大津 労働 基準 監督 署。 大津労働基準監督署

大津労働基準監督署

監督課(旧:第一課) 方面制署の各方面、業務課の所掌事務を行う。 技官独自の職務領域が減少しているので、新人事制度では厚生労働技官の採用を中止して労働基準監督官を安全衛生業務に充てていて、厚生労働技官の採用は廃止されている。 労働基準監督官は、労働基準監督官のまま厚生労働事務官及び厚生労働技官の職務を行うことが可能であるが、厚生労働事務官または厚生労働技官が転官せずに労働基準監督官の職務を行うことはできない。 [16KB] 賃金の支払の確保等に関する法律第7条 「未払賃金立替払制度」は、企業倒産により賃金が支払われないまま退職した労働者に対して、未払賃金のうち定期賃金(毎月きまって支給される賃金)及び退職手当の一部を立替払する制度です。 庁舎入口のイン ターホンを押してください。

もっと

主要様式ダウンロードコーナー|厚生労働省

[18KB] 寄宿舎規則(変更)届 労働基準法第95条 労働者を寄宿させる使用者は、寄宿舎規則を作成又は変更するときはその書類を、所轄労働基準監督署長に届け出なければなりません。 補償部門も徴収部門も、専門的な知識が必要である。 [18KB] 預金管理状況報告 労働基準法第18条 貯蓄金管理協定届に基づき、労働者の預金の受入れをする使用者は、毎年、3月31日以前1年間における預金の管理の状況を、4月30日までに、所定様式により所轄労働基準監督署長に報告しなければなりません。 労働基準監督署長から「事実上の倒産」についての認定をうけた後、未払賃金の額等について、労働基準監督署長へ申請を行い、労働基準監督署長の確認をうけなければなりません。 詳しくは以下の費用ページをご覧ください。

もっと

滋賀県の労働基準監督署一覧|管轄・所在地(住所)・電話番号など

局健康安全課(大規模な労働局では安全課と健康課とに分かれる。 ここでいう倒産とは、大きく分けて2つの場合があり、いわゆる「法律上の倒産」(破産、特別清算、民事再生、会社更生の場合)と「事実上の倒産」です。 次長 全ての方面制署と一部の課制署に置かれる。 厚生労働事務官 厚生労働事務官は、国家公務員II・III種試験に合格して都道府県労働局をいくつかまとめたブロック単位で採用され、同一のブロック内の都道府県労働局で勤務していく。

もっと

労働基準監督署管轄地域と所在地一覧

「給与の支払いが遅滞している」「残業代を払ってもらえていない」「休みたいのに有給休暇が取得できない」「危険な現場で仕事をしている」など、会社が労働基準法違反をしている場合には、労働基準監督署に申告して、会社に対して未払い賃金の支払いや労働条件・雇用環境の改善などの指導等を行うよう求めることができます。 労働基準監督署に申請または届出する場合に使う様式 手続名 根拠法令 手続の概要 貯蓄金管理協定届 労働基準法第18条 使用者は、労働者の貯蓄金をその委託を受けて管理しようとする場合には、労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、所定様式により所轄労働基準監督署長に届出を行わなければなりません。 会社が労働基準法に違反していたとしも、「労働基準監督署に申告したことが発覚したら、会社から解雇させられないだろうか」と、心配な方もいらっしゃると思います。 [18KB] 児童使用許可申請書 労働基準法第56条 (年少者労働基準規則第1条) 使用者は、満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了していない児童(生徒)を使用する時は、所轄労働基準監督署長の許可を受けなければなりません。 監督主務課は複数人の労働基準監督官を擁し、定期に、また労働者から法違反の申告があったときはそれに基づいて、労働者のの確保等を目的として事業場(会社、建設現場等)に立入って、その他の労務関係書類や安全衛生管理の状況を調べ、法違反等が認められた場合はを行う。

もっと

主要様式ダウンロードコーナー|厚生労働省

また、労働基準監督署が是正勧告や指導をしても、残業代の支払いを拒否するなど、会社側が従わないおそれもあります。 中規模署では安全衛生課が置かれないこともあり、その場合は次席の方面主任監督官が安全衛生課長の業務を行う。 いつ、労働基準監督署が攻めてきてもいいように!!(笑) 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 係長・主任・係員が配置される。 下記のとおり、是正勧告や指導を無視する会社に対して、労働基準監督署が事業主を送検するといった対応を必ず行うわけではないため、 労働環境の改善に直接つながらない可能性があります。 その他、各種届出・申請の受付や、に関する認定・確認などを行っている。 厚生労働事務官は、庶務などの管理部門・労災補償部門・保険関係成立の適用部門・徴収部門を相互に異動し、場合によっては労働基準の相談・調査部門に配置されて労働基準監督官の業務補助の一部を行うこともある。

もっと