発足 読み方。 発足の読み方と意味、「ほっそく」と「はっそく」正しいのは?

「発足(はっそく)」と「発足(ほっそく)」。どちらのほうが正しい発...

こちらも発足や設立と似た意味を持っていますね。 そんな日本語って案外たくさんありますよね。 1:、• 呉音とは日本の漢字音の一種であり、主に 仏教関係の言葉に多く用いられています。 「はつぎ」が主流になっていることが見て取れることでしょう。 (『』「 」)〔〕• 発足を用いた例文としては、「大学で新しいサークルを発足する」や、 「田舎の実家から都会へと発足する」のような使い方で用いられています。 日本語とポルトガル語の対訳辞書)には、「発足」にハッソク・ホッソクの両方の読みが記載されています。

もっと

「発足」ってなんて読む?社会人は知らないと恥ずかしいかも…

登記をして会社を立ち上げる場合、 「設立する運びとなりました」という表現でも間違いではありません。 「静岡を-して/浮雲 四迷」 出典:『大辞林』(三省堂) 発起 「発起」は一般的にあまり使われないせいか、「ほっき」という読みが残っているようです。

もっと

「発足(はっそく)」と「発足(ほっそく)」。どちらのほうが正しい発...

Q0132 「発足」という語はハッソク・ホッソクの2つの読み方がありますが、いったいいつごろから、どちらも正しいとされてきたのでしょうか? A 異説もあるようですが、「発」をハツと読むのはいわゆる漢音で、ホツと読むのは呉音だとされています。 一年の最初のものは大発会という。 その他にも 出発することという意味もあります。 筆者は「ほつぎ」と、かつて習いましたが、今は「はつぎ」が主流になってしまいました。 「足」という漢字 「足」という漢字は、音読みで「そく」、訓読みでは「あし」、「た(りる)(る)(す)」と読みます。 たすこと ・履物の数を数える単位のこと 「足」を使った熟語の意味は、「足」単独の意味を活かした2パターンに概ね集約されます。 おこり ・発案(はつあん):新しい考えや案を出すこと ・発音(はつおん):声や音を出すこと ・発火(はっか):火が燃えだすこと ・発覚(はっかく):隠していたことが見つかること。

もっと

「発足」の意味と使い方5つ|類語/対義語・「創立」との違い

もちろん「はっそく」も間違いではありませんよ。 ところが、多くの人が間違った読み方をするうちに「はつ」音でも正しいことになった。 画数は九画で、小学校三年生で習う漢字です。 悪いことが見つかること ・発車(はっしゃ):電車やバス、自動車などが動き出すこと 「足」の漢字の意味と使い方 ここでは、「発足」という熟語に使われている「足」という漢字について見てみましょう。 「はつ」と読むケースでは、他に「発見(はっけん)」「発砲(はっぽう)」「発祥(はっしょう)」などがあります。 企業以外にも学校などでも使われます。 発足(はっそく) 「はっそく」もまた、「発足」の読み方の1つとなっています。

もっと