実施し、積極的な活動を続けています。 文部省(現 文部科学省)・通産省(現 経済産業省)の協力により自主規制ルールを策定。

もっと

仏検のAPEF

一方、コンピュータの急速な発展による言語教育の在り方、また、特別支援教育での言語教育の在り方、さらには、外国人に対する日本語教育の在り方など、解決すべき課題が山積しています。 介護福祉士,技能実習生,特定技能外国人,定住者等の日本語教育について,関係各省,地方公共団体,企業,関係機関との連携の推進 (6)維持会員活動等に対する支援• 生涯学習を推進する本財団としては、ますます進行する情報化社会において、「全ての人が等しく挑戦できるパソコン検定試験を創ることは時代の流れだ」と訴えていた。

もっと

(社)全国外国語教育振興協会

これってどうやってできるんだろうとか、あの仕事は どんな仕事?ってこと、ここにどんどん載せていくよ。 留学生の適正な受入れを促進するため,内外の関係機関と密接に協議• 全外協は、学習者が安心して学べる環境作りを目指している団体です。

もっと

JPCA 日本PCA 教育振興協会|学校支援地域本部事業|学校支援ボランテイア|JPCA

フランス語の普及は、文学・芸術の分野から始まり、広く経済、科学技術、国際協力の分野、料理やスポーツ、観光などの多様な分野におよび、ヨーロッパだけでなく世界の文明・文化を理解する基礎となっています。 本財団は、臨機応変かつ主体的・積極的な運営を行うことを目標に、一般財団法人への移行を選択して、平成26年3月一般財団法人全日本情報学習振興協会として認可され移行した。 それらの課題を一つずつ解決して行くことで、豊かな人間、豊かな社会を構築してことに繋がっていくものだと思います。 RPGゲームでバーチャルにおしごと体験ができる「 」、どんなお仕事があるのか調べることができる「」、お仕事に関するいろんなことを質問できる「 」、など、楽しいコンテンツがあります。 研修旅行は2007年に終わりましたが、1981年に始まった実用フランス語技能検定試験(仏検)は順調に進展して、今では1986年に財団法人として発足したこの協会の主軸事業となっています。 今後は学校教育の場でフランス語振興を推進していくのみならず、広く生涯教育の一環としてのフランス語教育の伸張や各種の文化交流の推進にも力を注いでいく所存です。

もっと

一般財団法人言語教育振興財団

維持会員及び準会員の日本語教育機関における日本語教師の採用を支援するため,協会ホームページの日本語教師求人情報ページの運用• インバウンドや生活者としての外国人の急増、企業・地方自治体等での外国人材の採用、教育分野における早期英語教育、大学入試改革、海外留学の奨励等、様々なステージで、それぞれの役割やニーズにあった実践的な外国語の習得が求められる時代となりました。 当時検定試験は、文部省の監督下で、それぞれの団体が本財団と同様に、独立した事業体として検定試験の運営を行っていた。 (4)日本語教育機関に関する調査・研究・開発• 平成15年10月、文部科学省生涯学習政策局生涯学習推進課所管の社団法人として認可されました。 日本語教育機関における刑法犯や所在不明等の状況を毎月点検し,指導 (5)日本語教育機関と大学,専門学校,企業,地方公共団体,関係機関等との連携協力の推進• 日本語教育の推進に関する法律の公布・施行に伴い,附則の検討事項 第2条 である日本語教育機関の制度の整備が,速やかに実現できるよう政府並びに日本語教育推進議員連盟等へ要望• 日本語教育機関の実態調査について調査項目の見直しを行って実施し,その調査結果の概要を作成・配信• 日本語教育機関の支援事業 (1)新型コロナウイルス感染症への対応 新型コロナウイルス感染症の対応について,全国の日本語教育機関へ情報を発信するとともに関係省庁並びに各政党等に日本語教育機関の次の要望事項を説明し,その一部は実施されているが,今後引き続き,関係方面に働きかけ実現を図る。 平成3年9月に発足した「全国外国語教育振興協会」。 日本語教育機関の水準向上のための研修会・研究会等の開催• 日本語学校学生災害補償制度の加入希望者の取りまとめ及び普及促進 (3)日本語教育機関及び日本語教育に関する情報提供• 会員は「同業者の自由競争を妨げることなく協調し、切磋琢磨する」という理念のもと、全外協安心マークを掲げ、経営者セミナー、語学教育施設視察、外国語講師トレーニング、外国語学習者向けセミナー等の事業を通して、日本における民間外国語教育施設の健全な発展と生涯学習としての外国語教育の普及と促進に努めております。

もっと

仏検のAPEF

全外協は、学習者が安心して学べる環境作りを目指している団体です。 平成20年の行政改革では財団法人や社団法人と各省庁との財団法人・社団法人にかかる新財団法が施行されることとなった。 日本における外国語教育施設の相互の交流と協力によって、外国語教育事業の健全な発展向上を図るとともに、外国語教育・文化の発展に貢献することを目的として、「全国生涯学習フェスティバル 主催:文部省ほか 」への参加をはじめ、各種講演会、意見交換会などを実施し、積極的な活動を続けています。 全外協とは 文部省(現 文部科学省)の指導のもとに設立された業界団体。 そのような本財団の方向性に、当時の文部省や政界人の多くから賛同が得られ、5年間の運動を経て平成11年10月に本財団の設立が認可された。

もっと