ミャンマー コロナ。 ミャンマーでの新型コロナウィルス(COVID

特集!ミャンマー、コロナ、ロックダウン情報

連邦政府や政府機関からの特別な招へい状がない場合は、全てウイルス検査が義務付けられます。

もっと

ミャンマー新型コロナ感染症対策の最新情報と経過

「メソト」にある「タイ・ミャンマー第2友好橋」は、新型コロナの感染拡大が落ち着いてからは条件付きで通行が可能だったため、ここが両国による陸上貿易で主要な経由地となっていました。 新型コロナウイルスの感染が広がっているミャンマーでは、先月8日に総選挙が実施されて以降、感染拡大が加速していて、保健当局による最新のまとめでは累計の感染者数は9万3600人と、選挙以降のおよそ1か月で3万3000人以上、割合にして55%増えました。 10歳未満の子供は、陰性証明書の提示は不要。 ミャンマーの学校は、6月スタートですが新学期から一度も登校することなくオンラインでの授業が行われています。 なお,検査を受検するかは任意となっているため,検査を受けない場合は,そのまま14日間の強制隔離措置が継続されます。 自分の行動履歴から新型コロナ感染者との濃厚接触の有無を確認できる他、感染者のいる地域を訪れた場合には警報が届きます。

もっと

【最新情報】新型コロナウイルス感染症の影響による技能実習生送り出し状況(11月13日更新)|ミャンマー・ユニティ

6月上旬以降、政府事業、建築事業、経済活動等に係る職務を果たすことを目的とする場合に限り、下記を条件に外国政府関係者及びビジネス関係者への査証発給を再開し、入国を許可する。

もっと

新型コロナ感染第1波収束後の経済を読み解く(ミャンマー)

<ミャンマー政府の取り組みとその限界> ロックダウン下での国内事業者からの悲鳴を受けて、ミャンマー政府としては、2020年4月に新型コロナによる経済悪化に対応する為の 包括的な経済対策プラン(CERP : COVID-19 Economic Relief Plan)をまとめてきた(詳細は)。 5%で貸し付けを実施する。

もっと

ミャンマー新型コロナ感染症対策の最新情報と経過

2020年5月11日 ヤンゴンマスク着用義務化 公共交通機関、タクシー、長距離バスターミナル遵守事項発表 アウンサンスーチー国家最高顧問は、ミャンマーにおける一連の対策の解除の見極めには、人々の行動も考慮すると、このところのヤンゴン市内での行動のゆるみに警鐘を発している。 集会では、6フィートの社会的距離の確保、会場は一人当たり少なくとも36平方インチを確保、換気の徹底等が求められている。 4-6月期及び7-9月期においてもこの構造はおそらく大きく変わってはいないだろう。 ミャンマーにおける現在の治療中患者数は19,000人で、テントを建てたるなどしてなんとかやりくりしている状態です。 7日後に抗原検査を実施する。 幹部は「感染リスクを完全に取り去ることはできないが、複雑なオペレーションを行うためには通常体制にできる限り戻す必要がある」と話す。

もっと

新型コロナ感染第1波収束後の経済を読み解く(ミャンマー)

災い転じて、事業環境にとっての福となることを期待したい。 最も感染者が多い最大都市ヤンゴンの郡区別では、北オッカラパ(4,564人)、ミンガラドン(4,514人)、ラインタヤ(3,937人)、インセイン(3,607人)、ティンガンジュン(3,497人)、マヤンゴン(2,921人)、シュエピタ(2,772人)、ライン(2,368人)、タンリン(2,352人)、タムウェ(2,315人)、南オッカラパ(2,314人)、南ダゴン(2,169人)の12郡区で累計感染者が2,000人を超えている。 【5月8日更新】 5月8日現在、ミャンマーの新型コロナウイルスの感染者は162名、死者は6名と報告されています(WHO参照)。

もっと

特集!ミャンマー、コロナ、ロックダウン情報

これで、安心!ビザ一杯まで、ミャンマーにいることが出来ます。 8月18日以降、西部ラカイン州が感染の震源地となり、新型コロナウイルスの感染が全国に広がった。 機動的な経営意思決定の支障となり、経済全体の新陳代謝を阻害しているとさえ言える。 また、同日、ミャンマー電力・エネルギー省は、4月に開始した家庭用電気料金の一部無料化の期間を12月31日まで延長すると発表しました。 これまでは一律に20万チャットだったものが、ミャンマー国民であれば5万チャットと減額された。 そのため、ヤンゴンから各地方へ向かう物流がストップしてしまっているようです。 まだ安心しないでください。

もっと

ミャンマー 新型コロナ 累計感染者数1か月で50%以上増

【11月25日更新】 11月25日現在、ミャンマーの新型コロナウイルスの感染者は8万505名、死者は1765名と報告されています(参照:WHO)。 具体的には、 ・30名以上の集会を禁止(保健・スポーツ省のガイドラインに従って地方政府が操業を許可したレストランでの飲食などは除く) ・外出時のマスク着用やソーシャルディスタンスの確保 ・ヤンゴン地域の0~4時の夜間外出禁止 などです。 既に当該調査から3か月が経過している現在、果たしてその中で実際にどれほどの事業者が休廃止に追い込まれたのかは定かでは無いが、状況としては第二波の到来により 当時よりも現状更に悪化していることは間違い無い。 レジデンストラック手続及び14日間の健康モニタリング 出国予測時期: 在留資格発行後、10月1日再開予定のミャウダゴン講習を受講するために予約が必要となる。 ・可能な限り自宅に待機する。 この兵士との濃厚接触者を隔離していますが、陽性患者は確認されていないとのことです。 (動画にまとめました。

もっと