安倍 首相 コロナ。 安倍首相のコロナ対策迷走の元凶は「今井補佐官」だった…マスク2枚配布、現金給付混乱

“バイデン勝利”で変わる?菅首相「安倍離れ」も

「第3波」と呼ばれる感染拡大は、20代、30代が多かった真夏の「第2波」と違い、重症化する可能性が高い高齢者・基礎疾患がある人への感染が広がっている。 (朝日新聞記者・磯部佳孝) 政府対応「評価しない」増える 朝日新聞の世論調査では、新型コロナの感染が広がった2月以降、政府対応について聞いています。 楽しみにしていた授業も、もう少しでわかりそうだった授業も、当分受けられない。 感染拡大の防止に万全を期すため、引き続き、今後の感染拡大の動向を注視しながら、万全の対応を行ってまいります。 (内閣広報官) それでは、次の方です。 ちょっと。 中学生や高校生は、期末試験を控えていたのではないか。

もっと

「桜」答弁、菅首相は自身の責任否定 安倍氏招致「国会で判断を」―衆院予算委:時事ドットコム

そして、水際対策については、日本時間の1月31日未明のWHOのPHEIC(国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態)宣言を受けて、新型コロナウイルス感染症を、感染症法上の指定感染症に指定したほか、無症状感染者が生じた事実も踏まえ、前例のない対応ではあったものの、入管法に基づく入国拒否措置を講じることとしたところであります。 ありがとうございます。 新規採用に協力をしていただいた企業には、雇用調整助成金の特例により、支援の手立てを講じたところでありますが、これは6か月間、雇用をしていなければ、今までは、仕組みとして手立てを打つことができなかったのでありますが、新入社員の方にも適用されるようにしたところでありまして、そうした対応もしっかりとやっていきたいと考えています。 今週から全国の高齢者介護施設などへのマスク配布を順次スタートしていますが、こうした皆さんの感染予防に一層、取り組む必要があります。

もっと

「安倍首相が給与30%返納」ネットで称賛も、新型コロナと無関係。2012年から実施していた。

日本では「4ない」、海外では「AWOL」のダメっぷり 新型コロナウイルスの「感染第2波」が全国に広がるなか、国のリーダーであるはずの安倍晋三首相は「表舞台」から姿を消し、「臨時国会を開かない」「閉会中審査に出ない」「記者会見しない」の「3ない」だとメディアで批判されています。

もっと

コロナ第3波に無策の菅政権、 今こそ実現すべき安倍前首相の「遺言」

言い換えれば、これら3つの条件が同時に重なるような場を避ける、もしくは、できるだけ同時に重ならないように対策を講じることで、感染のリスクを下げることが可能です。 これを活用して、いわゆるクラスターと呼ばれる集団による感染の早期発見・早期対応に努めるとともに、患者の早期診断につなげ、重症化予防に取り組んでまいります。

もっと

“バイデン勝利”で変わる?菅首相「安倍離れ」も

「公開されている論文を読むと、軽度から中程度の頭痛や発熱、筋肉痛、倦怠感などを訴える治験者が多数いる。 (記者) 日本テレビの菅原です。 それでは、ピーター。 それを最優先に判断をしてきたところであります。 コロナ禍が収まった時に今の仕事や生活は残っていないかもしれないと絶望する人が、明らかに増えている。 (記者) フジテレビの鹿嶋です。

もっと