稲城 第 六 中学校。 稲城第六小学校 稲城市ホームページ

稲城第六小学校(東京都稲城市)

素直な生徒、生徒思いの教職員、協力的な保護者・地域が三者一体となり、「誠意と信頼」を基調とし、生徒の「生きる力」の育成や、「開かれた学校」づくりに全校で取り組んでいます。 すすんで体を動かす子 施設の案内. また、芸術体験、職場体験、保育体験、伝統工芸体験、宿泊体験、農作業体験、ボランティア体験などの体験活動や、心の授業、アドベンチャープログラムによる人間関係づくりに力を入れています。 本校は、昭和50年4月に開校しました。 よく聞き、よく考えて伝え合う子• 教育目標 人権尊重の精神を基盤として、豊かな個性と創造力をもって21世紀をたくましく生きぬく生徒の育成を目指して、次の目標を設定する。 ・ 通学区域 学区 の調査年度は【2019年度】です。

もっと

稲城第六小学校 稲城市ホームページ

通学区域 学区 は毎年見直しの対象となりますので、詳細は必ず自治体の教育委員会にお問い合わせください。 たくましく生きる人• 稲城市南西の緑豊かな丘陵地帯にある学校です。 多摩川がすぐ側にあり、本校の校庭と校舎間には谷戸川が流れています。 【参考:学級編制の弾力的運用】 学級編制の標準は、1学級あたりの人数の上限を示したものであり、小・中学校においては40人 小1は35人 が国の標準となっています。 助け合って働く人 施設の案内. 学区の可能性が高いエリアは、より濃いオレンジ色で色塗りされています。 また、通学区域 学区 は毎年見直しの対象となります。 東京都においては、上記の学年について、特別な学級編制を実施しています。

もっと

稲城第六中学校

・ 地図上で表示されている通学区域 学区 情報は、【2019年度】の通学区域情報を元に、ガッコムが独自に作成・加工したものです。 仲良く助け合う子• 学校の特色 昭和47年創立。 教育目標 人権尊重の精神を基盤として、生涯にわたり主体的に生きる人間の基礎を培うとともに、心身共に健康で知性と感性に富み、人間性豊かな未来社会の担い手となる児童の育成を目指して、次のような教育目標を設定する。 個別の学校の状況については、教育委員会に問い合わせてください。 また、本校では一年をかけて多摩川の自然や文化についての学習をしたり、地域の方に梨、稲などの農作業のことを教えていただいたり、大丸用水に親しんだりして、ふるさと意識を育てています。 進んで学ぶ人• データは必ずしも正確とは限りません。 どうかご注意の上、ご参考までにご利用ください。

もっと

稲城第六中学校(東京都稲城市)

そして、各学年ごとの児童生徒数を標準の人数 40人、小1は35人 で除して得た数(1未満の端数切り上げ)が当該学年の学級数になります。

もっと

稲城第六小学校(東京都稲城市)

・ 通学区域は、地域によって「学区」「校区」「校下」等の通称が使用されていますが、当サイトでは主に「通学区域」「学区」を使用しています。

もっと

稲城第六中学校

また、学区域には大丸用水が流れ、梨園や水田、畑が点在している自然豊かな環境です。 。 心の豊かな人• 小学校2年生 35人以下学級、T・T又は少人数指導を学校長が選択 中学校1年生 学年2学級以上で、1学級の平均生徒数が35人を超える学年で35人以下学級、T・T又は少人数指導を学校長が選択 ・現在、小中学校における学級規模(クラスサイズ)の上限は、小学校1年生で35人、それ以外の学年では制度上は40人です。

もっと

稲城第六小学校(東京都稲城市)

。 。 。 。 。 。 。

もっと

稲城第二中学校 稲城市ホームページ

。 。 。

もっと