コロナ 後 の 世界 経済。 「コロナ後」の世界では、国家、企業、社会はここまで激変する…!(田中 道昭)

コロナ後に予想される世界経済4パターン WEDGE Infinity(ウェッジ)

「2年で2%目標を達成する」と豪語した黒田氏の「公約」は、達成時期が度々延期され、18年4月の「日銀展望リポート」にはそれまで「19年度ごろ」としていた時期が削除された。 テレワーク化といっても 中で階層性が生まれるそうです。 トランシェ(切り身)なんて呼ばれていたが、今じゃそれは、ミンチにされたハンバーグだ。 そのため都市に居住するメリットが少なくなり、物価・地価が安い地方への移住が加速することで、地方分散化が進展すると思われる。 (KyodoWeekly9月21日号から転載). 新型コロナウイルスが再び多くの国で猛威を振るっているが、ワクチンの開発進展や中国主導の回復を背景に見通しが改善した。 米国のGDPは今年3.7%減となり、2021年は3.2%、22年は3.5%のプラス成長に戻るとしている。

もっと

コロナ後にとるべき経済戦略とは。想定外の事態に強い「遊び」「冗長性」のある収益モデルに投資せよ

最悪のシナリオは米中対立がさらに深まり、大恐慌後のブロック経済化と似たような両国経済の完全なデカップリング(分断)が起きる事態です。 大統領選が近づくにつれ、継続する正当性を政治の場で問われる可能性が高まると河野氏は見る。 まだパンデミック(大流行)の真っ只中にあり、政策はまだすべきことが多くある」と指摘した。 さらに、冬の第3波が来る可能性があり、対策がもとめられます。 お金を借りて支出を増やし、その結果、経済全体の所得を増やすという流れになっていない。 OECDは経済の回復のスピードは国によって異なるうえ、ワクチンの普及の状況にも左右されることから、各国が今後も経済を支える対策を続ける必要があるとしています。 そして現在この5条件が満たされつつあることがわかる。

もっと

コロナ後の世界経済の勝者と敗者 米国、欧州、中国で回復ペースに大きな開き(1/5)

日銀は3月と4月の金融政策決定会合で社債買い入れ枠を従来比で約3倍に拡大。 雇用の面でも、リーマン・ショックより今回の方がもっと深刻な様相を呈し、コロナ・ショックで失われた雇用の規模は、リーマン・ショックの何倍にも達するとの試算も出ています。 もう一つ、感染リスクという意味で、人口が密集する都市の経済活動が抱える問題点も浮き彫りになりました。 マクロな視点で見れば、単に疫病が発生したということでもなさそうですね。

もっと

コロナウイルス後の世界経済

各地方ごとに完結的な産業、医療、教育、流通、ライフラインなどの システムが構築されていくことで1か所で感染症が発生しても 全国に蔓延することを防ぐことができ 一地方を隔離しても 自律的に機能していくことができる。 4億人が失業し、失業率は4%ポイント程度上昇した可能性が高い。

もっと

世界経済 “来年終わりまでにコロナ感染拡大前の水準に” OECD

諸外国もほぼ同じで、1918年の秋に大流行となり、1919年に再度、拡大したのち終息を迎えている。 8%と、1980年以降の長期平均を上回る成長を実現した。 リーマン・ショック後の世界経済、とりわけ米国経済について、景気が回復したとしても以前の状態には戻らないとする「ニューノーマル」という概念を提唱した著名なエコノミスト、モハメド・エラリアン氏(61)に、コロナウイルス・ショックが世界経済に及ぼす影響、そしてコロナ後の世界経済・社会の見通しを聞いた。 いったん緩めてしまった財政規律を取り戻すのが難しいことは、過去の事例からも明らかです。

もっと

コロナ後の世界「4つの未来予想図」、どれを選ぶべき?

。 中国が蒔いた武漢ウイルスを抑えたとしても 中国からの人の往来は厳しく制限した方がよいですね。 これに対しては、企業、家計と並ぶセクターである政府が資金を借りて財政支出を行い、総需要を作ればいい。

もっと

コロナ終息(収束)後の日本世界の経済生活はどうなると予想される?

たとえが悪いですが、末期がんの患者にシャブを打って、一時的に元気にさせたって、余計に寿命を縮めるようなもの。 そういう企業の借金(社債)は、集められて他社の社債と混ぜて証券にして売られるのだ。 それが、「ニューノーマル2. A パンデミックの状況と有効なワクチンや治療法の実用化がどうなるか分からないという点で、先行きは非常に不透明です。 いま世界中の政府は、サプライチェーン、社会保障、そして何より医療という基幹システムに混乱が起きる、あるいは加重負担がかかることを恐れている。 対して米国は2月時点で22とかなり高かった。 主要な中央銀行の中で、日銀が突出して高いことが分かる(図3)。 また「巣ごもり消費」の主役となったのはネット通販で、買い物はQRコードや電子マネー、クレジットカードなどキャッシュレスの決済手段が大勢です。

もっと

「はじめの一歩」 コロナ禍の世界・日本経済の行方

しかし、人命を守るために講じられた感染症対策は、その結果において経済部門におけるつながりというものを、次から次へと断ち切っていくことになります。

もっと