コロナ 生物 兵器。 保守派による「新型コロナは生物兵器」というトンデモを検証する(古谷経衡)

新型コロナウイルスは「生物兵器!?」~米メディアが報じる疑惑

「中国科学院武漢病毒研究所」と 「武漢国家生物安全研究所」の建物は同一敷地内にあり、奇妙なことに 「武漢生物製品研究所」の建物は直線距離で約500m程度のところに建っています。 さらに、「コロナウイルスを使って、エイズワクチンをつくろうとしていたと考えるのが合理的な仮説だ」と主張しているのだ。 英国と米国の経験から何が学べるか。

もっと

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

実は当時、中国のACE2編集技術はまだ力不足だったので、石正麗研究員がACE2編集技術の本場である、アメリカの北カロライナ州の医学チームと提携しました。 また、今年3月、中国科学院の元研究者が新型コロナウイルスがキラーナノロボット(killer nanorobot)の特徴を持っているとコメントした。 元凶は中国ではなく、アメリカだと思っています。 そこに書かれていた内容は、怒りと警告に満ちている。

もっと

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

日本語では「トンデモ学者」「オカルト学者」とすら言われている。 確かに、現在の異様ともいえる拡大と感染力の強さは、このようなウイルスの姿そのままともいえます。

もっと

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

当該研究論文は中国馬蹄コウモリで見つかったSARSに似たコロナウイルスの一種(SHC014-CoV)が疾病を引き起こす可能性に関するもので、研究者はSARSの遺伝子をリバースジェネティクス(逆遺伝学)の手法を活用して一種のキメラ・ウイルスを生成ならびに同定した。

もっと

コロナウイルスが「生物兵器」って本当なのでしょうか?元凶は中国です。

ショハム氏がなぜ 「生物兵器」の存在を疑っているのかについては、カナダに勤務していた同研究施設のウイルス学者のグループが、 エボラ出血熱を含む最も危険なウイルスを不正に中国に送った疑いがあるからです。 〒104-0045 東京都中央区築地4-3-12 1006• ノーベル賞を受賞した翌年の2009年、彼はインタビューで、人体というものは、良い抗酸化の栄養の助けを借りた、良い免疫システムによって、エイズウイルスからよりよく身を守ると述べて、科学者の怒りをかった(良い免疫システムをもっていれば、数週間でエイズウイルスを追い払うことができるとさえ)。 米軍も警戒 元陸上自衛隊化学学校長の鬼塚隆志氏は、致死性と感染力のきわめて高い細菌やウイルスが効果的にばらまかれれば、「人類滅亡に至るかもしれない」とまで言う。

もっと

新型コロナウイルス「生物兵器論」は本当なのか

武漢コロナウィルスへの対抗方法• (中略)このように台湾そして欧米の有識者には、このたびの武漢発のパンデミックに関して、もはやタブーはない。

もっと

燻る「新型ウイルス=生物兵器」説、専門家が解説 コロナウイルス問題の背後に「中台対峙」の可能性示唆(1/3)

当初、中国政府は新型コロナウィルスの発信源は、海鮮市場と述べていましたが、武漢の病毒研究所は、その海鮮市場から30キロも離れている場所にあるらしいのです。 2、「ヒト・ヒト感染」 ただ、生物兵器である可能性は、別の側面からも合致する。 〒104-0045 東京都中央区築地4-3-12 1006• 実験施設とは関係がない。 過去の内海医師の話と一致する• 周到な中国人が研究所からウイルスが漏れるようなヘマをするとも思えない。 こういうものを「遺伝子操作で改変していた」ようなのですね。 54~、著者・坂東忠信氏)と題して、新型コロナウイルスが武漢にある研究所から漏れたものではないか、という断定的な記事が掲載されている。

もっと