シノニム 確認。 Oracleのシノニム(synonym)とは

SQL シノニムを作成/使用するサンプル

以下のテーブルがあるとします。 元のオブジェクトが変更や削除されるとシノニムは無効になります。 ここではORACLEデータベースでシノニム SYNONYM の一覧を確認するSQLを紹介しています。 他に何ができますか? 私はほとんどここで私の考えの終わりにいます。

もっと

シノニム

データ型のシノニム プログラミング言語では、に既存の名称とは別の名前を与えることができ、これを型シノニム(type synonym)などという。 シノニムを確認する シノニムを確認するサンプルです。 例えばEMPLOYEE表をEMPという別名を付けることが出来ます。 empテーブル・・・元の従業員のテーブル• この場合、プログラム側で仮のテーブル名で記述してしまうと、テーブル名確定後にプログラム側でテーブル名を変更するのはとても大変です。

もっと

シノニム

学校や職場からアクセスしている場合、他の心ない人の行為によって、とばっちりを受けている可能性があります。 emp01テーブル・・・全従業員が存在する• 一時的にシノニムで名前を記述しておく シノニムの他の使い道ですが、例えば、「 テーブル名が確定していないケース」で使えます。 DUAL 表は すべてのユーザーに最初から存在しているかのように見えているが SYS ユーザーの所有物である。

もっと

Daemon FOTO (Spirit of The SAMRAI): Oracle:シノニムの作成と確認。

テーブル名を変更できないときに、シノニムで別名を振ってしまえばわかりやすい名称に変更できるわけです。 シノニムの作成 シノニムの作成には、 CREATE SYNONYM句を使用します。 ストアドプロシージャ関連 マテリアライズド・ビュー オブジェクト型・表・ビュー シノニム 外部プロシージャ Java クラス関連 シノニムが使用できる DML と DDL マニュアルでシノニムの使用が認められているのは以下のとおり。 ハッシュ探索のシノニム (ハッシュ法)や直接編成ファイルなどで、複数の()が同じアドレスを指してしまい、複数のデータが同一アドレスに衝突してしまう現象をシノニムという。 ここではORACLEデータベースでデータベースリンク dblink を作成する方法を紹介します。 以下は、Oracleのシノニムのリンクです。 CREATE SYNONYM:自スキーマに作成する時• あるユーザーのテーブルから別のスキーマにデータをコピーするストアドプロシージャを作成しています。

もっと

Error 403 (Forbidden)|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

現在値の正確な把握は困難 紹介すると最初に書きましたが、実はシーケンス(順序)の現在値の正確な把握は困難です。 シノニムを作成するSQL シノニムの作成は、CREATE SYNONYM文を使います。 シノニムを使ってオブジェクトを利用するときは、シノニムではなくオブジェクトに対するオブジェクト権限が必要です。 LOCK TABLE• DROP SYNONYM emp; パブリックシノニムを削除するときはPUBLICを指定します。

もっと

Error 403 (Forbidden)|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

emp03テーブル・・・東京営業所の人が存在する 例えば、このようなちょっと変な設計にでくわしたとします。 DUAL; パブリック・シノニムは簡単に共有名を作成することができるが、 ユーザー・アプリケーションのスキーマ・オブジェクトに対して簡単にパブリック・シノニムを作成するのは望ましくない。 CREATE PUBLIC SYNONYM DUAL FOR SYS. 次のSQLでは、別名を「emp」とし、USER1のemployeeオブジェクトを参照しています。 切り分ける場合の例として、表の管理者 ADMIN 、閲覧者=プログラム WORKER と二つのユーザー()を用意し、表の所有者は ADMIN とする。 そうすれば、後日テーブル名が確定して名前が変わっても、プログラムは変更なしで、シノニムを変更するだけで済みます。 わかりやすい名前に変換するシノニム このシノニムはどういったときに使うか?をみていきます。

もっと

Daemon FOTO (Spirit of The SAMRAI): Oracle:シノニムの作成と確認。

主にセキュリティや別スキーマ リモート含む オブジェクトに対して透過的にアクセスするために使用される。 本来のオブジェクト名を隠す目的や、他スキーマのオブジェクトの場合、オブジェクト名の前にスキーマ名を付けなければなりませんが、それをしたくない場合などにシノニムが使用されます。 注意点としては、共有プールへのキャッシュを有効にしている場合、実際には生成されていない場合であっても、すでに共有プールへキャッシュされた値まで含めてしまう点です。 名称 該当する DDL 表 および CREATE SYNONYM a FOR b シノニムはすべて同じ形式で記述できる。 現時点ではテーブル名が確定しておらず、後から名前が確定する場合。 シノニム名を変更する rename 変更前シノニム名 to 変更後シノニム名; シノニム名を変更するサンプルです。 publicがつくと全ユーザーが参照できます。

もっと

SQL シノニムを作成/使用するサンプル

テーブル名に「01」や「02」がついています。

もっと

ORACLE/SYNONYM編

FLASHBACK TABLE DDL• プライベート・シノニム プライベート・シノニムとは、ある特定ユーザーだけに所有された別名である。 シノニム synonym は、同義語という意味です。 3.grant文で権限を与えます。 DUAL 表は 以下のシノニムで定義されている。 Oracleヘルプ: 以上、Oracleのシノニム synonym でした。 html」にアクセスできませんでした。 Publicシノニムを削除するには権限が必要です。

もっと