改正 大気 汚染 防止 法。 大気汚染防止法

さいたま市/大気汚染防止法改正について※石綿(アスベスト)飛散防止対策等の強化

ハ (前略)隔離を行った作業場において初めて特定建築材料の除去を行う日の当該除去の開始前に,使用する集じん・排気装置が正常に稼働することを使用する場所において確認し,異常が認められた場合は,集じん・排気装置の補修その他の必要な措置を講ずること。 公衆にわかりやすい掲示とするための措置• 記録の写しの解体等工事の現場への備付け• 01 施行• (平成二十六年法律第七十二号)• )を大気中に排出し、又は飛散させる施設 (工場又は事業場に設置されるものに限る。 ~大気汚染防止法におけるアスベスト(石綿)飛散防止規制~ 石綿を飛散させる原因となる建築材料(特定建築材料)が使用されている建築物等の解体・改造・補修作業を行う際には、「大気汚染防止法」に基づき、事前の届出・石綿飛散防止対策(作業基準の遵守)が義務づけられている。 イ 特定建築材料を,切断,破砕等することなくそのまま建築物等から取り外すこと。 (平成二十九年法律第四十五号)• 直接罰の創設 直接罰の対象となる措置及び方法の詳細については以下のとおりとするとともに,これに併せて,飛散のおそれのある囲い込み・封じ込めの作業時の飛散防止措置を作業基準に追加する。

もっと

大気汚染防止法の改正による石綿(アスベスト)飛散防止対策の強化について

以下「改正法」という。

もっと

神戸市:大気汚染防止法の改正について

札幌市への事前調査結果の報告(令和4年4月1日施行) 令和4年4月1日以降は、元請業者が事前調査結果を工事前に札幌市へ報告する義務が新たに設けられました。 )等及び報告対象とする建築物等の解体等工事の範囲• 直接罰の創設• 詳しくはをご参照ください。 事前調査に関する記録の写しの解体等工事の現場への備置き 具体的な方法等は指定しないが施行通知等で例示する。 事前調査の記録の内容及び保存期間• 新着情報 令和2年10月15日、「大気汚染防止法の一部を改正する法律の施行に伴う環境省関係省令の整備に関する省令」が公布されました。 都道府県等の報告徴収及び立入検査の対象の拡大• 産廃特措法• 二 当該特定建築材料の除去後,作業場内の清掃その他の特定粉じんの処理を行うこと。 )は,建築物等の改造又は補修の作業であつて,排出され,又は飛散する粉じんの量が著しく少ない軽微なもののみを伴う建設工事を施工する場合には,自ら当該確認を行うことができる。 (保存期間は解体等工事が終了した日から3年間) 〇元請業者又は自主施工者は、特定建築材料の除去等の完了後に、除去等が完了したことの確認を適切に行うために必要な知識を有する者に目視により確認させる必要があります。

もっと

改正大気汚染防止法が成立、規制強化は不十分

また、 石綿含有建材使用有無の事前調査の信頼性確保(調査結果の都道府県等への報告義務付け・調査方法の法定化等)を行うもの。

もっと

公布「大気汚染防止法施行令・施行期日政令・関連告示等(改正)」(改正大気汚染防止法関連)

受注者から発注者への除去等作業の結果の報告の内容,時期,方法等,報告の記録の内容及び保存期間• 第26条 環境大臣又は都道府県知事は、この法律の施行に必要な限度において、政令で定めるところにより、ばい煙発生施設を設置している者、特定施設を工場若しくは事業場に設置している者、揮発性有機化合物排出施設を設置している者、一般粉じん発生施設を設置している者、特定粉じん排出者、解体等工事の発注者若しくは受注者、自主施工者、特定工事を施工する者若しくは水銀排出施設を設置している者に対し、ばい煙発生施設の状況、特定施設の事故の状況、揮発性有機化合物排出施設の状況、一般粉じん発生施設の状況、特定粉じん発生施設の状況、解体等工事に係る建築物等の状況、特定粉じん排出等作業の状況、水銀排出施設の状況その他必要な事項の報告を求め、又はその職員に、ばい煙発生施設を設置している者、特定施設を工場若しくは事業場に設置している者、揮発性有機化合物排出施設を設置している者、一般粉じん発生施設を設置している者若しくは特定粉じん排出者の工場若しくは事業場、解体等工事に係る建築物等、解体等工事の現場若しくは水銀排出施設を設置している者の工場若しくは事業場に立ち入り、ばい煙発生施設、ばい煙処理施設、特定施設、揮発性有機化合物排出施設、一般粉じん発生施設、特定粉じん発生施設、解体等工事に係る建築物等、水銀排出施設その他の物件を検査させることができる。 改正大気汚染防止法の公布について 石綿(アスベスト)飛散防止対策をより一層強化するため「大気汚染防止法の一部を改正する法律」が令和2年6月5日公布されました。 飛散性が比較的低いとして、これまで規制の対象でなかった 石綿含有成形板や石綿含有仕上塗材等を含む 石綿含有建材(いわゆるレベル3建材・非飛散性) を規制対象に追加し、 全ての石綿含有建材(飛散性+非飛散性)を規制対象とすること。

もっと