うなぎ 喜多川。 きたがわ(喜太川)|小山市のうなぎ専門店/メニューも紹介

最悪でした!

以前別のうなぎ屋さんでお伺いした際にも、単純に量の違いですと説明されました😊 ですので、並だからと言って質の低いうなぎを使用しているわけではなく、並・上・特上も、 うなぎの質は同じ。 玄関は、茂った木々に覆われてて、車の行き来が多い道路沿いにあるが、隠れ家的雰囲気。 客席は、15帖程の和室で、黒の衝立3基を間に、座卓が2列に配置されてた。 また、家庭的な雰囲気のなかでうなぎを楽しんでいただきたいので、スタッフの接客も大事にしております。

もっと

【閉店】喜多川

このタレがまた良い味で、お肉も柔らかくジューシーです。 [夜] ¥4,000~¥4,999 [昼] ¥3,000~¥3,999 支払い方法 カード不可 席・設備 個室 有 禁煙・喫煙 全席禁煙 駐車場 有 店の前に15台 南の第2駐車場に11台 26台分あり。 いらしゃいませ、と女将さんらしい60代位の女性に迎えられて、靴を脱いで、靴棚に収納してから、左手の客席へ。 肝吸いは、しいたけ、かまぼこ入りで、上品な薄味仕立てになってた。 私は、うな丼を食べることが多いのですが、喜多川では毎回「ひつまぶし」を頼みます。 昭和っぽい風情で落ち着く。

もっと

きたがわ(喜太川)|小山市のうなぎ専門店/メニューも紹介

こちらもとても美味しそうでした。 先代も私も京都で修行しており、和食ならではの丁寧な仕事にこだわりがあります。 ちょっと考えて、うな重(特)¥2900、白焼き¥2700、うざく¥1500、うなぎ半身丼セット¥1900、う雑炊¥1700を注文。 注文してから、そんなに待つことなく運ばれてきます。 うなぎよりも前に運ばれてきました。 不愉快な気分での食事は、とても美味だと・・・ 乱文失礼しました。

もっと

炭焼うなぎ 喜多川 (きたがわ)

店主は、グルメ漫画『美味しんぼ』に載った、東京神田の老舗鰻店『寿々喜(すずき)』(明治42年創業)で25年修行した後、店を開いた。 ごぼうの風味が効いてて、柳川風に味わえた。 あたたかいごはんの上のうなぎから、炭火焼の良い香りがして、食欲をそそられます。

もっと

こだわり

香りを十分に堪能したところで、早速うなぎをひとくち…! うなぎの身はふっくらと柔らかく、香ばしさもあって、とても良い焼き加減です😊 ちなみに、タレは甘すぎないのがきたがわの特徴で、ご飯も程よい炊き加減。 それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました😊. 家族経営のため、特に繁忙期等は至らぬ点もあるかと思いますが、ここ柳津でずっと愛されるうなぎ店を目指して、これからも精進してまいります。 北から行くと、店はあまり目立たない。 そのご飯にしみこんでいるタレの量も丁度良く、あっさりしているので、どんどんお箸が進んで最後まで美味しくいただけました😊 ごちそうさまでした! また、筆者がお伺いした時期には、期間限定でひつまぶしも提供されていました。 のうな重は、ここの店主が修業時代に『寿々喜』で調理したもの。 管理人の食レポ付きです。

もっと

つくばランチ食べ歩き2 : うなぎ 喜多川@柏

ちなみに、『寿々喜』は、鰻価格高騰の影響により、2013年5月末に閉店した。 」 店男「以前とは成長が違う!」 当方「???」 意味が理解できず、とりあえず案内を待つべく椅子に座りました。 空間・設備 落ち着いた空間 携帯電話 SoftBank、docomo、au メニュー ドリンク 日本酒あり、焼酎あり 料理 魚料理にこだわる 特徴・関連情報 利用シーン | | こんな時によく使われます。 一見華美さはないが、実は和風素材を用いて古風で凝った造り。 肝焼きも注文したが、この日は残念ながら、品切れだった…。 う雑炊 ¥1700 う雑炊は、小ぶりな土鍋で運ばれてきた。

もっと