ロイ ジョーンズ ジュニア。 11/28復帰戦 マイクタイソンとロイジョーンズJrの戦績比較

ボクシング=タイソン氏、ジョーンズJr氏と引き分け

その高い身体能力のままにのらりくらりと相手のアタックをかわしてジャブとストレートを軸にアウトボクシング。 幼い頃からスポーツ万能だった彼はフットボール、バスケットボールでも才能を発揮する。 2013年12月28日、対戦を希望していたアンデウソン・シウバがUFCの試合で敗北、ロイ・ジョーンズは新たに対戦したい相手として同じく総合格闘技の選手であるを指名した。 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 11回も逆にトリニダードが圧力を強めて前に出るが中々強打が当たらない。 また、ミドル級出身者がヘビー級の王座に輝くのは、ボブ・フィシモンズ以来106年ぶりという快挙でした。

もっと

11/28復帰戦 マイクタイソンとロイジョーンズJrの戦績比較

論争を呼ぶ結果を受け、半年後ダイレクトリマッチが組まれることとなる。 アンデウソン・シウバとボクシングマッチが出来るならやる気があるそうで、アンデウソンと契約しているUFC側に「どうなのよ?やるの?こっちはやるつもりだよ」と持ち掛けているようです。 そして韓国びいきの判定を行った審判、つまり買収された審判は最終的に永久追放処分となりました。 realroyjonesjr -• 同王座は1度防衛後に返上。 2002年11月18日、IBF世界ライトヘビー級王座を剥奪された。 2分8Rで試合を行い、ドローとなった(判定決着なしのルール) 税金滞納 [ ] ジョーンズは2011年4月、2003年から2004年の税金を滞納しており追徴課税を含めて350万ドル 約3億5千万円 の税金未払いがあることが報じられている。 歴代ベストマッチを10挙げるなら、1つはコレだと思っています。

もっと

タイソンと対戦するロイ・ジョーンズはボクシング史上最高の身体能力を持つボクサー(木村悠)

文句なしの勝利を確信していたジョーンズは泣き崩れ、記者会見でも泣きながら「盗まれた金メダルを返してほしい」と訴えたことから、「盗まれた金メダル事件」として知られる。 「もしも」ですが、フロイド・メイウェザーJrと同じ階級・全盛期同士で一戦があったなら、ロイが圧勝したんじゃないかなぁと思うぐらい、全盛期ロイの強さは圧倒的でした。 親父と一緒にビデオで見たモハメド・アリvs. また、快活な喋りは、なるほど、現役選手でありながら、HBOの解説者に抜擢されたことを理解させた。 2013年12月21日、ロシアでクルーザー級王座決定戦をジネ・エディーネ・ベンマクホルフと行い12回判定で勝ち、王座を獲得した。 トリニダードがぐらついて下がっていく。 11月18日、を12回判定で下し、IBF世界スーパーミドル級王座獲得。 ボクシング史上最高の身体能力を持つ選手との呼び声も高い。

もっと

マイク・タイソンと戦う「元最強王者」ロイ・ジョーンズ・ジュニアとは?|【SPAIA】スパイア

4年の間に22連勝を飾り、IBF世界ミドル級タイトルを獲得。 この事件は後世に語り継がれる事となるでしょうが、実際に勝った『朴時憲』も被害者でしょう。 全盛期は12ラウンドを通じて圧倒的なスピードと反射神経を誇っていたのに、全盛期後はそれがちょろっとしか見られなくなったというか。 身 長:180㎝• IBF世界スーパーミドル級王座(防衛5)• 決勝戦で地元・韓国のと対戦。

もっと