オランダ 商館。 平戸オランダ商館

オランダ商館

フルステーヘンの参府中の日記は、途中の地名や景色、見聞など様々な情報を含んでいる。 「一言も抗議せず、将軍の命令をただちに実行した ことは、ヨーロッパ諸国の中で、オランダだけが日本 との通交貿易を許されることになる要因の一つである」 と永積洋子は書いています。 ポルトガル人は寛永13年(1636)長崎に作られた人工の島「出島」に隔離され、寛永16年(1639)には日本から追放、来航を禁止された。

もっと

オランダ商館とは

参府日記の終わりには通過した地名と距離の一覧が付されている。

もっと

第1部 1. 日蘭交流の始まり

少数の生存者の中に、船長クワケルナック、高級船員ヤン・ヨーステン、イギリス人航海士のウィリアム・アダムスらがいた。 屈強な男を20人ほど陰に待機させ、カロンが拒否したら、 すかさず殺すという計画で、肥前や肥後、有馬の兵士に オランダ船を破壊する準備もさせていました。 オランダに亡命したフランスのユグノー教徒。

もっと

日本関係海外史料 オランダ商館長日記 訳文編之三(上) syoho12

56代 48代 、 ヘンドリック・ファン・ブイテンヘム(2度目)(1687年10月25日-1688年10月13日)• その結果、 蘭学を学ぶ人が現れます。 京都を経て江戸到着は三十日だった。

もっと

日本関係海外史料 オランダ商館長日記 訳文編之三(上) syoho12

その後も請援の船があったが、援軍が出されることはなかった。 収載史料の書誌的解説及びフルステーヘンの略伝については、『所報』第三八号の三八~三九頁を参照されたい。 底本は、島原の乱の記事への興味から歴代オランダ商館員が好んで愛読したものと見えて、痛みや剥落が多く、その上所蔵者が合成樹脂加工してさらに解読が不便になっており、多数の異本と校合して原文編を作ったが、訳文編では、原文編に集成された校合済の原文に拠り訳述し、傍註・割註・標出を付した。 慶長14年()、平戸に平戸を建設する許可を得たオランダ東インド会社は、を初代オランダカピタン(商館長)として派遣した。 87代 79代 、 ヨアン・アオウェル(2度目)(1718年10月13日-1719年10月21日)• 平戸のオランダ商館は、東洋各地の商館の中で最高の利潤を上げるようになったといわれます。 オランダ風説書の中身はオランダの貿易船がいつ出発し、どこに立ち寄り、途中で船に出会ったかどうか、いつ到着したのかといった 『定期報告の部分』と 『海外情勢についてまとめた部分』とに分かれています。 112代 104代 、 (1746年11月3日-1747年10月25日)• しかし家康も日々拡大していくキリスト教を懸念し、慶長17年()、豊臣政権以来の新たなを発布、貿易のみの外交関係を推進する。

もっと

平戸オランダ商館

東京ドームの約3分の1です。 出島オランダ商館 [ ] 詳細は「」を参照 内に築かれた人工島の 出島は、面積3,969坪(約13,000)で4区画に分かれ、、の諸役人、通詞の家や倉庫など65棟が建っていた。

もっと

平戸オランダ商館

有名なものでは、フランスの 二月革命やその後、 ルイ・ナポレオンが大統領に選ばれたこと、ヨーロッパ各国に自由主義、民族主義が波及して混乱にあることなどが記載されています。 天文19年()にのにポルトガル商船が来航し、4年()からは平戸での貿易(南蛮貿易)を許可され、平戸が建設されるようになった。 その背景には寛永15年(1638年)2月28日に終結した島原の乱がありました。 船団は南アメリカ南端を回って太平洋に入るコースをとったが、嵐やスペイン・ポルトガル船の襲撃にあい、東洋までたどりついたのはリーフデ号のみであった。 カテゴリ:• これは1637(寛永14)年10月に起きた島原・天草の乱 を重くみた幕府が、キリスト教を取り締まる目的 から来航禁止を決定したもの。 143代 135代 、 アレント・ウィレム・フェイト(5度目)(1780年11月6日-1781年11月23日)• 31代 23代 、 ヘンドリック・インディヤック(2度目)(1662年11月6日-1663年10月20日)• これをオランダ商館長がすぐに受け入れると 思わなかった幕府は、いずれにせよ流血の事態 は避けられないと予測していたようです。 69代 61代 、 ヘンドリック・ディックマン(4度目)(1700年10月31日-1701年10月21日)• しかし、1640年11月9日、将軍徳川家光の命を受けた大目付井上政重により、1639年建造の倉庫にキリスト生誕にちなむ西暦の年号が示されているとして、当時の禁教令の下、全ての建物の破壊が命じられました。

もっと

【オランダ風説書とは】わかりやすく解説!!提出された理由や内容・影響など

『天馬異聞』はそのほんの一部の意訳であったが、ここでは原文の逐語訳が示される。 この状況を重く見た幕府は、キリスト教の禁教を徹底させるために、朱印船貿易の廃止を決意した。 これは、現在の貨幣価値に換算すると約4億円。 1856年に出島解放令が出され、出入りは全く自由となった。 ヤン・ヨーステンは朱印状を与えられ貿易に活躍、江戸の居住地はその名をとって「八重洲河岸」と呼ばれるようになった。

もっと